人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE” #050

THEME:「組」「リボン」「暦のことば」+「縁起物」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、FORTUNEバージョン。FORTUNEとは「幸運・幸せ」。毎回のテーマに沿って、イエと暮らしに幸運を呼ぶコト、ハッピーにするコトを思いとともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100310

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は3月15日(月)正午で終了させて頂きます。

1268196623
●拡大する


●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:3月15日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 180/180件

▽最新の回答へ

[1]クラス替え akilanoikinuki

春になり組とくると、子供の頃は大問題だったクラス替えが頭に浮かびます。

私の小学校は人数が少なかったせいか、毎年はなく2年に一度しかありませんでした。

だから、6年間ずっといっしょだった子もいたし、いっしょにならなかった子もいます。

クラス替えがもうすぐやってくるというこの時期は、とてもドキドキしていたのを、今でも覚えています。


[2]>1 クラス替え tibitora

クラス替えはどきどきしていましたよね。

私が通っていた小学校では校庭にクラスと名前が書いてある紙が張り出されていたのですが、

自分の名前を探すのがどきどきしていました。

そろそろクラス替えの時期で甥っ子もどきどきしているみたいです、来年からクラブ活動も始まるみたいで「やりたいのがたくさんあるー」とそっちもどきどきのようです^^

「家庭科」や「サッカー」もやってみたいそうです、料理が好きな男の子です・・・運動は苦手そうですがサッカーをはじめたら体力も付くのかなあと思います(笑)


[3]>2 運命の組替え(クラス替え)、Aと同じクラスになった! iijiman

あれは忘れもしない、中学2年の時です。

4月の新学期、各教室の前に新しい名簿が貼り出されます。クラス替えです。

生徒は、その中から自分の名前を探し出して、新しく入るべきクラスを知ります。

私は、2年3組でした。

そして、2年3組には、1年の時には別のクラス(私が5組で彼が10組)だった「A」の名前が・・・しかも名簿(=出席番号)が五十音順のため、私の直前が「A」です。

「これは大変なことになる」

そう思ったのは、私だけではなかったと、後で知りました。

Aも同じことを考えたそうです。

Aと私は、ある種のライバル心のようなものがありました。

Aとは、部活動(「技術部」という地味なクラブですが、鉄道模型などを作ったりしていました)が一緒でした。

運動や勉強はAの方が格段に上。

1年の時にクラブで知り合い、お互いにからかい合ったり、ちょっとした衝突を繰り返したりしていました。

クラブでは(元々勝ち負けのあるクラブではありませんが)、互いに自作の模型を作って心の中で対抗心を燃やしたりしていました。

よもや、そのAと同じクラス、しかも出席番号1番違いになるとは・・・・・

悪い予想は的中しました。

新学期早々からAと私は小競り合いが絶えません。

しかし、あれは5月だったと思いますが、ある肌寒い日のことでした。

その日を境にAとは仲良くなりました。

その日、何の教科だったか忘れましたが、自習中に、私はお腹が痛くなりました。

その時、Aは私の前の席に座っていましたが・・・・・

「なあ、A、ワシ、ウンコしたい」

「・・・実はな、俺もや」

「行こか」

「行こ」

当時、学校で「大」をすることは、とても憚られることでした。

学校で「大」をすると、「ウンコマン」とか呼ばれてからかわれたりするような恐怖感がありました。(実際にそうだったかどうか、そんな場面はなかったような気もしますが。)

一緒に自習を抜け出して「大」に行くという、一種の「共犯」のような感覚を共有したことを境に、Aとは和解をしたのです。

とはいえ、完全にケンカが収まった訳ではありません。

そしてついにある日、ついにブチ切れた私がAと大喧嘩。

先に手を出したのは私でした。私は中学二年にして、初めて殴り合いのケンカというものをしました。

間に割って入ってケンカを止めたのは、クラスでもリーダーシップのあるMでした。

しかし、そのケンカで何かが吹っ切れたのか、それ以降はAとは、あまりケンカをしなくなりました。

お互いに「やるときはやる奴なのだ」ということを認め合ったのかもしれません。

そんなAも、今は某大手会社の社員。

社会人になってから偶然、Aと私は同じ川崎市に住むことになりました。

私がAを訪ねたこともありましたし、逆に、Aが私のワンルームに一升瓶を持ってきたこともありました(ごめん、あのケンビシ、飲みきれなかった・・・)。

今はまた離れてしまいましたが、Aと私は、神奈川県の東の端の街と、西の端の町という、同じ県内に住んでいます。私が展覧会の案内状を送ると、結構、Aも見に来てくれたりしているようです(芳名録から分かる)。

もうあれから30年になります。

Aとは年賀状のやりとりを欠かしていません。

その当時の担任の先生は定年退職していますが、なぜか、その担任の先生とも未だに年賀状のやりとりが続いています。

1980年4月。

あれは「運命のクラス替え」であったと思います。


[4]>3 クラス替え tunamushi

クラス替えの発表はいつもドキドキしていました。仲良しの友だちと離れてしまうかもという不安や新しい友だちができるかもという期待。そして担任の先生は誰になるのだろう、という気持ち。高校生にもなればどこでもいいと思えるようになるのですが、中学生まではなかなかそうもいきません。

でも新しいクラスになって、自己紹介をしたりイベントでみんなが力を合わせて乗り越えたりすると団結力が生まれてきます。特に中学2年生3年生の時は、クラスの仲間なんだという意識も芽生えてきて、このクラスになってよかったと思いました。


[5]寒の戻り natumi0128

「冴え返る」という言葉もありますが、どちらも、一度あたたかくなったあとに、また寒さがぶり返すことをいうようです。

まさに今がそんな感じですよね。

しばらくあたたかくて過ごしやすい日が続いていたのに、またちょっと前から寒くなって。

場所によっては雪が降ったりもしているみたいですし。

あと、これと似た言葉で、「余寒」というのもありますね。

こちらは、立春が過ぎて寒も明けたのに、まだ寒い、というニュアンスのようですが。

それから、花のころには「花冷え」なんて言葉もあります。

そうそう、「春寒」というのもありますね。

同じ春の寒さでも、こんなにいろいろな言い方があって、それぞれ込められた意味やニュアンスが、ちょっとずつ違うのですよね。

それだけちゃんと、季節の変化を感じ取って暮らしていたからできたのでしょうね。


[6]リボン sayonarasankaku

小さい頃、ずっと髪の毛が短かったので、髪の毛を結んでリボンをつけるということはありませんでした。

たぶん家で両親が商売をしていて忙しくて、私の髪の毛が短い方が手軽だったのもあると思います。

着ているものも、かわいいというよりは動きやすいもののほうが多かったです。


でも、リボンが嫌いなわけではなくて「つけてみたい。」と口には出さないけれど思っていたこともありました。

大きくなって年頃の髪の長いときもリボンをつけることなく過ぎてしまいましたが、たぶん、女の子は『リボンつけてみたいな・・・』と憧れる時期があるような気がします。


[7]>4 クラス替え masi_o007

クラス替えって学校生活を楽しいものにするかどうかを左右するイベントですね。

私は高校では、1年の時にすごく仲の良かった友達と2年に進級する際にクラス替えで離れ離れになって、それ以降その友達とも話す機会も減り、学校であってもいつの間にかすれ違いになんかさみしかったなぁ。でもその分新しい仲間も増えて、とても楽しい高校生活でした。クラス替えって良くも悪くもあるって感じですね。


[8]制服のリボン meizhizi87

私が通っていた中学校と高校の制服にはリボンがありました。毎日鏡の前に座り、リボンを付けたら登校の合図になっていました。なかなかはじめはうまく結べませんでしたが、きれいに結ぶことができるようになると自分でも成長したかなと思っていました。


[9]>7 クラス替え nakki1342

小学生の時のクラス組替えで何と2年連続同じ先生が

担当だったという事がありました。

(ちなみに女性の先生でした)

そんな事態は、これっきりだったのですが

ホント、びっくりでした。

嫌いな先生ではなくむしろ逆だったので嬉しかったのは

覚えています。

もちろん、2年目なので新鮮味は、なかったのですが。


[10]>9 クラス替え koume-1124

好きな子と同じクラスになった時には

神様ありがとーー!!!!!!!!!!!と何度思った事か(笑)

また逆に別のクラスになってしまったときには

毎日がつまらなくてつまらなくて

先生をどれだけ恨んだ事か(笑)

私にとって運命のクラス替えでした。

結局中学3年間ずっと片思いしていた彼とは

2年生の一度しか同じクラスになれませんでしたけどね。


[11]>7 クラス替え MASAMITI

僕は6年間クラスが同じ人が2人います。

クラス替えってすごくワクワクします!!

中学校でもまた同じにクラスになれるかなぁ。


[12]>10 クラス替え r-zone

小学生の時にはちょうど40人しかいなくて

クラス分けがギリギリ出来ませんでした。

学校内でうちらの学年だけずっと1クラスでしたね。

でも1度だけ2クラスになった「奇跡の年」がありました。

いいタイミングで転校生が現れたのです!

ずっと1クラスでクラス替えを経験した事の無かった皆は

初めてのクラス替えでワクワク!!

でもはじまってみるとなんだか寂しいと言うか・・・

一致団結していたのが急に分裂してしまい落ち着かなかったです。

でもクラスが別れたのはその年1年だけ。

後はまた元に戻って1クラスのまま小学校を卒業しました。

5年間、1クラスのまま過ごしてきた仲間なので

イジメもなかったし、今でもみんな仲がいいです。

そう思えば1クラスっていいものですね。


[13]リボン結び koume-1124

リボン結びって小さい頃はなかなか結べなくって

出来たときはちょっと大人になったような、そんな気がしたのを覚えています。

家ではお菓子についていたリボンを再利用して

インテリアとして置いてあるアロマキャンドルに

そのままキャンドルの周りにリボン結びにしてつけてあげてインテリアとして飾ってありますが

結構可愛くて、なんでもないただのキャンドルが

ちょっとお店に売っているようなラッピングされた感じになって可愛くなります。


[14]>12 クラス替え noracat

クラス替えかぁ。 懐かしいなぁ。 わくわく、ひやひや、ドキドキですかね?。


[15]CDやDVDの中身が・・違う(あたふた) nakki1342

時々やってしまう事なのですが

CDやDVDを聞いたり、見終わった後

それが入ってたものに入れる事を怠けて

後日、いざそのCDやDVDを聞いたり、見ようと思う時に

中身が違う・・あれ?

中身は、どこにいった・・とあたふたしてしまう事があります。(汗)

決まったケースがちゃんとあるのだからそれに入れて

やらないといけないと思うのですが・・


[16]>5 この時期の天気は noracat

いろんな言葉があるような気がします。 昨日も寒かったけど今日はやれやれ、暖かいです。


[17]>14 クラス替え mandoto57

クラス替えは懐かしいですね。

女子が多い高校だったので、男子がいるクラスになるのかドキドキした記憶があります。


[18]>17 クラス替え twillco

ドキドキしましたね!!

でも私の学校は小学校のときは2クラスで中学の頃は3クラスという感じだったので変わったと言ってもクラスの半分は引き続き同じクラスの子と言った感じでした。

これが5クラス7クラスなんて子も中にはいるので

クラス替えするたびに知らない人がいるという感じなのでしょうか?

人見知り私では過酷ですね〜;

高校の時には特別な科目だった事もあり1クラスで担任もずっと同じ先生で3年間過ごしてきました。

今でも学校の先生とは連絡取り合う程の仲良しです!


[19]>8 制服のリボン twillco

私は中学&高校生の頃、制服がずっとセーラー服で

他のブレザーの子が羨ましくて仕方ありませんでした。

セーラー服で唯一遊べる所ってリボンなんですよね。

学校指定のものをしなくては行けないのですが

一歩外を出たら色んな色のリボンをつけて待ちへ繰り出すのが密かな楽しみでした。

今ではピンクやストライプなど色んなリボンがあって

セーラームーンみたいな制服に変身してて

かわいいな〜と思う事が良くあります(笑)

制服のリボンで個性を出すのが私の学校のブームでした。


[20]サクラの開花 noracat

高知で咲き始めたようですネ!


[21]tyuugakusei tv_5

toutoutyuugakuseida-


[22]>15 あるある MASAMITI

それよくあります!!


[23]>18 クラス替え kyun9

誰と一緒かどきどきしますね。


[24]とんかつを食べる kyun9

大きな大会や入試などの前にはとんかつを勝つという意味で食べます。揚げるときの音もいいですが、やっぱり揚げたてのとんかつはおいしいですね。ソースをかけて食べます。衣が薄かったり厚かったりしてしまうときがありますが自分で作ったとんかつはおいしかったです。また機会があれば作りたいです。焦げないようにあげるのっていがいとたいへんですよね。油の始末はしっかりとやらないと・・・。


[25]>23 クラス替え fghnnh

入学&新学期といえばクラス替え!仲良しの友達や好きな人と一緒のクラスになれるかな?担任の先生は誰になるのかな?などなどドキドキのイベントでした。


[26]>20 サクラの開花 fghnnh

桜はある程度の寒さにさらわれた後、暖かい日が2月や3月に続くと花芽の生長が早まり、開花が早まる傾向があります。さらには休眠打破、つまり前年から桜は次の開花に備えます(冬の一定の寒さにより、桜はスタンバイ状態に入るわけです)。ちなみに今年の場合も、正月に真冬並みの空気に包まれ、その後春のような暖かさになってくるといわれているため、それが十分と考えられることから開花が早まると言う予想が発表される運びとなりました。桜の開花、すごく楽しみになりますね。まだまだ寒の戻りは時々あるでしょうが、春は確実に近づいているものと見られます。


[27]>19 制服のリボン powdersnow

制服のリボンは、その学校の制服のデザインと合うか合わないか、結構違うんですよね。

わかりやすく主の色合いが違うだけに、その差も歴然で……

地元の学校だと、進学した時に自分たちが当たる色は何色か、話題に上ったものです。

一度ついてしまうと、3年間そのままですから、運任せとはいえ、良い色に当たって欲しいと願ったものです。


[28]>16 寒の戻り powdersnow

暖かくなったのに、急にまた寒くなって、衣替えの時期に迷う……

珍しいことのように感じますが、何だかんだいって毎年、こんな感じで季節が移っていくんですよね。

寒暖の差が激しいこの時期は、季節の変化に欠かせない一節なのでしょう。

とはいえ、もう3月中旬だというのに大雪が降る場所も多く、雪国は大変なんだろうなと感じますね。

早いところでは桜も咲いているようですが、この分ですと、関東地方の開花は例年と比べて遅くなるんでしょうか……??


[29](花の名前)組 powdersnow

幼稚園というと、定番が花の名前+組という感じでしたね。

幼稚園という年頃ですと、花は「綺麗」とか、「何色」程度のニュアンスで、花の名前なんて知りませんでした。

ですが、流石に自分の組の名前についていると興味を覚えて、どんな花なのか親に聞いて知るようになりました。

思えば、花の名前を覚えたのは、そんな各組の名前が最初だったかもしれません。

幼稚園側もそれは見越してか、わかりやすく身近なお花の名前がついていることが多かった気がします。


[30]>13 ちょうちょ結び powdersnow

簡単な結び方で、最初に覚える結び方の1つかもしれませんね。

一番最初は、固結びかもしれませんが。

ちょうちょ結びは、大人になってからも、靴ひもを結ぶ時、雑誌を束ねる時など、よく活用することが多いです。

簡単に結べば良いような時は、もっとも基本の結び方といえるでしょう。

ただ、少しほどけやすいことは否めないので、段々と成長するごとに工夫を加えたり、アレンジしたりする結び方ですね。


[31]>25 クラス替え Rytandrezone

怖い人がクラスにこないか、びくびくしてました。

担任がいい先生に当たるかやきもきしました。


[32]>31 クラス替え itst1975

懐かしいですね! もう何年前になることやら

今は、子供のクラス替えが 親としてドキドキです。

親も 一緒になりたい人いますからね?


[33]>31 小学校時 to-ching

6年間一緒でした。良かったですよ。


[34]>24 かつ丼 to-ching

丼飯の上にキャベツを敷きつめ、その上に豚のひれかつを数枚載せて、ソースを掛けたものをかつ丼と呼ぶ地方がありますね、これはこれで旨いです。


[35]>32 クラス替え adgt

いやー、昔は気が気じゃなかったなぁ。今考えればどこでもそれなりにいいことあるだろうに。


[36]師走 adgt

小学生のときに始めて聞いたときに、「大人っぽい言葉」だなぁと思った記憶がある。情景がふっと浮かぶし、その時期をかなり良く表している言葉だと思うので、個人的に結構好き。


[37]>28 寒の戻り adgt

まさに今って感じ!もうスタットレスタイヤを履き替えようかと思っていたのに、いきなりふるのでビックリ。だらだらとタイヤ交換を先延ばしにしていたのが吉とでたかんじ。


[38]>35 毎年ドキドキしていました fumie15

毎年どんな人とクラスになるのかドキドキしていました。

そういえば小学校2年生のクラスでは全部2クラスで52人しかいないのに6組双子がいました。

クラスわけには先生方は苦労していたと思います。

でもあれはなんだったんでしょう?田舎の学校で特に集めたわけでもないのに・・・


[39]>6 わかります fumie15

私も髪にりぼんをつけるのには憧れていました。特に少女漫画でよく主人公がリボンをつけていてあんな風になりたいと思っていました。

しかしショートカットの女の子がどうやってリボンをつけるのか未だに謎です。


[40]1組、2組かA組、B組か fumie15

小学生のころは「1組、2組」でした。

「3年B組金八先生」を見て中学校になったら大人っぽくA組、B組になるのだろうと思っていましたが、

中学校、高校になっても「1組、2組」のままでした。結局A組B組にはなれず、つまらないことですが残念な思いをしました。

これは地域的なものでしょうか?


[41]春分、夏至、秋分、冬至 fumie15

いつもごっちゃになります。春分と秋分は太陽の出ている時間が同じ日、夏至は太陽の出ている時間が一番長い日、冬至は太陽の出ている時間が一番短い日ですよね?

いつも分からなくなり「夏だから昼が長い日だから夏至」と考えています。

もしこの文章が間違っていたらどうしよう…


[42]>30 リボン結び fumie15

いつもリボンが縦結びになってしまい、必ず直しました。

説明書も見たのですが余計分からなくなってしまいました。


[43]組織 adgt

大人になって「組」といったら組織かなぁ、と思う。組織の中で自分をどう生かすかであったり、組織に飲み込まれるんじゃないくて、そこでどう工夫をしていくかとか。むかしのA組、B組とかきゃっきゃできてた頃が懐かしい。


[44]はてな tenten1031

よくあることだぁwhttp://jp.f42.mail.yahoo.co.jp/ym/login?.rand=6reg3cvv1qsa4


[45]>37 寒の戻り fghnnh

ここの所、寒の戻りとでも言いましょうか、寒い日が続いています。つい最近までは、ポカポカ日和で、春の訪れがもうそこまで来ていたかのように、あちらこちらでは、福寿草が咲き出しています。ところが、この寒さときたら、全く冬に逆戻り・・・せっかく顔を出した福寿草もビックリしているのではないだろうか。体に応えます。寒がり冷え性の私にはきついものがありました。


[46]組み体操 powdersnow

小中の体育祭といえば、組み体操が定番でしたね。

リレーなどと並んで、メインのイベントだった気がします。

2人、3人程度で組むものもあれば、数十人で組むようなものもあって、

やっている側は緊張しますし、見ている側もはらはらしてしまうものでした。

最近では、危ないからなどの理由でやらないことも多いかもしれませんが……

人間の力で、どの辺まで可能なのかみたいな物差しになった気もするので、

子供のうちに体験することに、利点はあるかなぁと思います。


[47]>36 師走 fghnnh

旧暦の12月を「師走(しわす)」と呼び、現在でも新暦の12月の別名としても用いられています。それではこの「師走」とはどのような師が走るの意なのでしょうか。教師が走る、恩師が走る、etc・・・。今の時代を見回してみても、それがわからないのも無理はありません。なぜならこの師は明治以降に廃止されてしまったからです。


[48]>46 組体操 fghnnh

小学校や中学校でよく行われる組体操。組体操にはいろいろな技がありますね。ピラミッドやタワーなど数人から10人程度でやる大技がよく知られています。幼稚園でも簡単な組体操を行うところもありますし、高校ではピラミッドやタワー、扇などの大技を披露することが多いですね。。組体操はマスゲームの一種ですので服装を体操服に統一していたりすると見た目がキレイになります。組体操の大技は下にいる人が上の人の体重を支えなくてはいけないので高校生や中学生のある程度筋力がついて骨格のしっかりした体格の人がやった方がいいです。


[49]>45 寒の戻り some1

服装がとにかく困ります。朝方と夜は急に寒くなるし、会社は暖房で暑くて頭もぼーっとなるので、暑がりな私は会社では薄着に。


[50]オレンジリボン 子どもへの虐待防止 willingness

オレンジリボン運動のことは去年初めて知りました。同僚のガッシリした男性がかわいらしいシールをケータイに張っていたので、ちょっと面白くって、「かわいいですね」と声をかけました。すると、それが児童虐待防止のシンボルマークだと教えてくれました。彼は、一児の父で子どもを大切にしているのだと思いました。私は、今ノートの表紙にはっています。


[51]>49 寒の戻り willingness

ほんとうに季節や自然は一筋縄にはいきませんね。ここ2日は本当に寒いです。早く暖かくなってもらいたいですよね。


[52]>29 こだま組 iijiman

私は幼稚園の時に引越をしました。そのため、2年保育のうち、最初の1年は途中で「中退」して、2年目は、違う町の違う幼稚園に通うことになりました。

その2つ目の幼稚園では、原則として組には「うめ組」「もも組」など、果物(花?)の名前+組、の名前が付いていました。ただ、1つだけ例外があって、「1年保育だけの子どもを集めた組」がありまして、その組だけはなぜか「こだま組」という名前が付いていました。その時には「そんなものか」と思って特に疑問に思っていませんでしたが・・・

今思うと、「こだま組」だけ、異色のネーミングであったと思います。

「こだま」って、何のことかというと、「新幹線のこだま号」なんですね。教室には、組みを現すイラストとして、当時走っていた東海道新幹線(0系)の絵が貼ってありました。

当時「のぞみ」はありませんでしたが、それにしても、なぜ「ひかり」でなく「こだま」?

それ以前に、なぜ「こだま組」だけ「花でも果物でもなく『シンカンセン』」?

未だ持ってその理由はわかりません。謎は深まるばかりです。


[53]>38 組替えは1年で一番のイベント atomatom

小学校、中学校でも組替えは大イベントでしたが、高校になったらそりゃもう勝負というか、命がけというか、好きな子と同じクラスになれるかどうかは一生を左右するような問題でした(笑)

選択科目が同じだと同じクラスになれる、というウワサを信じて、ぼくは理科を物理選択にしたのでした。

本来なら生物を学びたかったにもかかわらず。

結果、好きな子とは同じクラスになれず、難しい物理を学ぶ羽目に。

物理の授業で習ったこと、今は全く何も残っていません。

ああ、懐かしの組替えです。


[54]>51 寒の戻り twillco

雪が降る所もあったとか!?

あまりに寒いので寝る時の湯たんぽをまた引っ張りだして活用しています。

もう3月入ったので、お花見シーズンまでには暖かい気候に戻って欲しいですね。

でもこうしてだんだん春になって行くんだと思えば

寒いのも我慢出来ます。


[55]>42 リボン結び twillco

うちの娘が頑張って結んでますがだいたいいつも縦結びになってますね(笑)

リボン結びと言えば最近またシャツの裾をリボンに結んだり

洋服にリボンが取り入れられたものなど多くなってきてますよね。

可愛いなと思いつつ、ちょっと年の事を考えると

ちょっと遠ざかってしまいます。

そのかわり娘の服はリボンいっぱいで可愛くしてます。

親の出来ない事を娘についさせてしまいますね・・・

小さいうちはまだいいかな。


[56]ピンクリボン twillco

最近車につけてる人多いですよね。

ピンクリボンは、乳癌の撲滅、検診の早期受診を推進するために行われる世界規模のシンボルでもあります。

初め走らなくてなんだろう?可愛いなと思ってただけでしたが。

こんな意味が込められていたんだなと思うと、自分も人ごとじゃないなと思うようになりました。

日本でも浸透し始めて、ピンクリボンデーとして東京タワーがピンク色に包まれたり、リボン以外での活動もみられつつありますね。


[57]>50 オレンジリボンの意味。 nakki1342

オレンジリボンの運動があるとは知りませんでした

この書き込みを見るまで。

ピンクリボンは、ヤフーのトップページとか

他にもキャンペーンを応援してますと書かれた

企業の製品を偶然買ったりしてたので

知っていましたが。

オレンジリボン運動があることを、もっと多くの人に知られなきゃいけない

そんな運動だと思います

(今、存在する児童虐待を無くそうとアピールする意味でも)


[58]>56 ピンクリボン r-zone

ピンクリボンは乳がんですね。

ピンクリボン以外にも移植医療の活動を応援しているグリーンリボン。

子ども虐待防止のオレンジリボン。

障害者自立支援のイエローリボン。

女性への暴力根絶に向けた活動としてパープルリボン。

今やピンクリボンだけでなく様々な活動に対してのカラーのリボンがつけられています。

この全ての活動も発端はピンクリボンなのではないでしょうか?

街で見かけるたびに意識するようにはなりましたね。


[59]>48 組体操 koume-1124

私は背が低いけど太っていたので組体操が嫌で嫌で・・・

下の子は重たいと思ってるんじゃないかな〜とか

私がもっと小さい子を支えればいいんじゃないかな〜とか

そんな事ばかり考えていました。

それがきっかけでダイエットしなよとイジメが始まった苦い経験もありましたね。

組体操って今でもあるんでしょうか?

女の子にやらせるのは結構酷ですよね。

大人になった今、先生にはもっと気を使って欲しかったなと思います。

まぁ、それがきっかけか、トラウマにもなり今ではダイエットに成功したので良しとしてます(笑)


[60]>54 寒の戻り r-zone

真っ最中ですね。

先日まではポカポカ暖かかったのに最近は凄く寒いっ!!

でもこれも春が近い知らせなんですよね。

今週は静岡へ行く予定なので、ぜひともそれまでには晴れて

日本一の富士山を最高の天気の下で拝みたいなと思います。


[61]>60 寒の戻り kyun9

私のところでは雪が降りました。2月のようです。


[62]>61 ですよね ARASHI13

まるで2月w

最近寒いですねー

また、すぐ戻るんでしょうがね(暖かく


[63]幸せの黄色いリボン・・・ちょっと脚色 to-ching

映画ありましたね、あれは日本のオリジナルではなくて、アメリカのドーンズが歌った「幸せの黄色いリボン」と言う大好きな歌がオリジナルです、刑務所から出所したばかりのおじさんが、バスの中である若者と会ったのです。まぁ、暇ですから、若者に身の上話等話していました、実はこんなやくざな俺だけれど、今度出所したらまともに生活したい、出来そうだ・・・但し、愛する女房が許してくれるなら・・・若者はそれをどうして知るの?おじさん曰く、これから通る道に樫の木に女房の奴が黄色のリボンを、巻いてあったら、やり直そうと言う合図さ・・・でも俺は怖くて見てられない、どうか兄さん俺の代わりに見てくれないか?えぇ!そりゃ大変だ、俺が見ているよ、でも無かったらどうするの?おじさん曰くこのままバスで通り過ぎて何処かへ行ってしまうのさ・・・。とその場所を通りかかった時、樫の木に黄色いリボンが巻きつけてあり!「おっさん!あったぜ黄色のリボン!良かった!!その声を聞くなりおじさんは弾かれたように立ち上がり、バスを止めて貰い自宅に走って行った・・・と言う内容なんです。


[64]髪にリボン powdersnow

髪を結ぶかわいらしいリボンは、子供の特権ですね。

大人になると、ほとんど付けている人は見かけませんし、

かわいらしい大きいリボンなどは、小さい子供のためにあると言えるでしょう。

大抵はゴムでまとめている子がほとんどでしたが、

たまにお洒落なリボンをしている子がいると、子供心ながらに興味を引かれましたね。

しっかり髪型の手入れをしているというだけで、子供の頃は凄いなぁと思ったものです。


[65]プレゼントのリボン powdersnow

クリスマスなど、包装紙に包まれた上に、さらにリボン。

リボンは特別なプレゼントの定番というイメージがありますね。

もちろん、中身がメインなわけですが、

綺麗なリボンは、そちらも大切に取っておいたりしたものです。

なかなか子供の手に入るものではないですし、貴重で宝物の一つになる存在でしたね。

何かに使うかもと、捨てずに取っておいた記憶があります。

リボンは、ほどくまでの時間、中身が何かとかわくわくをさらに大きくしてくれる気がしますね。


[66]>64 憧れ akilanoikinuki

小学生の頃から髪の長かった私は、一度だけリボンを買ってみました。

乙女ちっくで恥ずかしいのですが・・・

漫画の主人公のような髪型に憧れて、真っ白なリボンを買いました。

だけど、それにあう服がないという現実的な問題と、

やはり気恥ずかしさから使う事ができず、

一度も使われないまま、どこかに行ってしまいました。

懐かしい思い出です。


[67]新体操のリボン powdersnow

新体操には、ボールなど色々と道具を使う演技もありますが、

その中で、一番、綺麗だなと思うのが、リボンですね。

くるくる回した時の螺旋状のリボンや、ピーンと宙を伸びるリボン、

演技に合わせて様々に形状を変えるリボンは、とても美しく感じます。

軽いためでしょうか、演技中はどこか重力を越えた存在にすら見えてしまいます。

本来は演技をしている人をメインに見るべきなのでしょうし、

ボールなどの時は、合わせてみるという感じだと思いますが、

リボンの時は、ついリボンの動きに視線が行ってしまいます。


[68]>57 オレンジリボン adgt

最近、車だったりケータイだったりで見るなと思ってはいたけれど、そんな意味があったとは。情報をしっかりと広げることも大事だろうなぁ。


[69]>58 ピンクリボン adgt

これも今まで知らなかった。また、イエローリボンに、パープルリボンとは中々覚えるのが大変そう。こういったものは日本のみの基準なんでしょうか?諸外国でもおなじ意味合いなのでしょうか?


[70]>59 組体操 adgt

さいきんの学校でも組み体操ってやるんだろうか?昔は、痛いし、疲れるしブーブー言いながらやっていたなぁ。最近の子は我慢もできないだろうし、教える先生も大変そう。


[71]プレゼントのリボンや装飾 adgt

プレゼントを買うときに、店員さんに「リボンや装飾をちょっとゴージャスにしてもらえますか?」と頼むと応じてもらえるところが結構ある。まぁ、中身はかわんないんだけど、飾りつけも工夫できればプレゼントを渡す瞬間にはいいかなぁと思う。


[72]>52 幼稚園の組 adgt

ゆり組、もも組み、あとなんだっけ?かなり昔だけど思い出せたことに驚き!


[73]>26 桜前線 willingness

この言葉は、季節の言葉としては、ユニークで良いなぁと思う。天気予報の中での説明だけど、ちょっとの違和感とワクワクする感じが混在していて好感。


[74]>53 クラス替え jozetora

小学校は全部1クラスだったので毎年同じメンバーですごしていました。中学になり、2つでしたがクラスがわかれるのはすごく新鮮でした。


[75]>62 寒の戻り jozetora

うちの地方でも雪でした。まさかこんなに降るとはといった感じです。場所によって結構降り方に差はありましたが、とにかく寒さが厳しいですね。


[76]>71 プレゼントのリボン inio

私は、プレゼントについているリボンや、包装用紙を中々すてられないたちです。「いつかつかうんではないだろうか?」と考えて保管してしまい、相当量たまっています。たまに利用することもあるのですが、量は増える一方です。捨てるべきかすごく悩みますね。


[77]>76 プレゼントのリボン fghnnh

きれいにリボンがかかっていたり、見た目のかわいいラッピングだったりするのも、プレゼントを喜んでもらう大切な要素ですよね。ラッピングには、包装紙の包み方やリボンのかけ方など様々な種類があり、ラッピングする物や用途に合わせてアレンジすることも重要です。ラッピングのやり方を文章で説明するのは大変難しいです。が、最近ではインターネットで画像を使ってわかりやすく掲載しているサイトもありますし、ラッピングのやり方やアレンジ方法を掲載した雑誌もありますので、参考にして挑戦してみるといいでしょう。リボンの結び方や作り方のDVDも発売されていますので、チェックしたいですね。


[78]>69 ピンクリボン fghnnh

増え続ける乳がん。減らない死亡率。日本における乳がんは年々増加し、これからも増えるであろうといわれています。乳がんは、日本女性にとってとても身近な病気になりましたね。


[79]紅組VS白組 運動会 Dictionary

誰でも子供のころに経験してきたのではないでしょうか。

赤と白に別れて競い合う運動会。

予行練習も事前に行われて、その頃から心はわくわくしたものですね。

応援団を先頭に、赤も白も大声で本気で応援する。

リレーも騎馬戦も紅白真剣に戦い合う。

転んだり泣いたり笑ったり。喜んだり。

あんなにも感情をぶつけ合うイベントは中々ないですよね!

同じ色同士は、たとえ普段は違うクラスでも、違う学年でも一緒になって協力し合う!

素晴らしいコミュニケーション。

この力が試されるものでしたね。

すべての競技を終えたときは皆真黒になって、そして心も体もすべて使い切ったあの表情は何にも代えがたいものでした。

最後の点数が発表され、優勝が決まる瞬間。

全身で喜び、そして全身で泣く姿。

こんなにも本気で力を合わせて使い切るイベントはこれ以降あったでしょうか?

大人になってこんな感動を覚えることはもうありませんでした。

ご両親がカメラ片手に残す気持ちがとても解りますね♪

我が子がこんなにも一生懸命に頑張っている姿をおさめたくなるでしょう。

友情がクラスを超えて、学年を超えて、学校単位で輪が広がる良いものであったと思います。

そして、生徒だけではありません。

先生も、親御さんも、地域も協力しあいました。

その日の感動は大人になった今でも忘れて居ません。

きっと運動会の思い出は、この先も一生忘れないだろうと思います!!!


[80]春一番 adgt

暦のことばといえなくはないかな?wikipediaをひくと

>>

例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風。主に太平洋側で観測される。春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い。

<<

とのこと。意外と正確には把握してなかった。。


[81]>67 新体操のリボン fghnnh

女子新体操では個人・団体競技ともに手具を使いますね。種類は全部で5つあります。私たちがよく知っている新体操の手具といえばリボン、ボール…あたりですよね。選手の華麗な手具さばきは観客を引きつける大きな要因になっていますね。


[82]>80 春一番 fghnnh

そろそろ「春一番」が吹くころになりました。歌にもあるように「春一番」というと、もう春だなぁとウキウキしてしまう気がしますが、実はそんなに『甘っちょろい』言葉ではないのです。「春一番」が吹いた次の日は、決まって真冬に逆戻りしますし、春一番そのものは人命を奪うなど重大な災害を起こしうるほどの嵐なのです。


[83]>79 紅白 fghnnh

運動会での紅白対決には欠かせないですね。運動会の目玉の1つは紅白リレーです。紅白2チームずつ、計4チームで競いました。迫力のあるリレーが繰り広げられましたよね。紅白に分かれて競い合った子どもたちも、運動会が終わればまたみんな一緒の仲良しだったことが思い出されます。


[84]一粒万倍日 momokuri3

「いちりゅうまんばいび(にち)」。読んで字のごとしの、一粒の種が万倍に実るという、農耕民族ならではの吉日です。最近はこうした暦注の記されていないカレンダーが多くなりましたが、この日だけは「本日一粒万倍日」なんていうノボリを立てた宝くじ売り場があったりしますから、すぐわかります。


この日は何を始めるにも吉日とされ、特に仕事に関するスタートの日に最適とされています。たとえばお店の開店や畑の開墾などなど。もちろん種まきにも最適です。この日にスタートを切った仕事は、後に万倍に成長するのです。そこでお金にもこれを当てはめて、少額の出費で万倍の富を射止めてくださいと、宝くじ売り場のノボリが呼びかけているわけですね。同様に投資などにも最適とされています。


しかし、昔の人は1日でも多く吉日が欲しかったんでしょうね。一粒万倍日はやたら数が多いんです。

1年を24に分ける二十四節気は「中」とよばれる区切りと「節」と呼ばれる区切りが交互におとずれますが、この節と節との間の約1ヶ月間(節月)に、一粒万倍日は2日ずつあるんです。

・節月の正月:丑・午の日

・節月の二月:酉・寅の日

・節月の三月:子・卯の日

・節月の四月:卯・辰の日

・節月の五月:巳・午の日

・節月の六月:酉・午の日

・節月の七月:子・未の日

・節月の八月:卯・申の日

・節月の九月:酉・午の日

・節月の十月:酉・戌の日

・節月の十一月:亥・子の日

・節月の十二月:卯・子の日

ここで「節月の○月」と書いているのは旧暦の月とは区切りが異なるからですが、それは元々二十四節気が、暦の上の月と実際の季節の間のズレを埋めるために生まれた考え方だからです。月の満ち欠けで1ヶ月の区切りを決めるとともに、太陽の動きで節気を区切って季節を表す。昔の暦はこの二本立てだったんですね。


とにかくこうして約1ヶ月の間に2回ずつ訪れる一粒万倍日ですから、気を付けないと困ったことになる場合もあるんです。たとえばうっかりこの日に人からお金を借りてしまったらどうなるでしょう。貸した方はそれがあとで万倍になって返ってくる投資ですよね。では借りた方は…?そうです。負債が後に万倍に膨れあがってしまうということになるのです。


いや、これは笑い事ではありません。現代の社会の病巣、多重債務。はじまりは、ほんの少額の借金のことがほとんどです。しかし今月は返済が間に合わないからもう一枚カードを作って、そっちで借りてあっちに返そうとやっているうちに、だんだんカードの数が増えて、数日おきに各カードの返済日が巡ってくるということに。そして数回返済が滞ればもうブラック扱いされて新しいカードは作れなくなります。やがてやってくる全カード返済滞り。気が付くと、ほんのささいな借金がいつのまにやら数百万の負債に、なんていうことは珍しくありません。

貸している方は一粒が万倍に育つんです。貸金業はそれで成り立っている商売です。作物なら自然界からの無限の恵みで、誰にも損をさせずに自分一人で万粒の収穫を得ることが出来ますが、お金は有限ですから、誰かに万粒の利益があれば、必ずどこからかその万粒が取り上げられていくということを考えなければいけないのです。


だからお金は借りちゃダメ。借金が自転車操業に陥った時、きっとどこかで新しい借り替えが一粒万倍日に当たってしまいます。

ものごとは何でも裏表。貸した方は大吉でも借りた方は大凶になりかねない一粒万倍日。皆さんもどうかお気を付けくださいね。


なんてちょっと世知辛い話になってしまいましたが、一粒万倍日は家庭菜園にはいいですね。私は去年、一粒万倍日を選んでいろんな種を蒔きましたが、みんな大豊作でした。ミニトマトなんか脇芽を摘んで挿しておいたらみんな根付いて取れる取れる。夏のビタミンCはほとんど無料でまかなえました♪


[85]>83 紅白 powdersnow

小学生の運動会というと、紅白を思い出しますね。

はちまきに赤白帽子と、とても懐かしく感じる物です。

思えば、あれだけ大規模に2チームに分かれて競うというのも、運動会が初めてだった気が。

それだけに紅白というと、決戦というか、大きな戦いの場であるようなイメージに繋がります。


[86]>70 組体操で・・・ yasitaka

スプリング出来た!!


[87]>86 ↑スゲー yasitaka

僕には出来ません!


[88]>74 クラス替え yasitaka

僕のクラスは全部で4つです。2年生は6クラスだったような・・・


[89]来年のことを言うと鬼が笑う atomatom

これ、昔から気になっていました。

なんで来年のことを言ったら鬼が笑うんだろう。

調べたら諸説あるようですね。

「来年のことなど誰にもわからない。そんなことを話す人間はバカだなあ」という説。

「鬼が人間の寿命を知っている」という説。

地方によっても民話としてさまざまな説があります。

とにかく普段怖い顔をしている鬼が笑っているという絵柄が不思議なイメージで、子供のころから気になっています。


[90]>87 組体操は台専門でした。 atomatom

組体操といえばピラミッド。

小学校、中学校の運動会で確か4段の高さを作ったはずです。

ぼくはどちらかといえば大柄なのでいつも一番下の台が専門でした。

最後に肘をくずしてピラミッドを崩壊させますよね。あのとき上の子供はさぞ怖いだろうと、下の台でいることに感謝していたものです。

あのピラミッドを壊すという仕上げ、別になくてもいいのにな。

ゆっくり降りてきてもいいでしょう。

大人になって知人の子供の運動会なんかでピラミッドを見るたびになんか怪我しそうでヒヤヒヤします。


[91]>75 暖かくなって欲しいですね itst1975

今週末スキーに行く予定です。 その頃には、暖かくなって欲しいな


[92]万物が清らかに明るく輝く春「清明」 CandyPot

春分のあとにやってくる清明は、まさに春本番。桜をはじめ様々な花が咲き誇る、とても美しい季節ですね。

私が初めてこの名前を知ったのは、中学の入学式の後だったと思います。式が終わって初めての教室に入ると、担任の先生が開口一番に、みんな、今ごろの時期をなんて呼ぶか知ってるか?とおっしゃったんです。みんな元気に「はるー」と答えました。

すると先生は、黒板に大きく「清明」と書いて、「たしかに今は春だけど、4月の上旬から中旬にかけての期間のことを清明と呼ぶ。天も地も清らかに明るく輝く季節なんだ。」

さらに先生は黒板にだーっと横に長い線を引いて、カッカッカッとそれを三等分にして、「玄鳥至」「鴻雁北」「虹始見」と書きました。そして、「げんちょうとはツバメのこと。ツバメが日本にやってくるのが清明の最初の時期。続いてこれはちょっと難しい字だけれど、ようするに鳥の雁のこと。ツバメがやってくる玄鳥至を過ぎると今度は雁は北に帰っていく時期になるんだ。続いてやってくるのがこれ、にじ、はじめて、あらわる。清明の次にやってくる穀雨、つまり作物を育てる雨の季節が近くなると、明るい春の太陽と雨が合わさって虹が見える。こんなふうに春の中にも色んな春があるんだ。」

そして先生は続けました。「こんなふうに、春一つをとっても色んな移り変わりがある。一年なんてあっという間かもしれないけど、毎日がどこか昨日と違う。そんな毎日の特別に気付きながら過ごしていったら、一年はとても長い。とても充実した毎日になっていくと思う。先生はみんなとそういう一年を過ごしたいと思う。」

先生は「あ、自己紹介がまだだったな」と言いながら、「清明」の前に○○と名字を書いて、「先生の名前は○○きよあき。よろしくな。」

これで、ちょっと難しい話に戸惑っていた教室が、どっと笑いに包まれました。春の先生だね、うん、春の先生だと女子の間から声が聞こえてくると、男子が「同じ春なら俺はお花見先生がいい」と言って、さらにみんなを笑わせました。

春。桜が咲き始めると、清明先生の言葉を思い出します。天が明るく輝き、地にも花が咲き誇り、人も新たな人生のステージに立つ春本番。続いてやってくる穀雨の雨も、自分を育ててくれる雨だと思えば、笑顔で空を見上げられます。


[93]>85 紅組VS白組 twillco

懐かしいですね!!

運動会には紅白帽子をかぶるのですが、毎度ウルトラマン帽子にして

遊んでいた記憶があります(笑)

玉入れ、大玉転がしなど全て紅白色になっていて

思い出すだけでなつかしい!!

大人になっても、もう一度体験してみたいです。

あの頃は何とも思わなかったけど、紅白に分かれて競い合うのって

楽しいですよね。


[94]>90 組体操 twillco

というと私はウォーターボーイズを思い出します。

矢倉という組み技がありましたが

プールの中で、よくあんなに高い所まで行けるなと思いました。

あの映画がきっかけで、一般の学生でも流行って学園祭でやる人が増えましたよね。

ドラマ版にもなり、あの最後の緊張が画面を通しても伝わり

とても感動したのを思い出します。


[95]>77 プレゼントのリボン twillco

私は以前友人にプレゼントした時、ちょうど良いリボンが無くて

自分で毛糸を手編みして、手作りリボンを作った頃があります。

リボン部分はお花を編んで

取り外したときには髪を結ぶシュシュとしても使えるようにしたので

プレゼント+@にもなり大変喜んでくれました♪

こうゆう他に使い道のあるリボンもいいですよね。


[96]>78 ピンクリボン koume-1124

私の車にもピンクリボンがついています。

ピンクリボンマークって色んなグッズが出てるんですよ。

ピンバッジやネックレス、キーホルダー、タオルなど!

私の知り合いも乳がんで亡くなった方がいます。

マンモグラフィは30歳からなのでまだ受けられないのですが

機会が来たら絶対受けたいですね。

自分でセルフチェックする事も重要です。

以前TVでやってましたが「肉まんの中に梅干しの種を埋め込み

肉まんの上から梅干しを押さえる」

これが乳がんを発見したときのシコリの堅さが似ているんだとか!

気になる方は実践してみるといいですよ。


[97]>94 組体操 MASAMITI

僕のところも組体操しました。〔ピラミッド・タワー〕

練習ではあまり成功しなかったけど本番ではなる功しました!

僕は一番下でした。

肘が痛かったです。


[98]>41 やった! to-ching

啓蟄も過ぎてもう春が来る!


[99]>91 三寒四温 to-ching

今は暖かい日が4日続いて3日寒い日が続く。お体ご自愛のほど


[100]>66 髪にリボン otayori

恥ずかしながら、高校の時、髪にリボンつけてました。地味な色&デザインならOKだったのです。

今思うと、なんで流行ってたのかわかりません。だいーぶ前のお話です。


[101]>96 ピンクリボン willingness

一人一人が、アイコンを世間に向けて示すことによって、徐々にではあるかもしれませんが、世の中に浸透し、防ぐことのできる乳がんを予防できるかもしれません。そういった一歩一歩の努力を大事にしたいですね。


[102]>93 紅白 willingness

懐かしいです。小学校のとき、騎馬戦の大将になって勝つことができたのはいまでも良い思い出だと思います。競い合いながら色々大事なことを学んだ気がします。


[103]>95 プレゼントのリボン willingness

もらったプレゼントのリボンは、人にちょっとしたものをあげるときに装飾に使えますよね。お洒落な紙袋だったり、とっておくと後々使えて良いですよね。


[104]>82 春一番 willingness

思っていたより激しいものなんですね。なんだかほんわかしたイメージを持っていました。ただ、春を迎えるまでには色々大変なことがあるというのは、象徴的な感じがしますね。


[105]>89 来年のことを言うと鬼が笑う willingness

私は、今を一所懸命にいきることが必要であるのに、今を見失って先の話ばかりをすることを戒める言葉だと思っていました。取らぬ狸の皮算用みたいに、ついつい先ばかり見てしまいますね。


[106]>88 クラス替え willingness

一大イベントでしたよね。好きな子の近くかどうか、先生から見えにくい一課など、色々気にしていました。


[107]>97 組体操 willingness

厳しい先生だったので、相当練習をさせられました。しかし、両親が録画したVHSを見せてもらうと、綺麗に揃った組体操がすごくかっこよく映っていました。自分達のやったことが意外と凄かったんだーと不思議な気がしました。


[108]桃始笑 sumike

今日3月13日は「桃始笑」です。

「ももはじめてさく」と読みます。

歳時記カレンダーによると3月11日から15日までが桃始笑にあたります。

七十二侯とは古代中国で考案された季節を表す方式で、二十四節気を更に細かく分けたものです。

一候が5日程度と短く地域差や年毎の気候の違いにより、現実とはそぐわないことも多くあくまで目安ですが、

季節の移ろいを気象や動植物の成長・行動などで表しています。

ただ同じ桃の花が咲く日でも、日中国では桃始華といい、日本では桃始笑なんです。

桃のつぼみが開くさまを「笑」ということばで表現するところが、

なんともかわいらしいですね。

訓読みなのも、なかなかよい感じです。

桜の花とはまた違った可憐な桃の花、春のほのぼのとした暖かさを感じます。

ちなみに3月26日からは「桜始開=さくらはじめてひらく」だそうです。

桜は開くのですねw

たまには、こうやって言葉で季節を感じるのも面白いですね。


[109]>106 クラス替え sinozaki62

女子とかだとすぐグループを作ってしまうので仲の良い子とクラスが離れてしまう不安にいつも悩まされてましたね(笑)分かれたら分かれたでなんとなく別の子のグループになじめるけれどやっぱりあの頃は誰々ちゃんと別れたら仲間はずれに!とかオロオロしちゃう一大イベントでした。


[110]>107 組体操 sinozaki62

体重を気にしていたのでいっつも率先して下になってました(笑)

辛い思いするより誰かに「重い!」って思われるのが嫌で嫌で(笑)


[111]>104 春一番 sinozaki62

冬から春はいっつも風の吹く地域なもので

これが春一番か!って思える実感がないですね?なんかいっつもピューピュー吹いててニュースで言われて「え?今日だったの」みたいなびっくり感があります。

子供の頃は春のさわやか?なふわんとした風が吹いてくるものだとずっと思ってたのにあんなに強いなんてw


[112]>103 プレゼントのリボン sinozaki62

おめでたいときとかのプレゼントだったらものすごくゴテゴテに可愛くしてあげたいです。外の包装を一目みて楽しい嬉しい感じがあらわせられるような色々なラッピングを見ると心が躍りますv


[113]>102 紅白 sinozaki62

小学校の時は3つか4つの地域ごとに組をつくって運動会をしていたので紅白はなかったのですが高校の時に二つに分かれて球技大会をして戦ったことがあります。

なんかこう組み分けされるとやっぱり普段仲良かった子でもまけるもんか!なライバル心が芽生えてきたり、逆にちょっと手加減してやるかって皆ばらばらで楽しかったです。


[114]>101 ピンクリボン sinozaki62

全然存在を知らなかったのでいつもアレはなんだろうと不思議でした。

たまたまカー用品を買いに行ったときに見つけてその趣旨をしってなるほどーと思いましたね。

色々な種類があってもっとみんなに広く広まれば良いのにと思いました。


[115]>100 髪にリボン sinozaki62

一度でいいからふわふわキラキラまるでキャンディキャンディな世界の住人になってリボンを巻いてみたいです(笑)

昔から男勝りだったせいで母がかわいいものを付けようとすると反発してたのですが、今になって思うとあんなのできるのは一時期だけだったんだから大人しくやってれば良かったと後悔・・・フリルの似合う顔になりたいー(笑)


[116]>81 新体操のリボン sinozaki62

どうしても朝倉南ちゃんを思い出してしまいます。

リボンの演技は新体操の中で一番目を奪われてしまいますね。


[117]>73 桜開花 sinozaki62

毎朝さくら前線が北上してくるのをニュースでみるのが楽しい時期になってきました!


[118]>55 リボンむすび sinozaki62

いまだに立て結びになってしまいます><

何回直してもふと忘れた頃に癖なのか戻ってます。

綺麗なぴんっとしたリボンを結べるのがあこがれますよー


[119]さくら gtyuji_77

速く桜咲かないかな


[120]組み立てキット TomCat

組み立てキット。手作りに必要な素材やパーツ一式がセットになった物。これは楽しいですよね。色んな組み立てキットがあります。たとえばプラモデルなんていうのはその代表格でしょう。

私が馴染み深いのは電子工作キット。店頭でビニール袋に入ってぶら下がっているゲルマラジオから、苦労して海外から取り寄せた巨大出力のリニアアンプまで、色んなキットを組み立てました。

PCの組み立てキットなんていうのもありますよね。スペックはピンキリですが、しっかり仕様を煮詰めて自分に合ったキットを選択すれば、市販のメーカー機を買うよりはるかに自分の目的にピッタリ合ったマシンが作れる可能性があります。しかもキットのPCは汎用性の高いパーツの組み合わせになっていることがほとんどですから、後々のグレードアップがたやすいというメリットがあります。

木工作のキットなんていうのも楽しいですよね。小さな飾り棚から本格的な家具に至るまで、様々なキットがあります。通販の普通の家具も届いたら自分で組み立てるものがほとんどですが、本格的なキットになると細かい部分の加工から塗装まで自分自身で手がける物が多いですから、ただの組立家具を超えた、物作りの楽しさが味わえます。

大きな物になると、家屋の組み立てキットなんていうのもあったりします。日本の場合は建築関係の法令が厳しいですから、一から自分自身で建てていくのは難しいですが、それでもハーフビルド、つまり建築確認に関わる基本部分は専門家が設計・施工し、それ以外の内外装工事などをDIYでやるといった家のキットも現れはじめています。これは楽しそうですよね。外壁も塗ってない、床も天上も貼ってないといった状態の家を、好みの素材をチョイスしながら、自分自身の手で完成させていくんです。終の棲家を自分で作る。映画「海辺の家」の感動が味わえそうです。

http://q.hatena.ne.jp/1191214559/119243/#i119243

ほかにも、様々なジャンルから、それは色々な組み立てキットがリリースされています。中には子供だましな物もありますが、一般には市販されていない特殊な素材やパーツがキットなら手に入るという場合もありますから、自作のベテランが高度な自作を楽しむために敢えてキットを購入する、なんていうことも、そう珍しい話ではありません。

さて、例によって前置きが長くなってしまいましたが、

イエはてな2周年スペシャル企画“Message Together!計画”で、私はこんな提案をさせて頂きました。憶えている方、いらっしゃるでしょうか。

いわしで話題になった手作りの話題をセット化してお届けする「リブ・ラブ・キット」シリーズTomCat

http://q.hatena.ne.jp/1225773579/190764/#i190764

関連して、こんなアイデアも提案して頂きました。

メッセージ・アウトプットに対応した新コンテンツプラン「リブ・ラブ・ハンドメイド」

id:CandyPotさん

http://q.hatena.ne.jp/1225773579/191459/#i191459

なんかね、最近、イエはてなのいわしが、ちょっと変質しちゃってますよね。今まで長い年月をかけて積み重ねてきたイエはてなの特色が、言っちゃ悪いですけどネットのどこを見ても普通に転がっているような月並みな雑談の中に埋もれちゃってるんです。

そういうイエはてな本来の姿を、新しくここにやって来る人達に強くアピールしていこうじゃありませんか。

そこでです。みんなで「私家版リブ・ラブ・キット」のアイデアを考え合っていきませんか。もちろんそれを流通に乗せて売り出そうってわけじゃありません。でも、私達の力だけでも、

  1. いつものいわしで手作りの楽しさや成果を披露することに加えて、
  2. その具体的な製作方法や手順、コツなどを分かりやすく説明することに心がけ、
  3. 必要な材料の調達方法のガイドも添えていく。

この三拍子が揃った書き込みが出来れば、それはもう限りなくキットに近い書き込みと言えるではありませんか。

キットとは「一式」という意味ですよね。製作に必要な材料も込みの完全キットではありませんが、製作に必要な情報だけは一式揃えた「知識のキット」。そういう書き込みが増えてくれば、「きっと」(笑)、暮らしをクリエイトしていくというイエはてな本来の姿が、すぐ取り戻せると思うんです。

DIYでも手芸でも料理でも、とりあえず何かを作ったら、それを「製作記事」にまとめられるように、情報をストックしておきましょう。そして関連するテーマが巡ってきたら、それを書くべし、書くべし!!

そういう書き込みを読んで新たに仲間に加わってくれる人が増えてこそ、イエはてなの発展があります。指向は人それぞれ様々ですから、みんながみんな同じ方向を向いている必要はありません。でも、イエはてなの目的とか目標といったベーシックな部分では、みんなの理解がしっかり噛み合ってないといけないと思うんです。そんな、これからずっと腕を「」んで一緒に歩んで行ける仲間を増やしていく力のある書き込みで、イエはてなの骨「」みをしっかり打ち立てていきましょう。


[121]>119 開花待ち eiyan

いよいよ今年も本番の開花待ちですね!

何処かで早くも咲いてる所があったけど、あれは何でしょうね?

今年の開花はゆっくりらしいですね。


[122]>63 黄色いリボン eiyan

そうですね。

あの映画のハイライトシーンは魅了しますね。

何か自分がその場面の主人公になった気分。

果たして黄色いリボンがたなびいているか?

不安をかき消す沢山の黄色いリボンを見つけた時にはもう自然と涙が溢れ出しましたね。

この文字を書き込んでいるだけでも感涙する自分が存在しているのは何でしょうかね?

何度思い返しても感涙します。

永遠の感動もの映画です。

最近の映画にはこの様な感動もの映画がないのは悲しい事ですね。


[123]>120 キット eiyan

良いですね。

今までの様な気軽に簡単に組み立てたり利用出来るパーツキットが少なくなったのは残念です。

提案も素晴らしいですね。

いつも素敵なメッセージで感動してます。

ハテナポイントで進呈される”キット組み立て”に期待したいですね。


[124]>84 一粒万倍日 eiyan

この一粒万倍日に事を始めれば上手くいくといわれていますね。

それでこの日に種を蒔いたり宝くじを購入したりしますが、上手くいくとは限りませんね。

でも難を少なくするには良いと言われる源があるのでしょうね。

悪い事が纏わる事はしない方が良いですね。


[125]>43eiyan

組と聞けばどうしても悪い印象は拭えない。

学校時代でも組み替えと聞けば嫌な感じがする。

組むという事事態は良い事なのにね。


[126]>65 リボン eiyan

リボンは送り人送られる人とのメッセージ付き架け橋。

気持ちの交流はほのかな淡い心。

心と心の掛け橋は人と人の郷愁を感じますね。


[127]>121 ゆっくり to-ching

その方が何だかのんびりして好きです。まだ寒く氷点下の時がある当地ですが、待ちどうしいです。


[128]>22 日常茶判事 eiyan

有りすぎて困ってしまいます。

一寸という気持ちが違う名になってしまう。

困るのは自分ですけどね!


[129]>72 「木」でした to-ching

桜、竹、もみじ、私は渋く松組でした。


[130]>108 節季 eiyan

未だ寒い最近の時期にこんな節季があるのですね。

梅、桜の間の桃。

花の合間にあるのは不思議です。


[131]>92 清明 eiyan

正に清く明るい時期ですね。

こんな時期には災害も少ないかな?

後が怖いですね。


[132]>98 ずれ eiyan

実際には地球の空気が熱の伝導を遅くさせる役目で寒暖の時期がおよそ2ヶ月位ずれるそうですね。

だから、夏至の6月から少しずれて夏が来て、冬至の12月から少しずれて真冬が来るのですね。

地球温暖化は地球規模だから相当なずれがあるそうですね。

それでこれからも地球温暖化は進むそうですね。


[133]>109 クラス替え mooxa

小学校の頃は2クラスだったので、あまり楽しみはなかったですね。先生が誰になるかは、興味がありましたけど。

中学生になると、7クラスになりましたので。先生が誰になるかも含めてとても楽しみでした。


[134]>125 組織 mooxa

組織に入れば、それだけで一体感が生まれますから、組織の中に入っているというのは、ある種の安心感がありますよね。

その組織の指針というか方向性が自分にあっていれば、ですが。


[135]一人一人の心に広げたい「白いリボン」の願い Fuel

イエはてなではもう白いリボンが何を意味するシンボルなのか、みんな知っていると思います。でも一般によく知れ渡っているかというと…。

白いリボンが他のリボン運動と違うのは、特定の推進団体を持たないということでしょう。アメリカの学生の間で自発的に始まったこの運動は、平和を願う個人の力だけで広まっていったものと思います。どこかの組織が制定したり、何かの団体が推進したりしてきたものではありませんから、政府も企業も、どこも何もやってくれません。でもそれだからこそ、純粋に個人の意志で「私は平和を願っています」という心が表せるところが、白いリボンの特色ではないかと思います。


私は、本当の平和とは、思想や宗教や国や民族の違いをこえたところにあると思います。どんな人でも等しく願う、誰の暴力にも脅かされない安定した暮らし。それを思想や宗教や国や民族の異なる人々の犠牲無しに実現していこうとする願いが、本当の平和への願いだと思います。


こういう願いを特定の利害に関係した団体が推進することはできません。国にも、政党にも、それは無理でしょう。だから個人の意志で「テロも戦争もいやです、どんな理由があろうとも殺し合いだけは避けてください」と本当に素朴な願いを表す印としての白いリボンが貴重なんだと思います。


と、こう書いていても、平和というスローガンは今まで政争の具に使われすぎてきましたから、何だか素直に受け取りきれない部分が、きっと皆さんの中にもあると思うんです。とても大切なことなのに、政治の手垢が付きすぎてしまって素直に叫べない。それが私たちの時代の「平和」という言葉だと思います。だから言葉に代えてリボンで表す。そういう行動をみんなで起こしていこうではありませんか。


一人の人間が失われるだけで、いったいどれだけの人が悲しむでしょう。そして、一人の存在が消えるだけで、いったいどれだけの人の運命が変わってしまうでしょう。それがとてつもなく大量に起こってしまうのが戦争です。それを嫌だと思う自然な心を、難しい理屈抜きで素直に表していける白いリボンを、一人一人の心に広げていきたいと思います。恋人同士は小指と小指が赤い糸で結ばれているなんて言いますが、平和を願う人たちの心も白いリボンで結ばれている。そんな社会を作りたいと思います。皆さんもお出かけの時にはどこかに一つ、白いリボンを結んでください。


[136]>129 幼稚園の組 mooxa

私も普通に、「もも」とか「ばら」でしたね。

「さくら」組になりたかったんですけど、残念ながらなれませんでした。

今でも同じ組になった子の顔や名前は憶えていますね。不思議なものです。


[137]>127 さくら mooxa

この時期になると、何だか妙にわくわくしてきますよね。

さくらはこちらでは3月下旬ということです。

あと10日ほどでしょうか。

今年もさくらを存分に楽しみたいですね。


[138]>124 一粒万倍日 mooxa

一粒万倍日というのが、祖母の家の日めくりカレンダーにありました。

いったい何の日なのだろうか、ととても不思議だったのを憶えています。

一粒の種が万倍に実るという、端的に言えば、吉日ということなんですね。

一粒万倍日が来るのがちょっと楽しみになりました!


[139]>117 さくらの開花 mooxa

高地ではもう見られるんですね。羨ましい限りです。本当にこの時期はわくわくします。

そう言えば、梅前線というのは、あまり大きく取り上げられませんよね。近くの公園で梅が満開なのを見て、もう咲いているのかとちょっと不意打ちをくらったような気持ちになりました。


[140]>113 紅白 mooxa

運動会で紅白にわかれ、得点を競っていくのは、学年の違う子たちとも一体感が生まれて、とてもわくわくします。

小学1年生の時、6年生のお兄ちゃんにおぶってもらっての「おんぶ競走」というのがありました。

とても速くてちょっとこわかったんですが、爽快でもありましたね。


[141]>110 組体操 mooxa

2人とか3人で行う組体操は、やっていて面白いものでしたが、

タワーとかピラミッドとなると、落下したり、転倒したりしないかな、とちょっと心配になりましたね。

ピラミッドを最後に崩すのは、やっている人はちょっと痛いですけど、見ている人には壮観ですよね。


[142]>40 クラス mooxa

幼稚園のころを除けば、私もずっと「1組、2組…」でしたね。

まあ、それが一番オーソドックスなのかもしれませんね。

私は、何故か1組になることが多くて、3組とか5組になりたいとうっすらと思っていましたね。

1組って何かと1番にやらされますからね。


[143]>118 リボン結び mooxa

幼稚園のころに、リボン結びが練習できるキットがあったのを憶えています。

私はそれで必死に練習したので、できるようになりました。

最近はひも靴も履いていないので、リボン結びをする機会は本当に少なくなりましたね。


[144]>143 リボン結び ds-i1

あれは難しいですね。今でもできません(やべー!)


[145]>123 プラモデル to-ching

良く作りました、第二次世界大戦の飛行機、戦艦、戦車等々!お小遣いためて買い作りました。難しすぎて完成出来ないものも沢山ありました。おかげで戦争のこと、歴史に興味を持ちました。趣味と言うのは知識がいろいろ波及して行くのが楽しいです。また、手がある程度器用になったのかも・・・今はプラモデルと言えばガンダム、悪いとは言いませんが寂しいです。また、若い人はだんだん作らなくなり、手の不器用な若者が増えていること、戦争は悪いことだけれど知らなければならないことなのに、まったく知識が無く悲しい思いがします。そりゃ、ガンダムの「一年戦争」?と言うのも楽しいのかも知れないですが・・・


[146]シルバーリボン TinkerBell

銀のリボンをご存じでしょうか。

これは脳や心に起因する病気への偏見をなくし、理解を促進することを目指した運動のシンボルです。


脳や心の病気は、とても多岐にわたります。

脳機能障害や脳血管障害、神経性の疾患、そして様々な精神疾患や発達障害、知的障害。

認知症などもこの中に入りますね。

最近は、こうした病気や障害の存在だけは、よく知られるようになってきていると思います。

でもまだまだよく理解されていなかったり、あるいはいわれなき偏見が根強く残っていたりするのが今の社会ではないでしょうか。

それを変えていこうというのがシルバーリボンです。


シルバーリボンは、他の様々なリボンにメッセージを込めた運動と同じくアメリカが発祥です。

最初にこの運動を始めたのは、カリフォルニア州に住むジーン・リーシティという女性でした。

ジーンさんの長男が統合失調症にかかってしまいまったのです。

日本ではかつて精神分裂と呼ばれていた病気です。

ジーンさんたちは様々な偏見や差別に苦しめられました。

しかしジーンさんとその家族は、自分たちが立ち上がることでそうした偏見や差別をなくしていこうと、手作りの銀色リボンのバッヂを作り、周囲の人たちに着用してもらう運動を始めたのでした。

それが1993年のことだったそうです。

やがてこの運動はアメリカ国内のみならず、日本をはじめとするいくつかの国にも広がり、脳に起因する病気や障害を持つ人やその家族のことを理解し支えていく運動として、少しずつ広がりを見せてきています。


日本にも、いえ、私たちの周りにも、脳や心に起因する病気や障害を抱えている人がたくさんいますね。

でも、こうした病気のことがよく理解されていない今の社会では、そうした病気を指す心ない言葉がいまだに残っていることからもわかるように、たくさんの偏見がよどんでいます。


「シルバーリボン・キャンペーン・フォー・ザ・ブレイン・日本事務局」というところのサイトには、次のような文章が書かれていました。

脳に障害がある人について、書面で全てを説明することは困難ですが、自然界を例にとって考えてみて下さい。例えばヒマワリの種をまいたとします。その種が全部芽を出し、元気に育つわけではありません。芽が出なかったり、発育が遅れたり、葉が枯れたり、色が違ったりと、それぞれ様々ですが、この現象は、自然界の真の姿であり、それは人間の世界でも同様なのです。彼らは脳に障害を持つことを望んで生まれたのではありません。だから、私たちは、脳に障害がある人を優しく気づかい、共に生活していく責任があるのです。

http://www7.ocn.ne.jp/~lax/SR.html


本当にその通りだと思います。

人間は、出荷する作物じゃないんです。

花屋さんに出荷するヒマワリなら、育ちがよく大きな花が咲くヒマワリだけが価値あるヒマワリかもしれませんが、自然界ではどんなヒマワリにだって価値の違いなんてありません。

これはあらゆる病気や障害と呼ばれているものについて同じだと思います。

どんな人にも、個性の違いこそあっても、価値の違いなんてあるはずがありません。

そういう理解のもとに、あらゆる人間を大切にしていく運動。

それがシルバーリボンなんだろうと思います。


まだシルバーリボンは小さな運動です。

知らない人の方が多いかもしれません。

私もこれを知ったのはつい最近です。

でも、どうか皆さんも心の中に、銀のリボンを付けてください。

ネットでは、人を蔑む言葉として、わざと病気や障害を意味する言葉を使おうとする人が少なくありません。

PCの前に座る時にみんなが心の中に銀のリボンを付けるだけでも、ずいぶん世の中が変わってくると思います。

そしてそれは巡り巡って、自分のことも大切にされる世の中につながっていくと思います。

銀のリボンは、この地球に生きていく全ての人のための運動です。


[147]何とか組 to-ching

昔良く建設会社や輸送業等に「組」と付いていました。しかし「組」はやっぱり、イメージがだんだん悪くなり、会社名の変更も多くなったと思います。知り合いの運送業社も「組」を削除。トラックの社名マークから不細工に「組」が消され、何かやり切れない感じがしたものです。

「組」と言うので一番有名なものは江戸時代の火消しでしょうか?色々な組名が在ったそうですが、さすがに「へ」組は無かったとのことです。蛇足ながら・・・


[148]>142 私の頃は to-ching

一学年で7?10クラスくらいありました、団塊の世代の数年後でもこんなに多かったんです。


[149]>144 リボン結び theresia57

リボン結びは、とっても便利な結びかたのひとつですよね。

ほかの結びかたをほとんど知らないくらいです。

もやい結びなんて、むかし教えてもらった記憶があるのですが、見事に忘れてしまっています。


[150]>148 うちも theresia57

うちも中学、高校では、7クラスから9クラスほどありましたね。

結構多いので、みんなの知らないまま卒業式を迎えてしまうことも。

3年の終わりのころになって、こんな子同じ学年にいたのか…と思うんです^^


[151]>137 サクラ theresia57

花といえば、やっぱりサクラですよね!

なかでも、サクラの代表といえば、ソメイヨシノ。

ソメイヨシノとカタカナで書いても、染井吉野と漢字で書いても、なんとも情緒ただよう感じですよね。


[152]>141 組体操 dark0402

学校の体育祭で、万里の長城ってやつをやったな。

全学年の男子を3つに等しく分けて一組がひざ立ちして、その後ろにまた一組がしゃがんで、その上に人が乗って、下の人たちが立ち上がって、そのまま数十メートル歩く、というのをやった。こわかったなあ。


[153]>152 組体操 theresia57

組体操、なつかしいですね…。

小学校と中学校でやりましたね。

好きなのは、「おうぎ」や「ウェーブ」などの簡単にできてきれいなものです。

大人数でのピラミッドもやったことがありますが、なかなかに危険なものがありますよね。


[154]>136 組の名前 theresia57

幼稚園のころ、面白かったのが、つぼみ組というのがありましたね。

自分はまだ、つぼみなのかと思っていました^^

ちゅーりっぷ組というのがあって、それがひらながなのが何となくぎこちなかったですね。


[155]ドラムセット C2H5OH

「いくつかでひと組のセットで幸せを呼ぶモノ」の一つに、ドラムセットがあると思います。私はドラムに関しては門外漢で詳しいことはよくわかっていませんが、太鼓とシンバルという昔からある楽器が組み合わさったことで、太鼓だけの演奏法ともシンバルだけの演奏法とも全く異なる新しい演奏法が誕生したことは、人類の音楽の歴史を塗り替える大発明だったのではないでしょうか。

音楽に助けられたり力づけられたりして、そのおかげでFORTUNEを掴むチャンスを得た人は少なくないと思いますが、もしドラムセットがこの世に誕生していなかったら、今の音楽は全く違った物になっていたと思うのです。そうしたら音楽によって得られる幸せも、また違った形になっていたかもしれません。


特にドラムセットの発明で最も画期的だったのは「足」を使うベースドラムとハイハットシンバルだと思います。人は音楽を聞くと自然に足が動いてリズムを刻むものですが、ドラムセットが生み出される以前には、その自然な動作が音になって現れる楽器は無かったと思います。あるとすれば、それはせいぜい演奏に興奮した聴衆が足を踏みならす音くらいだったでしょう。ところがドラムセットの誕生によって、その足で刻むリズムが音楽の中心に踊り出たのです。これはすごいことだと思いませんか。リズムには様々なパターンが存在しますが、今の音楽はドラムビートと呼ばれる、ドラムセットが存在しなければ生まれてこなかったリズムパターンで出来ています。


また手と足を同時に使って全身でリズムを表現するあり方は、音楽にとてつもなく熱いものをもたらしました。もしドラムセットが生まれていなかったら、今の音楽はずいぶん淡々とした物になっていたのではないかと思います。ドラマーの手足の動きと聴いている人の体の躍動が一体となるドラムセットの存在が、どれほど演奏者と聴き手の距離を縮めてくれたか分かりません。


最後に、実際に叩ける人には笑われてしまいそうですが、最も簡単なドラムの叩き方の一端をご紹介してみたいと思います。ぜひ音楽に合わせて手足を動かしてみてください。今まで見えなかった音楽の中身が見えてきて、さらに音楽との距離が縮まって行くと思います。

たとえば「ドンツッチャドン、ドンツッチャドン」といったリズムがあったとしたら、まず右手は「チッチッチッチッ、チッチッチッチッ」と等間隔にリズムを刻んでいきましょう。これはハイハットシンバル(足で踏んで開閉させられるシンバル)を叩く手です。

左手は「ドンツッチャドン」の「チャ」のところだけ。これはスネアドラム、つまり小太鼓を叩く手です。

足は右足を「ドンツッチャドン」の「ドン」の部分だけ。これはベースドラム、つまり足で踏み鳴らす大太鼓です。

このタイミングを図にするとこんな感じになります。

右手 ●●●●●●●●
左手   ●   ● 
右足 ●  ●●  ●

これは最も単純なパターンなので、左足は使っていません。左足はハイハットのペダルを踏んで、シンバルを閉じた状態に保持するためだけに使います。


どうでしょう。音楽に合わせて、ちょっとこんな手足の動きをやってみませんか。ただ聴くだけだった音楽がより身近に感じられて、グッと楽しくなってくると思います。気分が落ち込んでいたり、なぜか今ひとつ元気が出ないなどという時にも、この「エアードラム」は効果絶大です。


ドラマー・ハザマさんには笑われてしまいそうな書き込みになってしまったと思います。不備な点多々ありますことお許しください。いつかハザマさんのドラム談義もお聞きしてみたいです。


[156]八朔 watena

果物のことではなく、暦の言葉の八朔、八月朔日(旧暦一日)のお話です。旧暦の8月は今でいう9月に相当しますから、もう早稲なら穂が実ります。これを祝ったのが八朔です。

八朔の行事は地域によって色々あるようで、たとえば村の神様にお酒を供え、お下げした御神酒と竹筒を持って田畑に行き、各田畑の入り口に御神酒を注いだ竹筒を立てて回る。あるいは初穂を摘んでお世話になった人や親しい人などに贈るなどの習慣が見られます。


昔はこの日は節句と同じように大切にされ、八朔の節句、田の実の節句などと呼びならわされていました。地域によっては桃の節句や端午の節句と同じように子供の健やかな成長を願う行事の日ともなっています。一例をあげれば、福岡県芦屋町の八朔の節句(国の『記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財』)などがあります。

http://www.ashikan.jp/a0211_hassaku.htm


「田の実」の音は「頼み」に通じますから、八朔はこれから迎える本格的な収穫における豊作を祈願する「頼み」の農耕儀礼でもありました。これが恩ある人や親しい人に初穂を贈ってこれからもよろしくお願いしますと「頼む」習慣になり、さらに初穂ではなく贈答品を贈る今のお中元やお歳暮のような儀礼にもなっていたそうですが、この「頼み」の行事は現代でも京都の祇園などにしっかりと根付いて残っています。

現代の祇園の八朔は新暦の8月1日に行われますが、この日祇園の芸妓さんや舞妓さんたちは、お正月に匹敵するあでやかな模様の入った黒紋付の正装で、お世話になっているお師匠さんやお茶屋さんなどに日頃の感謝と「頼み」の挨拶をして回ります。


話が農耕儀礼としての八朔に戻りますが、今は八朔に由来する行事を新暦の9月1日に行う所もあるようです。七夕祭りを8月の7日前後に行う場所があるのと同じで、新暦の8月1日を月遅れにしておおよその日取りを一致させるということなのでしょう。

するとこの日は立春から数えて210日目のいわゆる二百十日に当たります。旧暦では閏月の入り方などでいつが二百十日になるかは年によって違いますが、新暦9月1日に行うようになると、八朔は台風被害が出ないようにと祈る風鎮めの行事とも重なります。現代ではあまり聞かれなくなった八朔ですが、各地で行われる風鎮祭などにその名残が見られる所も少なくないと思います。


なお、柑橘類のハッサクは、だいたい旧暦の8月1日あたりから食べ頃になるという意味で、この名が付いたのだそうです。八朔の名を聞いたら、かつては旧暦8月1日に色々な行事が行われていたことを思い出してみてください。そろそろ早稲の初穂が実る時期なんだなぁと思いを馳せるだけでも、何だかとても有り難く幸せな気持ちになってきます。


[157]>139 サクラ開花 theresia57

三寒四温の日々がつづいていますね。

サクラが咲くためには、春のあたたかさだけではだめで、冬の寒さがあってこそ、きれいなサクラの花を咲かせてくれるんですよね。

あと何週間かあとに咲き誇るサクラの花を楽しみにしています。


[158]>140 紅白 theresia57

かけっこなどは、年中することができますが、

玉入れや騎馬戦などは、運動会のときしかできない競技なので、すごく楽しみにしていた記憶があります。

紅組が勝つか白組が勝つかも、ワクワクしましたが、勝っても負けてもがんばったという達成感はなににも変えがたいものでした。


[159]>134 組織 theresia57

組織、とりわけ企業の業務などが適正であるかどうかを調査する「社外監査役」を設置している会社もあるかと思います。やはり、組織を見るうえでは、客観的な眼も必要になってきますからね。


[160]>133 クラス替え theresia57

クラス替えはドキドキしますよね。

小学校のとき、私はある先生が3年間同じだったことがあります。(6年間のうち3年間なので、半分ですね!)

なんというか、注目されていたんでしょうか…


[161]>132 冬至 theresia57

冬至は、12月22日ごろですが、この日を過ぎれば、無性に春が待ち遠しくなるんですよね^^

少しずつ日がながくなっていくというのが、なんともうれしく感じるんです。

気温としては、まだまだ寒い時期なんですが…


[162]>153 組体操 meizhizi87

中学校の運動会で男子が毎年、組体操を披露することになっていました。女子は花笠踊りだったので、それはそれで楽しかったのですが、組体操を間近で見ていていつもハラハラしながらも面白いなぁと思っていました。支える方はつらくないかな、と考えたり。でも技が完成したときは、これぞ人間が生み出した技!と感動したものです。


[163]>39 リボン meizhizi87

私は中学校に入学すると同時に引っ越しをしたので、同じ小学校の友達が中学校にはいません。ドキドキしながら教室に入り、周りの人たちは何となくおしゃべりをしているのに、うまく輪に入っていけません。そんな時に、母に結んでもらったおさげとおさげに付けてもらった赤と緑のチェックのリボンを見て、そのリボンかわいいね、と話しかけてくれた友達がいました。照れくさかったけどうれしかったです。リボンは中学校に入学したときの思い出です。


[164]クラス替え minami0

僕2年の時クラス替えが嫌で大泣きしましたよ《笑


[165]>158 紅白 fumie15

騎馬戦が好きでした。

上に乗るといつもと違う景色が見えました。

棒取り競争ではいつもたくさん人がいる真ん中の棒よりはじっこの棒を取っていました。


[166]>116 新体操のリボン fumie15

きれいで憧れでした。いまでもきれいなリボンが手に入るとくるくる回してしまいます。


[167]>159 組織 fumie15

初めて社会人になった時、親から「組織の人間としてふるまうことを常に頭に入れておきなさい。」と言われました。

最近やっとわかったような気がします、


[168]3のもつ意味 vivisan

私は数字の中でなぜか3あるいは三が好きです。

土曜日に三色団子をいただきました。これを食べながらふと思ったのが、3色で一組になっているものって多いということに気づきました。同じ種類の組み合わせでいくと、終わったばかりのひな祭りに使われる菱餅。この三色はいろんな説があるそうですが、桃の花や太陽を表す赤には邪を祓う力があり、雪に見立てた清浄なる白、そしてやはり魔除けになるヨモギの緑は、新緑や大地を表していて、邪気を払うのが目的だったという説が一般的です。そしてこの三色が桃の花がほころんで残雪の下に緑が芽吹く、春の訪れと健やかな成長を祝う気持ちも表しているのだとか。


他の色で、まずでてくるのが信号の色。青は進め、黄は注意、赤は止まれですが、国旗なんかの色も三色が多いですよね。フランス国旗のトリコロール。これはこの色はフランス革命時にスローガンとして掲げられた「自由・平等・博愛」を象徴しているものですよね。

そして色に関して言えば、色の三原則がそうですよね。シアン・マゼンタ・イエローです。


そして3がつく言葉ってかなり多いですよね。諺でも3がつくものが多くあります。

・石の上にも三年

・早起きは三文の徳

・三日坊主 など

熟語でもつい先日イエはてなでもでてきた「三寒四温」などの四字熟語があります。

こうやって考えてみると、3というのはすわりのよい言葉のようで、三大○○などによく使われています。3つで完結するものがいかに多いことか。

三人娘、御三家、三国志などなど。あ、過去・現在・未来もそうですね。


また、話す時は3つに絞ってしゃべると理解してもらいやすいと教えてもらったことがあります。例えば、3つのポイントがありますという感じで。


いかに私たちの社会において、3というものがいかに多いかということに今更ながら気づきました。そこで少し調べてみるとさまざまな説がありました。

1、陰陽思想

中国から伝来した「陰陽思想」においては奇数が陽、偶数が陰であり、奇数を陽数として尊び偶数を陰数としてきらいます。そして奇数については、1は物事の始まりを表す神聖な数字としています。次にあたる3が最も区切りがよくて、縁起のいい奇数だといわれているということ。


2.まとまり

点で考えてみた場合、1はただの点でしかありえません。2は、2つの点をつなげると線になります。3ですが、この一つ一つの点をつなげるとはじめて三角形の面ができます。3つによってはじめて一筆書きが完成します。ひとつのまとまりになります。

3.みつる

3は「みっつ」とも読みます。これが「満」や「充」に通じていて縁起がよいとされています。


こうやって考えてみると3というものは縁起がよいものなんですね。

私が3が好きなのはよくよく考えてみると、バランスというか調和がとれているように思えるのです。例えば二人が正反対の意見を主張した場合、平行線になることがよくありますが、これが三人になって第三の意見があると、お互いを牽制できますよね。これをあらわしているのが三国同盟です。国家の三権分立のシステムなどはまさにそれです。これが4人になってしまうと話がまとまらなくこともあります。

3つの主張だったり、意見だったりがお互いに均衡がとれているようにも思えます。


中国にはその昔、なべ型の胴体に中空の足が3ついている鼎というものがありました。実際4本足よりも3本足のほうが安定感があるとも言われています。

バランスがよくて縁起のある3は、不思議な力を与えてくれそうです。

「三人寄れば文殊の知恵」という言葉もありますが、私はこれから何を考えていくにしても自分自身、家族、家族以外の人々というかんじで3つを組にして考えていこうかなと思います。安定したものがめぐりめぐって自分自身を幸運にしてくれそうな気がします。


[169]三人組 Catnip

バンドでもお笑いでも、三人組、トリオって多いですね。

ジャズではトリオ形式が構成の基本の一つになっていますし、ロックでも名トリオと呼べる三人組がたくさんいます。

ロックの場合は昔はビートルズのような、ドラム・ベース・リードギター・サイドギターという四人組が基本構成だったと思いますが、超人的な腕前を持つギタリストが多数登場してきたことによって、メロディを受け持つリードギターとコードを受け持つサイドギターという分業の必要が無くなり、基本構成はドラム・ベース・ギターの三人組。四人以上になる場合はキーボードが入るとか、楽器を持たないボーカルが加わるといった構成に変化してきたと思います。


お笑いのトリオは軽演劇の世界からお笑いに転じた由利徹、南利明、八波むと志の三氏による「脱線トリオ」などがその初期のユニットだと思いますが、ボケとツッコミで構成される二人組の漫才とはまた異なった、一人一人の個性が光る新しいお笑いの世界を切り開いたと思います。


洋楽の世界では、ダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラードのシュープリームス、そしてさらに時代を遡ると、日本のカレッジフォークの火付け役ともなった三人組の名前そのままのピーター・ポール&マリーなど。これらの三人組は、どんなに時代がたっても音楽の歴史にしっかり刻まれ続けることでしょう。


フィクションの世界でもアトス、ポルトス、アラミスの三銃士からはじまって、ルパン、次元、五右衛門の三人組、さらにはアニメ「パワーパフガールズ」のブロッサム、バブルス、バターカップの三人組まで、枚挙に暇がありません。


あ、「三匹が斬る」なんていうのもありました。別々に旅をしている3人の浪人が、必ず毎週一つの事件に引き寄せられて偶然集まってしまい、最後には三人で悪党をやっつけるという、お約束満載の痛快時代劇でした。


児童文学で馴染みが深い三人組は、何と言っても「ズッコケ三人組」でしょう。

それいけズッコケ三人組 (こども文学館 (3))

それいけズッコケ三人組 (こども文学館 (3))

  • 作者: 那須 正幹
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • メディア: 単行本

長い年月を子供達に愛され続けてきたこの花山第二小学校六年の三人組は、今や「ズッコケ中年三人組」。この新しいシリーズでは物語の中でみな歳を重ねていき、50歳に達したらタイトルが「ズッコケ熟年三人組」に変わる予定とか。まだまだ三人の物語は果てしなく続いていくようです。

ズッコケ中年三人組

ズッコケ中年三人組

  • 作者: 那須 正幹
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • メディア: 単行本


ところで、現実の私たちの世界での三人組となると、親しさが増して来るに従って特定の二人組の仲が突出してくるなどして、長く三人組を維持していくのはなかなか難しいと思うのですが、いかがでしょうか。


幸い私は学生時代から続く、奇跡のような素晴らしい三人組の一人に加えてもらっています。一人一人は「友」。しかし全員が揃った「仲間」という形も欠かせない。そういう三人組なのです。お互い仕事を持ち、結婚したやつもいるこの三人組が、今もずっと変わらず続いている秘密は何なのでしょう。それは私にも分かりません。でも一つ言えるのは、私達は皆、それぞれの一部だけでなく、大げさに言えば全人格を好きなんだと信じ合える仲間だということ。もちろん人の全てなんて分かるはずがありませんが、まだ知らない部分も含めて、その全てに友情を感じているということ。だから何があっても裏切られたと思うことが有り得ない。そういう仲間なのだと思います。


長く関係を維持していくことが難しい三人組だからこそ、いつまでも変わらない友情がそこにあると信じられる。三人組という言葉は、人生を幸運に導いてくれるキーワードの一つなのかもしれません。


[170]>169 クラシックでもありますね・ nakki1342

クラシック界でも3人のトリオで演奏をするのってあります

ピアノを中心にしたピアノトリオだったり

弦楽三重奏トリオだったりするわけですが

私が好きな今は、なきチェロ奏者もピアノトリオで

室内楽もやってたな・・

ソリストで活躍してた人だったのですがそれとまた違う

音の世界で面白いですよ。


[171]>99 寒の戻り nakki1342

南の島。沖縄でも寒の戻りがあって大変でした。

さすがに雪は降りませんが沖縄に住むものにとっては極寒な状態になってブルブルと

震え上がっていました

その数日前は。もう”夏”か?と明るくしゃべってたからなおさら

その寒さが身にしみたのだと思います。

もう、寒の戻りはないよね・・と

祈っています


[172]>161 夏至。 nakki1342

日焼けは、怖いけれど夏が一番嬉しい身にとっては

夏至が来ると嬉しく感じますね

ここでは、夏至の頃になると梅雨も終わってて

よいよ、本格的な夏が到来してる頃・・

最近の寒の戻りをきつく感じてた身にとっては

夏がホント、待ちどおしいですね

(でもホントは一番すごしやすいのは、風がさわやかだったらと条件がつきますが

今の時期なんです。暑くもなく寒くもないし)


[173]>114 ピンクリボン nakki1342

ピンクリボンは、知ってました。

(女性ですし・・ヤフーのトップページを見て

それが載ってたのも記憶に残ってたから)

リボンによって関心をもち(かわいいな・このリボン、何の意味があるのだろう?)、運動が広まるようになるといいなと思いますね。

ちなみに検索でこんなページを見つけました

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A...アウェアネス・リボン

さまざまなリボンの意味をまとめてるページです。


[174]>115 髪にリボン koume-1124

昔はボーイッシュで髪が長いと父から切れ!と言われていたのリボンをつける事もありませんでした。

でも可愛いリボンや不利不利の洋服に憧れつつ

大人になった今、その反動でリボンや可愛い物が好きになりました。

やっぱ女の子にうまれたら、リボンをつけるのって憧れですよね。


[175]>135 言葉に出せない願いをリボンで表す TomCat

そうなんですよね。白いリボンの運動は、何の推進団体も協力企業も持たない、平和を願う個人の意志だけで受け継がれてきているということが、他のリボン運動との大きな違いなんだと、私もそう思います。。

命を大切にしよう、人間を大切にしよう、人権を尊ぼうといった運動なら、国も自治体も企業も、何のためらいもなく推進のエンジン役を務めていくことが出来ます。

でも、戦争は政治が引き起こすものですから、「平和」という課題に関わってしまえば、必ず政治対立に巻き込まれる。利害対立の中に巻き込まれる。だからどこも手が出せない。それが今の社会なんだと思います。

私達ひとりひとりも、「平和」と言ってしまうと、政治的論争に引きずり込まれないか、政治的なバックを持つ人たちから罵声を浴びせられないか、特殊思想に染まっているとレッテルを貼られないかとビクビクしなければならないのが実情でしょう。実際、ネットで「平和」と書くだけでも、とても勇気が要ることです。

だから、せめて白いリボンを一本、何かに結んで心を表す。このアクションが大切なんだろうと思います。

そして、ピンクのリボンにせよ、オレンジのリボンにせよ、シルバーのリボンにせよ、もちろんブルーのリボンだって、目的は命を尊ぶこと、人間を大切にすることなのですから、あらゆる色のリボンが揃えばそれは白いリボンになるんだという意識が大切ではないかと思います。

全ての命と人間を尊ぶ運動の根底は平和です。戦争は、全てのリボンの目指す社会を破壊します。

あらゆるリボンの願いが光となって合わさっていけば白になる。しかしひとたび戦争を許してしまえば、全てのリボンが黒い弔いのリボンに変わります。ピンクもオレンジもブルーも、全てのリボンを結び合わせて、光にしていく世界を作りたいですね。


[176]>146 これは広めていきたいですね TomCat

銀のリボンは、その目指す目標に対してすら正しい理解が得られにくい、とても難しい運動だと思います。病気や障害といった課題に関しては、それに対する無理解がゆえに、口にすることもはばかられる、関わることをためらわせるという風潮が、今も根強く残っていると思います。

理解を推進しようと呼びかけることすら、それが逆に変な差別につながってしまわないかとためらってしまう。身構えてしまう。だからリボンなんですよね。

リボンなら、それ何?と聞かれた時に、シルバーリボンで検索してみて、wikipediaでも見つかるから、でOKですものね。これなら、難しいことはまだよく分かっていないけど、でもとても大切な課題なんだってことだけは分かるから自分も協力していきたい、っていう人も、どんどん参加していける運動になっていくと思います。

銀のリボンは、この地球に生きていく全ての人のための運動です。

私も、本当にその通りだと思います。これは単なる特定の病気や障害を持った人のための活動ではなく、人間全てが大切にされていく社会を作る運動なんだと思います。


[177]>105 「オニ=御二」説も TomCat

オニは恐い存在ではなく、二、すなわち一の次、未来を司る存在っていう捉え方もあるみたいですよ。この場合、御二のお方は角の生えたアヤカシではなく、神様みたいな存在としてとらえられていたと思います。

そこから推察すると、あくまで私の個人的な考えですが、来年のことを言うと、未来を司られる神様が「よしよし、良い目標を持っておるな」と微笑んでくださるか、あるいは「二は一の上に積み重ねるものじゃぞ、甘い甘い」と一笑に付されてしまうかのどちらか・・・・。ってなことになってくるんじゃないかと思います。

「鬼が人間の寿命を知っている」という説。

これは「オニ=御二」説でも理解できる考え方ですね。そうか。未来を司るお方は、私達の運命もご存じなんだ。私達人間にハッキリ分かるのは「今自分が生きている」ということだけですから、やっぱり今に全力投球が大切なのかもしれませんね。


[178]>147 「組」という呼び方 TomCat

元々は、明治17年から行われた賭博一網打尽の大規模な取り締まりに際して、博徒の多くが土木業の看板を上げて「組」を名乗ったのが始まりと聞いています。もちろん土木業の「組」の名称は、江戸時代の火消し組とか郷士の集まりの何々組、なんていうのから来ていたと思います。歴史的には、土木などの真っ当な仕事に使われていた「組」の名称の方が圧倒的に先ですよね。

それ以前は、裏街道を歩く人たちはその集団を大っぴらには出来なかったわけですから、表の顔の呼び名としては、もっぱら屋号が使われていたようです。たとえば清水次郎長なら屋号は「ヤマチョウ」ですよね。次郎長一家なんという呼び方すら、当時は無かったように聞いています。

ってことは、「組」という名称が反社会組織を連想させるっていう風潮を定着させてしまうと、そういう組織に市民権を与えてしまうってことにつながりますよね。だから、歴史有る社名は、堂々と使って欲しいですよ。それを受けとめる私達も、「組っていったらこっちの方が元祖なんだよね、向こうは偽装のために組って名前を利用しただけ」っていう理解が大切だと思います。「組」って名称に、もう一度名誉復活のチャンスが欲しいですよね。


[179]>168 「天・空・地」、「日・水・土」、「日・月・地」 TomCat

日本にも陰陽思想が伝わる以前から、世界を天と空と地、言い換えると神様の住む世界と、冥界と、この地上の三層構造で出来ている、みたいな考え方があったようです。

松竹梅も、赤い梅が天を、すくっと伸びる竹が空を、冬でも緑を絶やさない松が地を表すという説明があるようです。ちなみに白い梅はどうなんだろうと思ったら、梅の花びらは五弁で、五の数例に対応する色霊は赤だから紅梅も白梅も指し記す意味は同じ、なんだそうです。

中国にはその昔、なべ型の胴体に中空の足が3ついている鼎というものがありました。実際4本足よりも3本足のほうが安定感があるとも言われています。

これはほんと、その通りですね。3点というのは安定の構造です。家屋も木を四角に組んだだけだとヘチャっと潰れてしまいますから、筋交いを入れて二つの三角にして、構造を安定させますものね。

そういや、政治の世界でも「党三役」なんていって、指導者の独裁を避ける機構があったりします。それがうまく機能しないと独善的な党運営になって、国民の支持を失っちゃったりするわけですがw

安定の三。みっつで満つる。この考え、私も大切にしていきたいと思います。独りよがりの考えに陥らないためには、自分と、自分とは立場の違う両極端の人達の意見を聞き、その三つの意見から総合的に判断していくっていう姿勢も大切ですね。


[180]>155 これはすごい組み合わせ TomCat

たしかに、元々ある楽器を組み合わせただけなのに、それが全く新しい音楽を生み出したという、稀に見るすごい楽器ですよね、ドラムって。

C2H5OHさんもバンドをやってらしたとお書きではなかったかと思いますが、私もバンドをやっていて、最もパワーをもらっていた楽器がドラムだったんです。ステージに上ると、みんなちょっと音を出して準備しますよね。その時ドラムが、ズドドドド、とベードラを鳴らすと、それが腹にズシンと来て、それまでの緊張が一気にパワーに変わってくるんです。

私はギターだったんですが、ギターってのは、一人じゃパワーを出せないんですよね。ドラムとベースが下から噴き上げるように押し出してくれてこそ、力が発揮できる楽器なんです。今でもライブで最も興奮するのは、ドラムのズドドドドです。あれを聞くと、ほんと、血が沸いて肉が踊っちゃいます。

エアードラムの効用。私も同感です。よくクラシックファンの描写として、音楽を聞きながら指揮者の真似をするっていうのがありますが、ロックならドラマーの真似ですね。あれはほんと、気分が爽快になります。心の湿気を追い出してFORTUNEを呼び込む絶好の方法の一つですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ