人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

水利組合・自治会と、建築確認について教えて下さい。

建物を建てるのに、水路に蓋をして土地への通路にしようとしたら、土地の水利組合から、法外な水路利用料(?)を払わない限り建築確認に協力しない、と言われました。
役所に行っても、全く相手にしてくれません。
土地の自治会からも、法外な自治会費を求められました。
水路利用料(?)も自治会費も、近隣の住人・店舗に比べても法外な値段だと思います。

言われるままに支払わないといけないでしょうか。

●質問者: sika2
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:土地 店舗 建物 建築確認 組合
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● Km1967
●23ポイント

市町村所有であれば安いものだ。役所が相手にしないのは市町村の所有物ではないという事であろう。

適当に検索しただけだが京都府宇治市(水にはうるさいはずだ。宇治茶の宇治だからな。)の場合でも4mx4m年額36800で済むのだが。

http://hananoen.city.uji.kyoto.jp/reiki/reiki_honbun/k1060564001...

使用区分 区別 単位 単価
通路用橋 年額 1平方メートル 2,300

どのような水路に、どのくらいの大きさの蓋になるのか知らんが、蓋の具合によっては水路管理(=水質管理)が難しくなってコスト増/利用料増は不思議でも何でもなかったりする。さらに、立ち退き後の現状回復費として工事費相当額が加味されているとなると法外という言葉も理解はできるが当然という事にもなる。その土地を利用するならば内訳について水利組合からの返答をよくよく聞いたほうが今後のため。


自治会費についても業種や規模(敷地面積やトラック往来数、出入りする人数など)によって周辺住民への配慮などがなされる場合もある。地域によっては一時金として数十万円という額を要求してくる場所もあるようなので、そのあたりは事前調査が必要という事になる。こちらも内訳をよくよく聞いて判断するしかない。


以上は、事業者向けの回答、個人の住居用に対してであれば、あまり無理は言われないはずだ。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

宇治市のHPは参考になりますね。ありがとうございます。

ただ、水路一般に費用がかかるから、その応分負担を求められるのは分かるんですが、他のお宅や店舗に比べて、かなり割高な(というか法外な)値段を付けられているので、狙い撃ちにされているような感じがするのが納得できないところです。

また、値段自体もかなり恣意的な感じだし、その使途も不明なので、区長の懐に入るだけなんじゃないかという点も不満です。

相応のものは支払うので、建築確認に協力させるよう強制できないか、というのが悩みどころです。

ちなみに当方は事業者として、事務所兼店舗を建てる予定です。


2 ● gorugo-xxx
●22ポイント

よくある問題ですな。

基本的知識として心得ていただきたいのですが、建築基準法では進入路がに2m以上接していることが敷地と呼べる物です。

この場合の水路とはどういった内容であるかが問題になります。まず水路もきちんと住所をもった土地の上の構築物である事に着目せねばなりません。つまり水路は他人の土地であり、(おそらく管理者は地方自治区なのでしょう)その上を利用するのは話合いがあるのが

一班的です。水路の上を利用する事自体は自治区との話合いで利用件を書面でもらえれば問題ありません。ただし建物を建築する場合、

県がその判断をしますが、県からみればあなたの土地も水路も民間所有の土地ですから、正確に言えばあなたの土地は水路側は道路に接道していないのです。ただし県は水路所有者(他人の土地)の承諾がある場合で幅2m以上の構造的に満たされた橋として扱いが許される物を構築する時のみ接道とみなしてくれます。

この場合水路を管理している地方自治区の水路上の使用権をもらえないと、あなたの建築予定建造物も大きくひびいてまいります。

ご不満でしょうが水路管理者の条件を緩和できない場合はしかたの無い事だと思われます。利用料を下げてくれるとは思えませんが、

目的のタメなら飲まなくてはいけない条件と考えるほうが得策でしょう。

水路とは土地であり、その所有者がさまざまで、隣接の土地の所有者はその条件が変わってくるのがやっかいな所です。

納得するかなしかはあなたの価値観でお考えください。

{どこかの1級建築士より}

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

ご丁寧な回答で、だいぶ理解出来ました。

要するに、水路を挟んででは接道義務を満たしてないので、接道義務を満たして建築確認を取るためには、水路の管理権者(水利組合)に「うん」と言ってもらわないといけないから、当方が譲歩しなければならない、ということでしょうか。

うーん、しかし、水利組合は、ある意味では公共的な団体なのに、区長の私欲を肥やすのに使われるのが納得しがたいものがあります。

強制的に同意させることはできないですかねぇ。


3 ● Baku7770
●23ポイント ベストアンサー

水利組合という名前が出てきた上に店舗兼事務所ときただけで推測できる内容です。失礼な表現

ですが、周辺は農地で囲まれているような場所かと思われます。

そういった土地柄でしたら、それこそ周辺に悪い噂があっと言う間に拡がりますから、自治会費に

しろ水路占用料にしろ揉めることはお薦めできません。

どの程度の幅の蓋を設けようとされているのか書かれていませんが、自動車が余裕で通れる幅の

蓋を設けるならかなり高額の水路占用料を請求されるのはしょうがないというのが現実のようです。

水路占用料は農業従事者には厚く、それ以外には高額の設定とされている場合が多く、ご近所

より割高とされていますが、私の知っている田舎の駅前にあるスーパーのオーナーは兼業農家で

農繁期には田植えを行っていましたから、ご近所の店舗もそういった事情があるかもしれません。

>相応のものは支払うので、建築確認に協力させるよう強制できないか、というのが悩みどころです。

結論から申し上げますと、土地の一部を田んぼか畑にして農業に従事し、水路の維持管理にも

協力するので相応の占用料にしてくれというのなら可能ですが、それ以外は黙って周辺の農業従事

者より割高の水路占用料をお支払いになるか、もう一つは蓋の幅を極端に狭くする。先日のTV

番組でも日本一運転がうまくなる会社として車幅に合わせた20cm程度の細い橋を2本渡した

だけの会社が紹介されていましたが、そういったことで交渉されるしかありません。

農業従事者が割安なのは、維持管理のボランティアに参加するからです。

法的に強制できるかとなりますと、水利組合は江戸時代あたりから続いている慣習のようで最高

裁の判例でも水利組合に有利になっているようです。

どういった料金体系になっているかは、県の農業委員会か土地改良連合会に確認されれば役所

よりは知っているでしょう。区長という表現もありましたので土地改良区かもしれませんが。

水路占用料・自治会費のいずれも何らかの規約があっての申し入れでしょうから、まずそれを

確認して下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127528...

こういった話しもあることはあります。

http://blog.livedoor.jp/rebornestate2/archives/50741173.html

◎質問者からの返答

ご丁寧なご回答ありがとうございます。

挙げて頂いているリンク先は、まさに、本件と同じような感じです。

交渉ごとで、相手の方が立場が強ければある程度は仕方ないとは思うのですが。

うーん、難しそうですねぇ。

さしあたり規約を確認させてもらいます。


4 ● webshop001
●0ポイント

(はてなにより削除しました)


5 ● ラフティング
●15ポイント

道路の場合には、俗に「私道屋」と呼ばれるその筋の人が介入してくるケースがありますが、私有地である以上、交渉によってのみ解決するしかないというのが実情のようです。

先方の行為・主張を権利濫用として戦いたいということであれば、有名な判例である「宇奈月温泉事件」を紹介します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%A5%88%E6%9C%88%E6%B8%A...

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

挙げて頂いた宇奈月温泉事件ほどには権利の濫用はないですよねぇ。

しょうがないんでしょうか…。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ