人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

はてなキッズ 子供向け人力検索
http://i.hatena.ne.jp/idea/26350
[検討中]になったみたいです。


どんなサービスになると思いますか?
※はてなもボランティアではないので、当然はてなの利益がでるサービスが実現されやすいと思います。そのことをふまえて回答願います。

●質問者: garyo
●カテゴリ:はてなの使い方 インターネット
✍キーワード:はてな キッズ サービス ボランティア 人力検索
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●20ポイント

子供電話相談室の、ネット版でしょうかね。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

全国こども電話相談室

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%93%E3%81%A...

このような形でしょうか。

現行でもはてなポイントがあれば、質問者に年齢制限はないので、人力検索で対応可能かも知れません。

新しくジャンル「子供ネット相談室」を設けて、質問がわかりやすいようにするのはあるかも知れません。

はてなポイントの入手が子供の場合、クレジットカードなどが使えないため難しいかも知れません。




ネットで「こども電話相談室」を検索して

「大人電話相談室」

http://www.tbs.co.jp/radio/otonatel/

を見つけました。



「こどもインターネット相談室」も見つけましたがあまり流行ってなさそうです。

http://www.lares.dti.ne.jp/~donsuke/gag/soudan/soudan.html



「全国こども電話相談室・リアル!」も見つけました。質問がリアルすぎです。

http://www.tbsradio.jp/kodomoreal/index.html


2 ● あしか祭り実行委員長
●20ポイント

大前提として、年齢認証を厳格にしなければ意味がないですね。

現状、生年月日は"それなり"の値を入力すればユーザ登録は可能ですよね。id:garyoさんが想定している「うごメモ」ユーザであれば、年齢については何となく信じられそうな気もしますが、「はてなキッズ」みたいなサービスが始まれば、なんとなくイヤな予感はしますね。

詳細の仕様は別にしても、スィステム構築は全く可能なレベルの話なんでしょうけど、その前段の部分でうまくいかない気がします。そんな状況が分かっているのに、"また"見切りで発車されても混乱するのは目に見えています。

個人的には、質問者も回答者も「キッズ(定義は不明ですが)」で、キッズじゃない奴らが紛れ込む穴を極力小さくして欲しい、それにより例え紛れ込んだとしても、容易に特定が可能となる。また、キッズじゃない部分のサービスは夜警国家的だけども、本気で「キッズ」を対象にするなら、どんどん積極介入をしていくべき。

さらには、利用可能時間を決め(例えば、学校ある日は15:00-19:00とか、休みの日は10:00-20:00とか)て、常駐で監視をすること、場合によっては書き込み内容をスタッフが確認をしてもいいかもしれない。

とにかく、スィステムな部分はどうにでも作りこみができるのだけども、その以前の問題として、本当に「キッズ」だけが使える(使っている)サービスの担保ができるのかどうかが非常に難しい。というか、ユーザの管理を根本からやり直さないとムリだよね。それが担保されて始めて「さぁ、どんなサービスにしようか?」って話ができる。はてなユーザは子持ちもいるし、アイデアいっぱい持ってるから楽しそうなのができそうだけどね。

ま、本腰入れてやるなら、なんとなくいいきっかけになりそうな気はします。

今だっているでしょ、本当の生年月日とか登録しないで使っているユーザさんたち。←全員規約違反よ。

◎質問者からの返答

[f:id:garyo:20100302004505j:image]

うごメモユーザーのdoriasoさん、回答ありがとうございます。

>大前提として、年齢認証を厳格にしなければ意味がないですね。

>現状、生年月日は"それなり"の値を入力すればユーザ登録は可能ですよね。id:garyoさんが想定している「うごメモ」ユーザであれば、年齢については何となく信じられそうな気もしますが、「はてなキッズ」みたいなサービスが始まれば、なんとなくイヤな予感はしますね。

私も通常のネットサービスであれば、個人情報を登録することはないので、性は「臥龍」名は「鳳雛」で登録していますね。

誕生日も当然適当に入れているので、今回の13才制限見て、あわてて誕生日確認したら、真面目に入れてました(^^;)

以前の「はてな住所登録問題」の時に、最初は反発したけど、後で納得して入れたみたいです。

http://q.hatena.ne.jp/1100097405

こんなキーワードも作ってましたね「はてな引越先」

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%CF%A4%C6%A4%CA%B0%FA%B1%DB%C0%...

>「はてなキッズ」みたいなサービスが始まれば、なんとなくイヤな予感はしますね。

ハムスターちゃんではありませんが、多重ID、年齢詐称簡単にできますからね。

対策としては2chのようにハッシュを使ったIPアドレスのID付与が有効だと思いますが、多重IDは防げても、年齢詐称は防げませんね。

※それでもキャップ制入れれば、アニメの質問などで年齢詐称がバレたりしそうですけどね。


はてなキッズは通常より安く質問できるとかすると、年齢詐称が起こりそうなので、何かはてなポイントとは兌換性のない(アイポンとか)を使って質問・回答できると「練習として」いいかも知れませんね。

入会時に1000アイポンもらえるし、増えても何の役にも立たないし(/_;)

>詳細の仕様は別にしても、スィステム構築は全く可能なレベルの話なんでしょうけど、その前段の部分でうまくいかない気がします。そんな状況が分かっているのに、"また"見切りで発車されても混乱するのは目に見えています。


実際はてなの中の人もどう考えているか分からないし、 「もし、『はてなキッズ』があったら」どんなサービスになるのか想像できないので、質問してみたりしているわけで……(無責任な発案者)


>個人的には、質問者も回答者も「キッズ(定義は不明ですが)」で、キッズじゃない奴らが紛れ込む穴を極力小さくして欲しい、それにより例え紛れ込んだとしても、容易に特定が可能となる。また、キッズじゃない部分のサービスは夜警国家的だけども、本気で「キッズ」を対象にするなら、どんどん積極介入をしていくべき。


あるいは、キッズとして質問する利点を極力なくして、「ポイントを持たない人でも気軽に質問・回答できる場(それ何てはてなハイク)」を設けたらいいのではと思う。

(商業的に考えるなら、「はてな家庭教師」とか「はてな宿題」とかやった方が親御さん(and キッズ)のウケは良さそうな気がするけどね)

>さらには、利用可能時間を決め(例えば、学校ある日は15:00-19:00とか、休みの日は10:00-20:00とか)て、常駐で監視をすること、場合によっては書き込み内容をスタッフが確認をしてもいいかもしれない。

こどもは「業務専念義務」違反で解雇にならないから、まだマシかも知れない。はてなこそ、通常の就業時間内はアクセス禁止にするべきだろう。普通に考えれば……

>とにかく、スィステムな部分はどうにでも作りこみができるのだけども、その以前の問題として、本当に「キッズ」だけが使える(使っている)サービスの担保ができるのかどうかが非常に難しい。というか、ユーザの管理を根本からやり直さないとムリだよね。それが担保されて始めて「さぁ、どんなサービスにしようか?」って話ができる。はてなユーザは子持ちもいるし、アイデアいっぱい持ってるから楽しそうなのができそうだけどね。

「全国こども電話相談室・リアル!」相談内容がマジにリアルで引いた。

でも「子供の本音が分かる」と親御さんにも好評らしい。

中学生の頃とかは、いじめられていても相談しない(いじめということ自体を認めたくない)時期とかあるから、そういう意味ではいいことかも知れない。


あるいは「自称「こども」」の質問に「自称「専門家」」が答えられずあたふたする「えんたーてーめんと」というのもありかも

その場合は、「本当に子供」でも、「大きなお友達」でも、アクセス数が増えるなら同じことかも知れない。

>ま、本腰入れてやるなら、なんとなくいいきっかけになりそうな気はします。

中の人の動きはわからないけど、れいこんさんとか動きが早そうな気が……

私も結構最初にクレームのメールとか送りまくったから、さぽせんはかなり大変なことになってたんじゃないかな。

>今だっているでしょ、本当の生年月日とか登録しないで使っているユーザさんたち。←全員規約違反よ。

こういうのはクレジット機能付きの「はてなカード」でも発行して、『「はてなカード」ユーザーには楽天ポイント交換時に交換手数料なし+ポイント10%アップ!』

とかやって、「カードならしょうがないな」とか思わせて、住所情報とかゲットすべきだろ。


ただで「個人情報くれ!」ってありえないだろ。それだけでも集めれば金になるんだから。

「はてなプレゼントに当たりました。商品を発想したいので住所を教えてください」とか「はてな年賀状サービス始めました。相手に住所を教えずに年賀状を届けることができます。受け取りには住所登録が必要です」とか







方法はいくらでもあるだろ(とガリョウはガリョウはつぶやくのでした)


3 ● ? ????<だ
●20ポイント

もし実装されるのなら、おそらく「はてなポイント」を直接授受するのではなく「カラースター」を授受する人力検索サービスになるのではないかと思っています。カラースターそのものははてなポイントと違ってダイレクトに貨幣に絡まない(絡むとしてもはてなポイント→カラースターは可能でも、逆は不可能)のでそちらの方が安心という感じはします。


ただ、(個人的な感想になりますが)以下の理由であまりこのサービスは実装して欲しくはありません。


1. 「人力検索」というサービスの分散化のデメリット

サービスが分散されると、管理者側にはそれぞれのサービスの管理に掛かる費用がかさみますし、ユーザ側では用途が違うにしろ、同じ「人力検索」なので混乱を招く恐れがあります。


2. 結局は「子供向け人力検索」自体が現行人力検索ユーザのエゴではないのか

「子供向け人力検索」という所からして、既存の人力検索ユーザが「うごメモはてな」から流入した年少ユーザ達を快く思っていないことが透けて見えてしまいます。あまりサービス間で対立色を強めてしまうものはいかがなものかと思います。どちらかと言えば共存を図る方が良いのでは?とも思います。


3. そんなものを作って本当に利用されるのか?

これが一番気になる所です。実際現時点での年少うごメモユーザの一部には「グリーンスターが欲しい」という理由ではなく「はてなポイントを稼ぎたい」という目的のユーザもいるようです。おそらく「うごメモはてなプラス」が理由の最たるものだと思います。(http://ugomemo.hatena.ne.jp/guide/plus)

その点を踏まえると、もしカラースターの授受のみで「子供向け人力検索」が実装された場合、本当に活用されるかはかなり不透明なことになりそうです。


そんな訳で、どちらかというと「子供向け人力検索」なんて新しいサービスを作るという無駄足を踏まずに、もう少し様子を見つつ、既存の人力検索を改修すべきではないかなと思ってたりします。ちょうどこういうユーザが大量流入した時が「人力検索はてな」を改めて盛り上げる?よい契機のような気もしますし。

◎質問者からの返答

[f:id:garyo:20100302181021j:image]

うごメモユーザーのdaichan330さん、回答ありがとうございます。

もし実装されるのなら、おそらく「はてなポイント」を直接授受するのではなく「カラースター」を授受する人力検索サービスになるのではないかと思っています。

http://i.hatena.ne.jp/idea/26355が実装されると予想されているわけですね。

ただ、(個人的な感想になりますが)以下の理由であまりこのサービスは実装して欲しくはありません。


昔の記事ですが、「はてなのいい面は、人の真似をするくらいならやらないほうがマシ」だそうです。

「はてなキッズ」がどんなサービスになるか分かりませんが、きっとみんなが驚くような、想像もつかないようなサービスになるのではと期待しています。

「はてなのいい面は、人の真似をするくらいならやらないほうがマシだとか、後先考えずに面白いと思ったら突っ走るところ。悪い面は、満足するのが早すぎたこと。例えばインターネットの先進的なユーザーに面白いと言ってもらえて、すぐに満足してしまっていたきらいはあった」

http://ascii.jp/elem/000/000/134/134607/index-2.html


では、はてなはなぜ、これまで1000万人規模のヒット作に恵まれなかったのか。「ユーザーから見て、『使いにくい』『分かりにくい』のだろう」と近藤氏は分析している。

マニア受けするのがはてなの良い所ですが、「子どもでも使えるサービス」はユーザビリティの点ではてなのユーザー層を広げるかも知れませんね。


お隣質問の以下も面白いですね

はてなのビジネスモデルを教えてください。 自分の知ってる限りでは、 はてながサービスインした数年前は 「人力検索」のみで、 推測では「あまりポイント購入してまで使う.. - 人力検索はてな


4 ● *シグマ(ヒロ
●20ポイント

そうですね・・・。

子供っていうとどれぐらいの年齢層なんでしょう?

18以下でしょうか。

私的には、もっとはてなポイントを買いやすくしてほしいですね・・・。

それからの話だとおもいます。

子供だと、1人ではてなポイントを買ったりできないです。

クレジットカードなど、大人がいないと使えないので。

子供向けの人力がでても質問できる人が少ないと思います。

それか、あえてポイント制じゃなくするか。

http://www.hatena.ne.jp/order

◎質問者からの返答

[f:id:garyo:20100303204356j:image]

うごメモユーザーのmaromonさん、回答ありがとうございます。

※受け取り率が50%とかなり悪くなっているので、過去の回答も確認しましたが、回答数が少ないのと、未オープンで0ポイントになった回答が多かったので開きました。(しかし「Erlangはお勧めです!」って只者ではないですな。私も使ったことがないです)

>子供っていうとどれぐらいの年齢層なんでしょう?

>18以下でしょうか。

「キッズ」というからには12歳以下くらいではないでしょうか。

>私的には、もっとはてなポイントを買いやすくしてほしいですね・・・。

>それからの話だとおもいます。

基本、はてなに対する苦情はここで書いても対策されません。

http://i.hatena.ne.jp/ はてなアイデアあたりに書き込んでください。


この質問の趣旨は「人の真似をするくらいならやらないほうがマシ」「後先考えずに面白いと思ったら突っ走る」「インターネットの先進的なユーザーに面白いと言ってもらえて、すぐに満足」するはてなが、「はてなキッズ」を検討している。

はてなが出す以上、誰も思いつかなかったような画期的なサービスになるだろう(あるいはそういうのを思いつかなかったら、面白くないから出さないだろう)から、「どんなサービスがでるか予想して楽しもう!!!」


です。

子供がポイント買いにくいから、買いやすくしたり、ポイントなしにしました。くらいでは「新規性」があまりにも無く、インパクトもないので、サービスとして成り立たないので実装されないのではと思いますが、どうでしょうか?


--------------------------------------------------------

ちなみに私が使っているグリースモンキーのベースは以下で、

http://www.bulkitem.com/2008/12/08/%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA%E...

うごめもユーザー対応版はこちらで配布されているようです。

http://www1.atwiki.jp/kiichigo/pages/16.html

受け取り率70%以下は相当酷くないとならないみたいなので、80%未満をレッド表示にしました。受け取り率90%以上は良回答者という事でグリーン表示になります。

回答回数が少ない場合は母数が少ないので赤表示になることがありますが、何十件も回答していてかつ受け取り率が70%以下の人は過去の回答の0ポイントだった回答をチェックして問題が無ければ開くようにしています。


5 ● goldwell
●20ポイント

最初は傍観するだけだったこの質問ですが、doriasoさんとdaichan330さんの回答および質問者garyoさんの返答を読んで思うことがあったので書いてみたいと思います。


2月より人力検索に一挙に参入してきたうごメモユーザーですが、これはたまたま年齢が十代に偏っていたけど一種の初心者大量発生でもあり、

といった理由が重なって混乱が見られたと思われます。


そこで新たに子供専用(小学生以下?)の人力検索を検討とのことですが、ごくごく安易に今の人力検索よりもDSiでも読みやすいようにモバイル版をそっくりコピーして、見た目はちょっとソフトなイメージにして、カテゴリーも多少入れ替え、プロフィールによる年齢制限を設けておしまいってな想像をしてしまいます(質問受付途中で誕生日迎えて入れなくなったらどうするんだろ?)。

あと、金銭が絡むポイントよりもスターもしくは独自のキッズポイント(アイデアポイントと同様兌換性の無い)あたり考えそうですね。


でも今のままで新たに子供専用を作ったとしても、2月に見られた混乱を別のかたちで今一度繰り返すだけであまり意味が無いのではないかと思うのです。

既に指摘されている通り、システムを作るだけならともかく、その後の保守運用やユーザー管理の問題についてちゃんとやっていかなきゃならないですけど、現状の人力検索を見れば甚だ心もとないわけであります。

もっとも、せっかく人力検索に参加してきた小中学生のうごメモユーザーをこのまま放置しておくのはもったいないし、なにかやろうという動きについては支持するものです。


だったらどうすればいいかというと、ここは人力検索チュートリアルを是非。

結構前からそういうことを考えていた人はいるし、私も以下のいわしに書き込んだこともあります。

http://q.hatena.ne.jp/1168416583/65056/

idea:22676idea:26355のようなアイデアも出ていますしね。

初めて人力検索を利用する際にまず人力検索についての簡易ヘルプを表示させて(さすがに強制は無理だろうから任意で)、その後に質問と回答を実体験できるような仕組みを作るのです。あんまり文章ばかりにならず視覚的に理解できてかつ長すぎないような内容が理想しょうね。

チュートリアルだけなら年齢によって、子供向けと大人向けに分けて誘導してもいいと思います。

問題はすぐに使いたくてうざいチュートリアルなんぞ飛ばそうとするユーザーが出てくることは当然予想されるのですけど、そこは最後までいったらグリーンスターかポイントをプレゼントすることで多少は抑えられるのではないでしょうか。


私としては人力検索というひとつのサービスの中で大人も子供も共存できるのが理想だと思っています。

男親がそのへんの小学生に気軽に意見を聞けるような機会ってあまりないですからね。こういう質問ができるのも今ならではです。

もともとはてなは運営の方から積極的に介入してくるよりもユーザーの互助的な気風があってそういうのが私は好きでもあるんですが、それには限度がありますし、今回ばかりはよく考えて動いてほしいと思います。

◎質問者からの返答

「人力検索チュートリアル」ですか。

確かにゲームなどをやる場合は最初にNPCによるチュートリアルがありますよね。

かつて「人力詮索サイト さては」をリリースしたはてななら

http://web.archive.org/web/20060408153221/http://sensaku.hatena....

現行のシステムをまるまる別サーバーに持っていき、

1.登録時に100キッズポイント

2.キッズポイントはスター交換所では使えるが、アマゾンギフトとは交換できない

3.表示はモバイル版ベース

4.人力検索のチュートリアルも兼ねる

というのはいいかも知れませんね。

アマゾンギフトと交換できると、登録時ポイント付与すると、自動でアカウントをとるスクリプトとか組む人が出そうですが、交換できないようにすれば、(あいぽんのように)登録時のポイント付与もできそうです。


後、回答回数によってランク付けして、出きること(プロフィール画像の登録など)にランク毎に制限をつけると、お金以外に回答に対するモチベーションをつけられるかも知れません(yahoo answerでやってました)

これは既存のシステムでも、サブアカウント毎にポイントを管理させて、ポイント送信には○回回答してレベル□以上にならないとダメとすれば、安易にサブアカウントを取り直してポイント稼ぎをすることを防げると思いますけどね。


しかし、これはあくまでも既存のシステムの延長線上なので、「人力詮索 さては」みたいな、想定外で開発者がノリで作ってしまうような「何か」があるといいですよね。

あるいは何かダジャレを考えるのがいいのかも知れません。

関係ないですが、はてなの新サービスで「セカイカメラを使ったオンラインゲーム」出してくれないかなと思います。

現実世界でお互いに魔法バトルとかやったら面白そうですよね。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ