人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

テレビ番組の一部分(動画や静止画)を、その報道内容の妥当性、つまり偏向報道や虚偽の報道でないかを検証する目的でウェブサイトに掲載する事は違法(引用の範囲に留まると判断されない)でしょうか。明確なラインがなくケースバイケースの場合は判例なども交えて解説して頂けると助かります。

●質問者: supermomonga
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:ウェブサイト スバ テレビ番組 偏向報道 判例
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ホーエンハイム
●23ポイント

著作権法第32条の著作物等の「例外的な無断利用」ができる場合として、

ウ 報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること

が挙げられています。

これに該当すると思います。


ただ、下手に批判すると営業妨害で逆提訴されたり、顔などが写っていれば名誉毀損や肖像権侵害で逆提訴される恐れがあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>これに該当すると思います。

参考URLを拝見させて頂きましたが、条件ア?キ全てを同時に満たす必要はなく、条件ウにのみ該当すれば良いのでしょうか。


>下手に批判すると営業妨害で逆提訴されたり、顔などが写っていれば名誉毀損や肖像権侵害で逆提訴される恐れがあります。

確かにそうですね。その辺りの配慮は十分に行いたいですね。


2 ● Baku7770
●23ポイント ベストアンサー

難しいでしょうね。特に放送内容に批判的な内容を書かれた場合、削除要求あるいは名誉毀損等で

訴えられる程度のことは覚悟の上でおやりになられることになると考えます。

マスコミというのは自身では結構著作権に違反しておきながら、実際自身がやられると噛み付いて

くる業界ですから。

特に裁判になれば

>報道内容の妥当性、つまり偏向報道や虚偽の報道でないかを検証する

ってどういった権限をsupermomongaさんがお持ちで、いきなり公衆にさらす行為をしたのですかと

いった点も争点になり得ると考えます。supermomongaさんがそういった職業についているならいい

のでしょうが。

報道内容が虚偽だと断言できるなら、そのTV局にクレームを入れる、BPOなりBRCなりに

申し出るなり手段はあるじゃないですか。

報道番組といっても女子アナやコメンテーターにはパブリシティがありますから、音声だけなら

まだしも画像を流すこと自体が引用の範囲を超えていると判断されかねません。

最後に、報道番組であろうが番組内容を無許可で流すことを業界は禁じています。

http://www.tv-copyright.jp/about_c/index.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


一応補足しておきますと、私自身がウェブサイトを運営したいといった話でなく、偶然そういったウェブサイトを見かけ疑問に思ったので質問を投稿させて頂いた運びになります。

具体的には、株式会社東京産業新聞社の「ガジェット通信」というネット媒体の記事になります。 http://getnews.jp/archives/51360


3 ● ホーエンハイム
●22ポイント

参考URLを拝見させて頂きましたが、条件ア?キ全てを同時に満たす必要はなく、条件ウにのみ該当すれば良いのでしょうか。

はい、その通りです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● serizawayui
●22ポイント

名誉毀損については、公益性があれば違法性が阻却されます

ただ、公益性の範囲が曖昧で判断に悩むとは思いますが

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ