人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

肝臓がんの検査結果の数値の意味について教えてください。「AFP」が「7939.6H」とあります。これは何の値で、これ以上増えるとどうなるのですか? 初心者です。よろしくお願いいたします。

●質問者: tamami-san
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:AFP 初心者 検査 肝臓
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● がら
●20ポイント

AFP=αフェトプロテイン

肝臓ガンの腫瘍マーカーです

上がっているから必ずガンとは言い切れない場合もあるようですが

精密検査を受けられることをお勧めします

http://www.yobouigaku-kanagawa.or.jp/kensa/kensati18.html

http://rn-works.com/01afp.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。末期がんと言われています、父なのですが。この値がこれ以上上がるとどういう症状になるのでしょうか?


2 ● km1967
●20ポイント

α-フェトプロテインの略

もともと胎児で産生されるタンパク質だが、成人では肝臓癌があると増えることがしられている

正常値は500ng/ml以下。

http://www.naoru.com/kens2a.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。ではそうとう悪いということなのですね。


3 ● preirie
●40ポイント ベストアンサー

腫瘍マーカーといって腫瘍が進行すると上昇し、治療でよくなると下がります。

これがいくら高くなってもそれが体に悪影響を与えるということはありません。

肝臓癌でもそれが高くなりやすい人とあまり変化ないひとがいますが、

お父さんの場合は腫瘍の進行の目安にしていいと思います。

直接命にかかわる検査結果としては

黄疸(T-bilやD-bilという検査項目)アンモニア高いほうが悪い。

血小板(PLT)血が止まりにくい状態になってきたり(HPT)低いほうが悪い。

腹水がたまってきたり(おなかがぽっこり出てきます。飢餓状態の人が胸はあばら骨が浮いて見えて、おなかが出ているような写真を見たことありますか。そういう感じです。)

などがあります。これらは直接命に影響を与える症状となります。

それぞれは毎回、聞くのは難しいし全部が同じように悪くなるとは限らなくて解釈するが難しいので、AFPの値を聞いて今癌がどうなっているかをおおよそ見当をつける目安にするのがいいと思います。また、進行してくると痛みなどが出てきます。最近は癌に対する痛み止めなどの緩和医療というのも進んでいますので、早めに相談して軽いうちからしっかりコントロールしてもらうのがいいと思います。昔は痛みが耐え切れなくなるまで我慢してから初めてモルヒネ等を使うことが多かったですが、最近は早期から適切な鎮痛剤(麻薬製剤を含めて)投与開始することが多くなっています。

◎質問者からの返答

とてもくわしいご回答、ほんとうにありがとうございました! お陰様で解決いたしました。心より御礼申し上げます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ