人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ソフトウェアの出荷判定に信頼度成長曲線を使用している場合、「○%以上なら出荷を認める」という判定基準を書いた物はどこかにありますでしょうか?


●質問者: garyo
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:ソフトウェア 信頼度
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ko8820
●36ポイント

http://stage.tksc.jaxa.jp/jxithp/seminar/files/wocs2009_keynote4...

契約時に決めるか、社内規定で決めるものだと思いますが・・・。

失礼ですが、、「○%以上なら出荷を認める」というのは根本的に

考え方が間違ってると思います。

1.収束してるかどうか?

2.バグは一定基準検出できたかどうか?

で、品質を決めるものだと思います。

◎質問者からの返答

>1.収束してるかどうか?

の判定をどうするかという話です。

○%と書いたのは、予想残バグ数、バグがすべて除去されている確率など色々な指標があるからです。

社内規定で収束率を決めた場合、その値に決めた理由の説明を求められたとき、どう答えるかという話です。(過去の実績に基づき等はなく何かソースが必要な場合と考えて下さい)


2 ● RON
●36ポイント ベストアンサー

残念ながら製品出荷で、そんな出し方をしているところはないと思います。

建前上は、重大障害0、出荷までに修正完了2件以下、システムテストをオールパス、などと決めるのが普通じゃないですか?信頼度成長曲線で大丈夫でしょう、って考え方はヤバイと思います。

現実はプロマネの経験がモノをいうんじゃないでしょうかねぇ。大昔ですが、プロマネが「ヤバい」と考え、わざと重大障害を一件作って、出荷延期なんてこともしていましたから。

というのも、信頼度成長曲線ってプロットしているのが件数と経過時間ですよね。テストケースの網羅性、トラブルの深刻度、トラブルの多いコンポーネントといった考察がないので、私ならそんな曲線を示されても参考にはなれど、出荷の決断要素にはできないですね。

テスト方法論の団体のurl

http://jasst.jp/index.html

◎質問者からの返答

それがどことはいいませんが、かなりの大手さんが言ってくるんですよ。

最近では大体提出を求められますね。

あと、Jasstは以前、講演もしたことがありますのでよく知っています。


3 ● グラードン
●18ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E9%A0%BC%E5%BA%A6%E6%88%9...参考にして。

◎質問者からの返答

それ書いたの僕だから。

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E4%BF%A1%E9%A0%BC%E5%...


4 ● klogg
●0ポイント

出荷で、そんな出し方をしているところはないと思います。

建前上は、重大障害0、出荷までに修正完了2件以下、システムテストをオールパス、などと決めるのが普通じゃないですか?信頼度成長曲線で大丈夫でしょう、って考え方はヤバイと思います。

現実はプロマネの経験がモノをいうんじゃないでしょうかねぇ。大昔ですが、プロマネが「ヤバい」と考え、わざと重大障害を一件作って、出荷延期なんてこともしていましたから。

というのも、信頼度成長曲線ってプロットしているのが件数と経過時間ですよね。テストケースの網羅性、トラブルの深刻度、トラブルの多いコンポーネントといった考察がないので、私ならそんな曲線を示されても参考にはなれど、出荷の決断要素にはできないですね。

テスト方法論の団体のurl

http://jasst.jp/index.html

◎質問者からの返答

2番の回答の丸コピーですか。通報しておきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この質問に関してですが、コメントにも書きましたが

独立行政法人 情報処理推進機構 IPA発行の「ESQR組込みソフトウェア向け品質作り込みガイド」 PDF版

http://sec.ipa.go.jp/publish/index.html#emb

に「不具合収束率」の定義と参考値が載っているとtwitterで教えてもらいました。

P102に確かに載っていました。こちらを参考にさせて頂きます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ