人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電車飛び込み自殺の損害賠償額が遺族に情け容赦なくいくという話しはあるのですが、やや都市伝説的な気がします。自殺のコスト-雨宮処凛 にそれらしきことが書いてあるらしいのですが、本当なのでしょうか?
http://bit.ly/afQxx

●質問者: isogaya
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:損害賠償 自殺 自殺のコスト 都市伝説 雨宮処凛
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● mukomari
●25ポイント

こちらによると

http://information7pavilion7plus7.web.fc2.com/truth018.htm

鉄道自殺については、現在までも色々な噂が囁かれています。

数千万円?数億円とも言われているこの高額な賠償金額は果たして本当の事なのでしょうか?

結論から言うと、この噂は自殺の抑止効果を期待する為に流されたデタラメとなります。

しかし、実際の被害額は数千万円に及ぶ事もあり、

鉄道会社は遺族に対し【全額の損害賠償を請求する】権利は持っています。

仮に遺族を訴えた場合、ほぼ間違いなく勝訴するでしょう。

では、なぜそうしないのか、それには深い理由があります。

もし、家族を亡くして落ち込んでいる遺族に対し数千万円という莫大な請求をして更に追い込んだ場合、

【新たな自殺を生み出す可能性が非常に高い】という事に加え、

やはり、残された遺族に全額の請求などは心情的に行えないという事が大きな理由のようです。

その事から、多くの鉄道会社の場合、遺族に請求するのは【乗客への払戻金】【振り替え輸送にかかった費用】

【車両の修理費】のみとなっており、その額は平均で200?300万程度と言われています。

ただし、こうした事件での損害がこれ以上膨らむ事は鉄道会社にも看過できることではなく、

今後、抑止効果を期待して実際に損害賠償を請求する事は【有り得る】との事です。


同様の質問が多数ありましたので、参考までに貼っておきます。

http://q.hatena.ne.jp/1100025351

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2723406.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014101...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412121...

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1229216.html

http://okwave.jp/qa/q4320523.html


2 ● MEI-ZA-YU
●25ポイント

それらしきことは書いてあるらしいのですが

「飛び込みや捜索でかかったお金を払うのは遺された人達である」

程度のようです。(171ページ~)

http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4872336445/ref=sib_dp_pt#reade...



カスタマーレビューより(一番下)

http://74.125.153.132/search?q=cache:YKbblNXvqtYJ:www.amazon.co....

自殺のコスト・・と聞いて誰もが連想するのは

恐らく駅構内の飛び込みに対する賠償金でしょう。

だけど、もしかして他の手段の自殺でも莫大な金額が発生する?

それが気になり読み始めました。

しかし実際は自殺の準備にかかるお金(薬代など)についての記載はリアルながらも

前述のような期待を満たす驚きは少なかったです。


3 ● TREEG
●25ポイント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412121...

回答者の下から2,3番目については、実録のようです。

損害賠償ということは、民事訴訟になると思いますが、自殺者、本人に請求が来るわけでしょうから、相続の際、財産放棄をすれば済むように思います。

ちなみに、質問にあります、URLについてですが、リンクが消えていますよ。


4 ● かわせみかげ
●25ポイント ベストアンサー

飛び込み自殺が、明確に自殺だと判明すれば損害賠償の請求は行く可能性があります。

ただし、損害賠償するだけ追い詰められている状況が、家庭の金銭面が原因だと、請求すべき金額が回収不可能な為、別の救済措置か保険が働く可能性があります。

車両などの設備自体に保険が掛けられている場合は、その保険を補てんする可能性がある為、請求額が全額か特定額までとなるかは、保険会社での契約によるかと言えます。

ただし、上記はあくまでも自殺だと認定できた場合に限ります。

と言うのも、自殺か他殺か事故かの区分が非常につきにくいのが人身事故の現状であるため、すぐさま自殺と判断し請求できないのが実情かと思います。

首都圏を例にとれば、ホーム上に安全に人が通行できる以上の人員があふれている状況です。

ホーム上を警備員が常駐するわけでもなく、いくつかの駅を警備員が周回して居るだけですので、実の所他殺の可能性や事故の可能性があり断定できません。

突き飛ばしによる殺人事件も多い中、事故の全てを自殺と判断し被害者請求するのであれば、鉄道会社のいいがかりと受け取られ、逆に訴訟団体からの請求が発生してもおかしくありません。

また、JRの新大久保駅で2001年に泥酔客が転落し、救助を行おうとしたカメラマンや留学生が死亡した人身事故がありましたが、JRはその事件後しばらくは駅での事故原因である酒類の取り扱いを辞めたのですが、その後酒類取り扱いを再び再開している為、安全対策面で考えると非常に安全を無視したいわゆるマッチポンプ的な状況を生み出していると言えます。

このような現状で、人身事故を自殺と決めつけて請求する状況があるとすれば、前述と同じように鉄道会社過失と判断されても仕方ありません。

それらを考えると現状では、明確に自殺と判断出来かねないので請求が発生するケースは少ないと言うのが実態では無いでしょうか?

また、自殺を誘発する環境が悪いと鉄道会社側が加害者扱いされるケースもあり得そうです。

近年自殺を誘発する環境を作っていると言われないように、ホームの末端部の蛍光灯を青色などにして自殺を誘発する環境解消しているのは、そう言った理由では無いでしょうか?

http://www.wdic.org/w/RAIL/%E4%BA%BA%E8%BA%AB%E4%BA%8B%E6%95%85


5 ● imac1998
●0ポイント

飛び込み自殺をすると、膨大な額の損害賠償が遺族に請求される場合もあります。

なぜ、遺族が損害賠償しなくてはならないのか。

「飛び込み自殺をした者は、列車の運行を妨害して鉄道会社に損害を与えた。だから、未遂に終われば、自殺を試みた者に損害賠償責任が発生するが、死んでしまったときには、遺産相続という形で遺族に賠償請求が行なわれる。」という見解だそうです。

遺産相続は財産だけではなく負債も相続する。

飛び込み自殺した者の遺族に課せられる損害賠償は負債の請求と言うわけです。

相続放棄すれば損害賠償責任はなくなります。

しかし、相続放棄することがデメリットとなる遺族は、損害賠償するそうです。

金額については、損害額(修理代、乗客、遅れ等)を総合的に算出するので一概には言えません。



http://q.hatena.ne.jp/answer

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ