人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: ganessa
●カテゴリ:就職・転職 経済・金融・保険
✍キーワード:ゆとり サイト 保険 個人事業主 収入
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

6 ● seble
●18ポイント

派遣登録の定義があいまいなのですが、派遣社員という前提であれば、

AさんはY社に登録型派遣社員として雇用された事になります。

いわゆる正社員とは全く違いますが雇用契約である事に違いはなく、

保険、これもあいまいですが社会保険であれば、その契約期間等に応じて加入義務があります。

http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/haken/index.html

http://www.houko.com/00/01/S60/088.HTM

雇用契約なので所得税の源泉義務もあります。

そんなに社会保険がイヤならY社と業務提携し、Z社の仕事をあっせんだけしてもらえばいいです。

z社とも単なる業務契約にして派遣契約にしない、指揮命令を受けないとすれば法的には問題ありません。

指揮命令を受けない請負契約で、実態は限りなく派遣形態の場合、不利なのはAさんの方なのでAさんさえ異議がなければそれでも何とか通るでしょう。

その方がY社も責任が軽くなり喜ぶでしょうし、、、

(社保の会社負担分だってばかになりません)

その代わり、最低賃金法の規制も受けなければ、労災にもならず(形態によってはなるけど)健保の傷病手当金も出ない事になります。

もちろん、年金も国民年金だから働く期間によっては将来大きな差が付く事になります。

ただ、契約文書をよほどうまく作らないと偽装派遣として違法になるでしょうね。

独立して沢山稼げる人は雇用されるよりいいでしょう。

安定を捨てリスクに賭けるだけの事です。

◎質問者からの返答

「登録型派遣社員として雇用される」という言葉を聞いてすっきりしました。

やはり皆さんがおっしゃるように派遣社員も雇用されているのですね。

これまでは別の会社と業務提携し仕事を斡旋してもらっていました。

結局雇用されてしまうのであれば、わざわざ派遣に登録する利点がありませんね。

それなら正社員に戻った方が給与も高いし良いです。

ちょっと派遣を勘違いしていたようです。

みなさんありがとうございました。


6-6件表示/6件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ