人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ジョグの純正キャブをオーバーホールしています。もともとスロットルバルブが固着いていて動きませんでした。キャブクリで漬けたりして何とかキャブ本体からスロットルバルブが取れました。清掃後に組み付ける際にスロットルバルブがきつい感じで入りづらかったです。そしてキャブを車体に取り付けスロットルバルブの戻りが悪く、アクセルを全開にするとスロットルバルブが引っかかって戻らなくなるとゆう症状です。もう一度バラシてスロットルバルブとそれが収まる筒のところを軽くペーパーをかけたり潤滑剤を吹いたりしてみましたがやはりスロットルバルブを組み込む際に少しきつくてスムーズに入りません。対処法を教えてください。


●質問者: arankaru
●カテゴリ:ビジネス・経営 趣味・スポーツ
✍キーワード:アクセル オーバーホール ジョグ スムーズ スロットル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● najirane
●80ポイント ベストアンサー

現物を見ないことには何ともこうともですが、

やはりペーパーや現物同士のすりあわせを丹念に行い、

同時にリターンスプリングの偏り(曲がり)があればまっすぐになるよう矯正、

それとスロットルワイヤーのサビ取り/ワニス取り/給脂・給油と、

セオリー通りのことを丹念にするしかないのではないでしょうか。


なんか症状を見ると「全開付近で引っかかる」なら、

リターンスプリングやスロットルワイヤーの曲がりやキンクで

全開付近でリターンスプリングに斜めの力が加わり、

スロットルピストン自身を傾けてしまっていて、それが戻り抵抗になっているのかな?

と思いました。


あと、どれだけそのキャブを分解組み付けしているか解りませんが

ピストンのカイドピンが通るスリットに多少のめくれが出ているのではないかな?

もしくはガイドピンそのものが偏摩耗しているかな?とも。

こうなってくるとペーパーではなく、リューターの出番ですけどね。

◎質問者からの返答

ピストンがキャブ本体にスムーズに入らない時点で異常ですよね?変形してしまうことってあるのでしょうか?


2 ● seble
●27ポイント

バルブの向きが合ってないとか、、、

固着でもたいていはガソリンの不純物とかなのでペーパーで削るほどのものではないと思うし、逆にペーパーかけちゃうと表面を削っちゃうのでエアを吸っちゃったりしてマズイと思います。

ケーブルやニードルとかは引っ掛かってないですか?

とにかく、どこが引っ掛かっているかよく確かめてからでないと、適当にペーパーをかけたりするのはうまくないんじゃないかと・・・

◎質問者からの返答

バルブの向きの間違いはありません。いつも固着の時はキャブクリで洗浄すれば直るのですが今回のパターンは初めてです。


3 ● a532
●0ポイント

オーバーホールの言葉の意味を理解したら

すべて解決

オーバーホールとは

簡単に言えば分解修理です

修理は新品の状態に戻すことです

ダメになってしまった部品は交換するしかありません

つまり質問者サンはオーバーホールしていない

◎質問者からの返答

つまりスロットルバルブを新品に交換するとゆうことでしょうか?スロットルバルブが変形してしますとゆうことがあるんですかね。なぜ変形するのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ