人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

教職の方にお聞きします。

テキストに書いてあることを読めばわかるから、教える必要ないじゃん、という内容を教えるとき、どう教えていますか? テキストの内容は十分に易しいものだとします。

さらに、そのような内容でもついてこれない生徒をどうフォローしてますか?

●質問者: shigelgoog
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:テキスト 教職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kaz
●60ポイント

教職の経験は無いので、家庭教師で行った内容です。


私の場合は、それぞれの生徒が好きな分野、詳しい分野に置き換えた例え話を使いました。

スポーツ(部活)に熱心な子が多かったので、

野球やバスケットなどの技術や練習方法などに例えると、

「そういうことか」「なんとなく分かる気がする(心許ない反応だけど、意外とこれが重要)」

といった反応をしてくれる事が多かったです。


大人数に教える場合はピンポイントな話題は無理ですが、

それでも「多くが勉強よりは知っている話題」はあるので、それを選ぶと良いと思います。


「例えにくい箇所 ≒ 教わる側がつまづきやすい場所」を見つけることが出来たり、

例え話を考える過程で、自分の理解が足りていなかった部分を見つけ、

あらかじめフォローの準備(なんで? と聞かれて答える準備)をする事もできました。

◎質問者からの返答

「例え」の有用性はわかるのですが、ちょっと論点がズレているような気がします。。。

私が本質問で想定している、嫌々教えなければならない内容とは、例えば、パソコンの操作方法であったり、数学の定理を使った計算方法であったりと、いわばマニュアルどおりに作業をすることなのです。

前者については、最初に○○をクリックして、次に××をクリックして…、と、例えが入る余地はありませんよね。これがわからないと言われても、、、テキストに書いてあることを言うだけです。。。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ