人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

派遣・契約社員・業務請負の違い及び法律や納税についてお詳しい方に質問です。
派遣について書かれているサイトをいろいろ見ましたが、まだよく理解出来ていません。

Aさんが業務請負でX社の仕事を請け負い、個人事業主として申告納税しているとします。

Aさんは業務にゆとりがあるので、平日はY社に派遣登録しZ社の指示で業務を行うことにしました。
このときY社は保険に加入しろといい、所得税は源泉徴収するといいました。

1)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように保険に加入させるのは一般的でしょうか?
2)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように所得税を源泉徴収するのは一般的でしょうか?
3)確定申告の際、正社員と個人事業を同時に行った場合と同じように、
収入はX社からとY社からの入金を合算し、求めた所得税から
源泉徴収された分を除いたものを支払うことになりますでしょうか?

「ここを読んで〜」という回答ではなく、今回の場合は
こうなるという具体的な回答を頂きたいと思います。

●質問者: ganessa
●カテゴリ:就職・転職 経済・金融・保険
✍キーワード:ゆとり サイト 保険 個人事業主 収入
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● km1967
●19ポイント ベストアンサー

1)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように保険に加入させるのは一般的でしょうか?

2)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように所得税を源泉徴収するのは一般的でしょうか?

AさんはY社の正社員であるから社会保険に加入しなければならない。


3)確定申告の際、正社員と個人事業を同時に行った場合と同じように、

収入はX社からとY社からの入金を合算し、求めた所得税から

源泉徴収された分を除いたものを支払うことになりますでしょうか?

そうなるが、そもそもY社、Z社は副業を認めているのか?

◎質問者からの返答

Y社に派遣登録するということは、Y社の正社員になるということでしょうか?

そうなると出向社員と派遣登録の違いがよくわかりません。

Y社にはこのようなことが可能か問い合わせたのですが、

マニュアルを読みながらのご回答しかできない方のようで、

次回お会いした際にお詳しい方に伺いたいと思っています。

メインの事業は期日に成果が上がれば特に問題ないそうです。


2 ● km1967
●19ポイント

そうなると出向社員と派遣登録の違いがよくわかりません。

AさんはY社から見ると正社員であり、Z社から見ると派遣社員。給与はY社から支払われている

出向社員は在籍出向と転籍出向があるが、いずれも出向先会社から給与が支払われるので派遣とは形態が異なる

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。

それならとてもわかりやすいですね。

正社員を辞め個人事業主として独立してから、

正社員の利点がわからず派遣を検討していたのですが、

それだと私の想像していた派遣の良い点がなくなりますね。

別件の業務を請け負うしかなさそうですね・・・

他の解釈をお持ちの方がいらっしゃいましたら

引き続きお待ちしております。


3 ● IlO10l0Il
●18ポイント

1)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように保険に加入させるのは一般的でしょうか?

正社員・契約社員・派遣・アルバイトなど雇用形態は関係なく、社会保険の加入は企業の義務です。

多くの企業はその義務を無視して保険加入していないだけで、保険加入させる企業はむしろ優良だと思ってください。


2)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように所得税を源泉徴収するのは一般的でしょうか?

源泉徴収も企業の義務です。

しかもこちらは社会保険と違って納税ルールとして罰則も設けられていますから守らないわけにはいきません。

ちなみに現在では日雇い派遣のアルバイトでも源泉徴収は必須となっています(昔は源泉徴収していない企業もありました)。


3)確定申告の際、正社員と個人事業を同時に行った場合と同じように、

収入はX社からとY社からの入金を合算し、求めた所得税から

源泉徴収された分を除いたものを支払うことになりますでしょうか?

そうなります。

◎質問者からの返答

事業主としての考え方が身についてしまっていますので、

できるだけ自分でやりたいのですが、

派遣であろうと正社員と変わらないんですね、


4 ● suppadv
●18ポイント

>このときY社は保険に加入しろといい、所得税は源泉徴収するといいました。

Y社に正社員もしくは、それに準ずる形の登録という形ですね。


他の派遣会社にも問い合わせてみると、Aさんの希望に合った形のところが見つかるかもしれません。


また、3)は、その通りです。

◎質問者からの返答

いろんなところに声をかけてみたいと思いますが、

みなさんのご回答を見ると今回のところが普通のようですね。

合算して申告したいと思います。


5 ● winbd
●18ポイント

1)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように保険に加入させるのは一般的でしょうか?

一般的というか、本来はさせないといけないことです。

http://www.haken-roumu.com/hakenromu2_1.htm

>各種保険に加入する必要のある派遣労働者が未加入の場合、派遣先はその理由が適正でなければ加入させてから派遣するよう派遣会社に求めることとされています(派遣先指針第2の8)。


2)正社員ではなく派遣なのに、Y社のように所得税を源泉徴収するのは一般的でしょうか?

労働時間が非常に短いのなら源泉徴収しない場合もありますが、派遣でも源泉徴収をするのは一般的です。

しないと国税庁から是正勧告されてしまいます。


3)確定申告の際、正社員と個人事業を同時に行った場合と同じように、

収入はX社からとY社からの入金を合算し、求めた所得税から

源泉徴収された分を除いたものを支払うことになりますでしょうか?

ちょっと違いますね。

給与には給与控除が発生します。

個人事業にはそれが無い代わりにいろいろな物を経費参入することが出来ます。

控除を引いた後の金額を合算した額が課税対象所得となり、そこから納税額が決定されます。

◎質問者からの返答

やはり一般的なのですね。

私の記述が不十分でしたが、

給与控除については理解しておりました。

お詳しいご説明で理解が深まりました。

ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ