人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

音楽譜面を多数持っているプロ、セミプロ、趣味、音大生等の音楽マニアの方に質問します。各種譜面はクリアブックやバインダーに整理しているのですか?市販の定番クリアブック(中が上から差す透明袋、A4サイズ、20枚、40枚、60枚用など)だと、譜面用にするには不便と思うこと、こういう譜面専用クリアブックがあったらほしい、というご意見を教えてください。練習用にいつも持ち歩く、本番用に薄型を複数で統一、保管用、など譜面を扱うありがち場面と、そこでクリアブックを使用するならこうあってほしいと思うこと、それとご専門の音楽分野とプロアマ等の背景もお書きください。既存の市販譜面ファイルを参考として書くのではなく、現場の方のご意見をお聞きしたいと思っています。形状、厚さ、色、材質、など。よろしくお願いします。

●質問者: aa777aa
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:A4サイズ うご アマ クリア セミプロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ふるるP
●20ポイント

私は趣味のフルート吹きですが、楽譜は製本されているのでクリアファイルに入れることがまずありません。

コピーした譜面を使うのは、楽譜上にメモを色々書くので元の楽譜を汚したくない場合ですね。

メモを書くのですから、クリアファイルは使い勝手が悪いです。使用するたびにクリアファイルから取り出さないといけませんから。

バインダーとか厚手の表紙(画用紙でいい)で製本するのがいいですね。譜面台においたまま、鉛筆でメモ書きするので、筆圧に絶えられるのが条件です。

◎質問者からの返答

コピーした譜面を使うのは、元の楽譜を汚したくない場合だったのですか!同じ独自の譜面をみんなで共通するのが目的かと思っていました。穴あけを専門店に頼んでバインダーにまとめたり、アコーデオンのように貼り合わせるというクラシックの方もいらっしゃるようですね。


2 ● サディア・ラボン
●20ポイント

ぼくは珍しい音を聞くたびに楽譜に書き取ります。

気に入った音楽も書き取ります。

五線譜がついたノートを、バインダーに入れてます。

大きな文房具屋だと売ってます。

◎質問者からの返答

なるほど。そのようなやりかたもありますね。音を聞くたび音符に書き取るって、音楽に通じた人ならできるのかもしれませんが、すごい能力ですね。


3 ● vanpert
●20ポイント

ピアノ10年、吹奏楽3年、バンド(ベース・トロンボーン・キーボード)4年です。

わたしはコピーの上、大判のスケッチブックに貼り付けていました。演奏上の注意も書けるし、練習の進捗記録、「がんばれ!」とか好きなコトバも書き込めます。

また五線紙のダウンロードも出来るので、これをそのままで使ったり、綴じたり…。http://www.writestaff.co.jp/contents/service/smf/smf_musicsheet....

ネックは水に弱いことと、角からぼろぼろになってくること、めくりにくいことなどです。

半透明のOHPシートみたいなのに譜面が印刷されて、製本されていたらいいと思いますが、裏が透けて見づらそうです。

まあ、暗譜が一番いいのですが…。

◎質問者からの返答

けっこう書き込んでいらっしゃるんですね。書き込みのために紙系が好まれているようですね。白不透明のOHPシートであったら透けたりしないしぼろぼろにもなりませんが、書き込みは油性ペンかなにかになりそうですね。でもやっぱり書きこみは鉛筆やボールペンでないと・・・でしょうね。


4 ● sokyo
●30ポイント ベストアンサー

こんにちは。

前は部活で合唱をやっていました。今は趣味でピアノを弾きます。

ピアノはほんとに気が向いたら飽きない程度に弾いてみる、って感じですが。

合唱の楽譜はB4横に2面付けでプリントが渡されていたので、

私はそれを山折に2つ折りして、B5の2穴ファイルに綴じていました。

本当は26穴とかに綴じたほうがページがめくりやすいんですが、高価だったので…υ

B5のファイルは厚手のものを1つだけ持っていて、練習中の曲だけをそこに綴じていました。

新しい曲の練習が始まったらそれを新しくファイルに綴じます。

古い楽譜はファイルを追い出され、綴じひもで結ばれてどこか適当に眠らされていました。

楽譜を使うのは練習のとき(しかも練習も終盤になると見なくなる)だけで、

発表では楽譜を見ないので、見てくれとかはあまり気にしてませんでした。

合唱はピアノとかと違って両手が開いてるので、

めくりやすさなどに神経質になる必要もあまりないんですよね…。

仲間の中には薄手のクリアファイルに綴じている人もいましたが、

あれだと書き込みができないので不便そうだったなあ。

曲ごとにスライドバーファイルに綴じている人もいました。

あれはスマートでよさそうです。

私は前に人形劇もやっていましたが、そのときには台本をコピーしたあと、

各自が自分の台本を製本テープで製本するところから始まっていました。

製本テープはかさばることもなく、書き込みもできるのでいい感じでした。

製本テープじゃ普通の意見ですよね…すみません。

でも音楽以外の経験を持っている方からの意見が参考になることも、

もしかしたらあるかもしれませんね☆

◎質問者からの返答

詳しいご説明ありがとうございました。

サイズとか使っている感じとか、問題点とか、どうしてそんなことをするのかなど

よくわかりました。それぞれのオリジナルのやり方を工夫していって、よい方法が

あればナレッジとして受け継がれているみたいですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ