人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

テレビゲームのように自ら積極的に取り組み、そして時間を忘れて熱中する仕組みを、
仕事や勉強の仕組みづくりにも活かすことができないか、模索しております。

なぜテレビゲームは楽しいのに、仕事や勉強はつまらない、という方が多いのでしょうか。
どうすればテレビゲームの仕組みを、仕事や勉強の仕組みに応用できるのでしょうか。

「テレビゲームは○○だけど、仕事や勉強は××。従って、△△すれば仕事や勉強も楽しくなるのではないか」
「自分の職場では○○という制度があるが、これはテレビゲームの××と同じでモチベーションを高める効果がある」
など、皆さまのご意見をご自由にお聞かせ下さい。

※「つまらないテレビゲームもある。仕事や勉強は楽しい」等の前提自体を否定するご意見はご遠慮下さい
※テレビゲームの対象は、据え置き型ゲーム機、携帯用ゲーム機、オンラインゲーム等を想定しております

●質問者: take65
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:まら オンラインゲーム ゲーム機 テレビゲーム モチベーション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 26/26件

▽最新の回答へ

1 ● hiko4karasu
●10ポイント

読んでみてください。

熱中しやすいのは達成感だそうです。

脳を活かす勉強法

脳を活かす勉強法

  • 作者: 茂木 健一郎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

単純な脳、複雑な「私」

単純な脳、複雑な「私」

  • 作者: 池谷裕二
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


2 ● haya
●10ポイント

たとえば30分やったらゲームとか○○と決めてやると楽しいですよ

でもゲームをするなら短時間で終わるもので

たとえばmixi等のアプリがいいと思います


3 ● ゲート
●25ポイント ベストアンサー

ゲームは、プレイヤーが面白く感じるように作ってあります。

売れないといけないですから。


勉強や仕事はする人が面白くなるようになんて配慮してないですからね。

ゲームは好きだけど、勉強や仕事が面白くないと

感じる人が多くて当然かと思います。


ゲームをやってて思うのは

いいゲームには「サブゴール=小目標」があるということですね。

名作と呼ばれるゲームはこれが絶妙なのが多いんです。

目先にすぐ達成できそうな目標があれば大抵の人間はがんばります。

達成するのって気持ちいいですからね。

そういう簡単な目標をいくつか達成してプレイヤーがゲームに慣れてきたら

ちょっと難しい目標を設定してきたりします。

ずっと簡単な目標だと物足りなくなるからです。

でもその目標で挫折しないように激ムズにはしませんし

ゲームによっては救済処置があったり

さらに小目標をちりばめてきたりします。


逆に言えば、そういう目標が無くなった時は

モチベーションが下がる時でしょう。

ゲームってクリアしたら大体モチベーションなくなりますよね。


アメとムチというか、

簡単すぎず、難しすぎず。

目標が近すぎず、遠すぎず。


こういう制度を作れば

人は自分ががんばってる、とか大変とかそんなに思わずに

いつの間にか勉強や仕事がはかどってたりするんじゃないでしょうかね。

まあ、仕事は色々アクシデントとかありますから

そんな甘くはないかもしれませんが・・・。


実際にRPGみたいな制度を採用してる会社がありましたね。

仕事で実績あげたらレベルが上がる、みたいな。

やっぱりそういう会社は人気あるみたいです。

自分の会社がそういう制度を取らなくても

こっそり個人でそういう制度を作ってみたりすると

めきめき仕事がはかどる気がするのですけどね。


4 ● みなみのこげざかな
●10ポイント

テレビゲームなどはやっぱり好きだからじゃないでしょか。それで、勉強や仕事はツライし面倒くさくてつまんない=嫌いって感じですかね?私は休みは勉強サボってゲームしてます。勉強は苦手が多くて嫌いなので、苦手をつぶしてできるようになればいいんじゃないかと思います。


5 ● たけじん
●25ポイント

仕事や勉強と、ゲームの最大の違いはレスポンスの早さ。

そして、やることに対する気持ち。ホントはやらなくていい物だと、かえってやってしまう。

やらなければならない物は、おもしろくても何かやりにくい。

そこで、レスポンスの早さであれば、

評価者がすぐそばにいて、間髪をいれずにYES・NOを伝える

という方法が考えられる。

そして、その結果が「ポイント」として即座に表示され、これまでの履歴と比較できるようになっている。

日々の生活で行う、「ほうれんそう」にポイントを設け、

速度、頻度、正確さ等に、基準をもとにしたポイントを着ける。

本日のポイントと履歴を参照できるようにする。

と、少なくとも日々の仕事の進め方については、ゲーム感覚で楽しめるのでは?

仕事は、短いスパンと中くらいのスパンがあるので、長期の仕事については、ステージ制として、

各ステージをクリアすることを目的として仕事をする。

日々のポイントやアイテムが良ければ、クリアが簡単になるとか、日数が少なければポイント高いとか。

そんな「励み」がゲーム感覚でついてくれば、おもしろくなるでしょう。

そして、そのポイントが収入に直結するのであれば、力も入るというもの。


1-5件表示/26件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ