人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

腱反射が左右差なく亢進、頚椎中心側に1箇所ヘルニアあり。

この所見で考えられる病名を教えてください。


●質問者: nekodaisuki15
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:ヘルニア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● nomasa
●27ポイント

頚椎ヘルニアの正式な病名です。

1、頚椎椎間板ヘルニア

2、変形性頸椎症

3、変形性脊椎症

4、頚椎後縦靱帯骨化症

5、頚部脊柱管狭窄症

6、頚椎黄靱帯骨化症

1?3の病変が多いようです。

参考にしてください。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。参考にさせていただきます。


2 ● suppadv
●27ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1479645.html

腱反射の亢進


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E9%83%A8%E8%85%B1%E5%8F%8...

反射の亢進

メカニズムの項で触れた通り、腱反射は通常上位運動系から抑制されている。そのため、上位の運動系(錐体路:大脳中心前回?内包?延髄錐体交叉?脊髄側索)に障害があった場合、抑制が無くなるため反射の亢進(過剰に強くなる)がみられる。 これは麻痺がある時の鑑別診断において重要な所見であり、脊髄を含めた中枢側に原因がある運動障害であると診断することができる(錐体路障害)。 特に、膝関節部の膝蓋腱反射が亢進している状態を膝クローヌス、足関節部のアキレス腱反射が亢進している状態を足クローヌスと呼ぶことがある。 反射が亢進している状態は、円滑な日常生活動作(ADL)の阻害因子となる。また、後々、関節の周りを取り巻く筋肉などの軟部組織の硬直化を惹起し、関節拘縮が発生しやすくなる。 反射の強さにも個人差があるが、左右差があって明らかにどちらかが強い場合に有意な亢進と解釈することができる。脊髄腫瘍や椎間板ヘルニアによる障害では左右差は有用である。しかし筋萎縮性側索硬化症では両側性に反射の亢進をきたすため注意を要する。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。参考になりました。


3 ● rytyw
●26ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1479645.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ