人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

確定申告。今年、いっしょうけんめい経費を白色で申告したのですが、もう限界かも。
青色申告が魅力に感じます。

それで、”税理士”さんへの依頼を考えているのですが、どうでしょう。”税理士さん”へ”青色申告”や”記帳”の助力をあおぐことは、実利につながるのでしょうか。

年商600万円も超えないくらい、実利400万円くらいの商いですが・・・。どうでしょう・・・。

税金が20万円超えていますが。税理士費用と比べたら、相殺されちゃいそうな気がします。


●質問者: himawari-sun
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:どうでしょう 確定申告 税理士 税金 費用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● Km1967
●60ポイント

年商600万ならば金という利は難しいかもしれぬが作業効率という利は期待できるだろう。

金額面では節約分と相殺もしくは多少足がでる可能性を否定できぬが学習費用と考えれば高くは無いだろう。

何商を営んでいるのかわからぬが取引先を通して相場を聞いてみるなども行ってみてはどうか?

あるいは「税理士 報酬 東京都」といった具合に検索してみてもいいだろう。

適当に検索しただけだが下のように費用を明示している場合もあるので参考に。

http://www.tsujiuchi.com/zeimu/kojin_hosyu.html

◎質問者からの返答

>あるいは「税理士 報酬 東京都」といった具合に検索してみてもいいだろう。

相場が大事ですな。やはり。


2 ● Snufkinski
●10ポイント

私の場合は、はじめから会計ソフトを使って自分でやりました。

記帳や修正も楽ですし、家計簿を入力する感覚で申告書までできてしまいます。

記帳方法などの知識がなくてもできるような仕組みをもったものも多く、

かつ使っていくうちに自然に身についていきます。

ただし、初めの数回の申告時にはソフトで出力する元帳一式や決算書を税理士さんに確認してもらうほうがよいと思います。

減価償却、長期借入金の短期借入金への振り替え、売り掛け、買い掛けの処理など、決算時特有の処理は専門家の知識を借りたほうがいいと思うからです。


法人なりしたのちの現在も、申告時のみ元帳とか決算書やらを税理士さんに確認してもらうだけにしています。

自分でいつでも現状を把握できるのも利点ですね。

年商1億以内であればこれで十分かと。

私の税理士さんは自分でやることを推奨してくれています。


3 ● ラフティング
●10ポイント

「青」でもおのれで申告すれば、税理士費用は不要。


4 ● imac1998
●10ポイント

各地商工会議所の青色申告無料相談がこの時期には行われていると思います。

お近くの商工会議所に行って、説明を無料で受けて会議所加入も検討すると

うやむやにして(別に入らなくても良いですから)アドバイスを受けて

自分で記入するのが良いのでは。

確かに20万では月15000円の顧問契約で赤字ですね・・・

http://www.jcci.or.jp/


5 ● seble
●10ポイント ベストアンサー

税額20万ならご自身で頑張った方が費用的には良いです。

だいたい、最低限の決算料が10万、記帳は別で600万だと10万以上いくと思います。

(伝票千枚で15万?とか、)

それでも税額ゼロにはできないでしょう。

可能性はありますが、400万も実利(粗利ですか?)があるならゼロてのはさすがに、、、

記帳は自分でやり、決算だけ頼んだとしても、最低で10万、節税が10万、プラマイゼロですね。

ピンポイントでの相談を受け付けてくれる場合もありますが、全体を見なければ分からなかったり色々面倒なのであまり良い顔はしないと思います。

(あくまで顧問契約するかどうかの相談が基本です)

記帳がイヤだというなら記帳代行業てのもあります。

もちろんしっかり同じくらいの費用はかかりますが、楽ができます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ