人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「NBA」に関する雑学、トリビアネタなどの情報を調べています。
※NBA=アメリカのプロバスケットボール。

どんな情報でも良いのですが、例えば、

●過去に実際あった珍プレー
●有名選手のこだわり、面白エピソード
●NBA球団の(運営に関する)うんちく
その他、「意外なへぇ?」な情報などなど、沢山知りたいです!

「NBA」に関する情報であれば特に問いません。
よろしく御願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:趣味・スポーツ 旅行・地域情報
✍キーワード:へぇ アメリカ トリビア ネタ プロバスケットボール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● Lew
●20ポイント

NBAは国際ルールと違う独自ルールがある。

試合時間は、国際ルールが前半後半各20分の2分割に対して、NBAの試合時間は、1回各12分4分割(クォーター)方式である。2Qと3Qの間に10分間の大きな休憩(ハーフタイムショー)が入り、国際ルールの試合よりも合計8分間長丁場という事になる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/NBA

4分割にした理由の一説として、その間にコマーシャルを4回挟み込むことができるようにするためという理由がある。(Wikiではアメフトの名残と説明されている)

◎質問者からの返答

ルールが違う、と。

なるほど。

4分割の理由は、はっきりしないんですね。

ありがとうございます。


2 ● chemicalism
●20ポイント

ここにたくさんのっています。

http://www7.plala.or.jp/slamdunce/nbatrivia.htm


3 ● dhftg421
●20ポイント

●過去にシーズンMVPに輝いた選手でNBA50人に選ばれなかった選手は現役組を除くと元レイカーズ等に所属したボブマカドゥーただ一人です。

●発表された当時、もちろん本人は不満で「納得がいかない」と発言してます。

●マカドゥーは3年連続以上得点王になった史上6人の内の1人です。得点王獲得は晩年であるレイカーズ所属前です。

●当時チームメイトだったマジックジョンソンは「マカドゥーは主に控え選手だったがスタメンに劣らない素晴らしい選手」と発言しています。

●優勝は経験できなかったバークレーですがNBA50人には選ばれています。しかしマカドゥーはNBA50人には選ばれていませんがレイカーズ時代に優勝を経験しています…どちらも相手がうらやましいのでしょうか…?

●発表当時でも現役組の中で数少ないNBA50人に選ばれたシャキールオニール。現在でこそ選ばれているのは納得されているでしょうが、当時メディアの間では選定に疑問の声が多かったのです。

●それは選ばれた選手の間でもあったようで元セルティックスの名ガードで50人に選ばれたボブクージーは「まだ彼は優勝していないし(当時)個人成績も特に際立った物もない(当時、得点王1回、FG成功率王1回、新人王)。正直言って、この選定は間違いだと思うよ」と発言してます。

●NBA50人に選ばれなかった事に不満だった選手は多かったと思いますが、その内の1人が元ホークス等所属のドミニクウィルキンス。得点王1回(ちなみにMJが7年連続得点王に輝く前年)史上9位(現在)の通算得点を挙げながら選ばれなかった事に公に不満を表明しました。

●ちなみに現在の通算得点歴代10位以内でNBA50人に選ばれなかったのは彼だけ。

●NBA50人には順位付けがされてはいませんでした。そこで当時アメリカのメディアがNBAオフィシャルとは関係無く独自に順位付けをした事がありました。それによると50人の頂点に立つ1位はMJではなく、伝説の巨人ウィルトチェンバレン。理由は「1番止めにくい選手だったから」としています。MJは2位でした。以下の順位についての詳細な資料はありませんが、50位にされたのは元ニックス等で活躍したデイブデバッシャー。理由は「何故、彼がこの中に選ばれたのか分からない」としています…。

http://o.z-z.jp/thbbs.cgi/Jordan_Pippen/10/


4 ● tuni310
●20ポイント

アイバーソンは意外に絵が趣味だったりします。

これはネットにない情報です。

その他にもこのサイトにさまざまなエピソードがございます。

http://www7.plala.or.jp/slamdunce/nbatrivia.htm


5 ● a532
●20ポイント

以前雑誌で読んだマイケル・ジョーダンのトレーニングについて書かせていただきます。始めの二つは,他に掲載されていたのを見たことがないので,面白いのでないでしょうか。

トッププレイヤーにもなるとかなりのトレーニングが必要だと思いますが,ジョーダンの場合がんがん筋トレをしていたわけではないようです。

例えば腕の筋肉をつけすぎてしまうと,シュートの際にボールが飛びすぎてしまい,そのたびにシュートを打つ角度(ループ)を変えなければなりません。ですので,体重(筋肉)の増減は一日100グラム程度までにしていたそうです。ただ,やみくもにすればいいというわけではないのですね。

あと,来日した際にメディアには非公開の練習(ある記者が覗いたのを記事にしたそうです。)をしたそうですが,聞いた話だと左手のシュートを30分程度していたそうです。左も使えるように…というのはよく聞きますが,徹底してますね。

最後に有名な逸話ですが,ジョーダンは試合前はステーキを食べていたそうです。他の物だと試合中に燃焼してしまい,持たないからだそうです。一般人なら胃がもたれてとても走れないと思います。

http://www.golfdigest.co.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ