人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“イエ・ルポ 2” #054

THEME:「人生と暮らしに大切なことは何?〈家族の口癖&名言集〉」を教えて下さい

「街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!」と展開してきた“イエ・ルポ”の続編コーナーです。“イエ・ルポ 2”では、特にマチとイエ、人と家族のドラマやものがたりを語らっていきませんか?毎回のテーマに沿って、あなたのルポをご投稿下さいね!
豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とルポ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100402

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は4月8日(木)正午で終了させて頂きます。

1270183786
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:4月8日 theme あなた いね おすすめ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 199/199件

▽最新の回答へ

[1]うちの息子、もうすぐ一歳半年の口癖 taknt

何か残念かなと思うようなことがあるとすぐ「あ?あ」と言います。

まだ、言葉がしゃべれないのですが、この「あ?あ」というのだけは言えます。

その「あ?あ」には 感情がこもっているような雰囲気な割には、

本人は たいして気にもせずふりまうところが とても かわいいです。

今のところは「あ?あ」しか言えませんが、もう少ししたら いろいろ

名言を出してくれるのかなと期待しています。


[2]激しく、美味く、美しく iijiman

私の個人的な信条ですみません。

「激しく、美味く、美しく」。

「清く、貧しく、美しく」のパロディーですが・・・

「激しく」は、何事も思い切り徹底的にやろう、ということ。写真展にA1の大判を出したりし始めたのも、その一環ではあります。

「美味く」。折角人間として生まれてきたからには、美味しいモノを飲食しよう、と。といっても、美食三昧に大金をはたくほどの資力はありません。せめて、日々の珈琲はお取り寄せにするとか、時々コンビニで美味しいアイスを買うとか・・・ささやかなものです。

「美しく」。これは、広い意味でそうありたい、と。人から見られて美しい立ち振る舞いをするように心がけたいということもありますが、自分自身納得の行く「美しい」ものを求めたいな、と。

大袈裟な標語を掲げた割りに、大した内容でなくてすみません。


[3]mayumi-goukawa

自分の生きたいように生きろ!!です…

短くてすみません;


[4]何もしない時間 powdersnow

何かをしていない時間というのは、結構大切だと思いますね。

ぼーっと景色に目をやったり、ぼーっと過ごしたり、

無駄なように思えますが、人間、力を入れっぱなしでは持ちませんし。

ゆっくり身体と頭を休めるというだけではなく、

精神的に落ち着けるという意味でも、何もしない時間は取れる生活を送りたいですね。


[5]いただきます、ごちそうさま powdersnow

毎日、欠かさずにとる食事において、「いただきます」と「ごちそうさま」の挨拶は、欠かせませんね。

最近、外食などでは、お金を払っているのに言う必要はないなんていう人もいるようですが、

個人的には、それは全く違う話かと思ってしまいます。

食前、食後の挨拶は、やっぱり毎日の食事への感謝、食材に対する感謝も含まれていると思うんですよ。

お金を払っているからとか、そういうモノではないと思うんですよね。

そういった感謝の気持ちは、きちんと持てた方が良いと思いますね。


[6]家族でも社会でも同じ zenchi

相手を思いやることを忘れると嫌な思いをさせ、やがて争いの火種になります。

家族でも社会でも、実は分かっているようで分かってはいないのです。

相手の立場に立って考えず自分の都合で解釈していることが多いからです。


[7]騙す人間になるより騙される人間になれ。 to-ching

まぁ、正直に生きろと言うことです。祖母あたりが良く言っていた言葉と思います。確かに、祖母は良く人に騙された様です、でも人が良くて正直に生きていたと思います。しかし、今の世の中では通用しないかもしれません、気が付いたら借金だらけと言う事態になって居るのかも?ただ、この精神は忘れないように生活しているつもりでいます。


[8]ご飯を残さないように mandoto57

ご飯を残さないようにはよく言われました。

貧しい国で食べられない人がいるとか、お百姓さんが一生懸命作った米だとか。。。


[9]博打は病気だ! to-ching

父親の口癖です。人とかかわる仕事でしたので、博打で身を滅ぼした人を良く見ていたようです。その罠にはまったら中々正常な生活に戻れないと言う事も良く聞かされました。最近はパチスロ等で大金を失う(勝つ時もある、これが困る)、自分の生活を失う人が沢山いるとの事。彼れらは精神科の医師が言うには「負けたことを忘れる」そうです。正に精神疾患の一部と認識されるのかもしれません。博打で一生苦労した人はいますが、一生安楽に暮す人は決していません。


[10]>8 これは良く言われた・・・ to-ching

今も努めて守っています、若い人は??ですね?


[11]>5 全く同感 to-ching

つい、感謝の気持ちを忘れがちですが、大切なことです。


[12]>1 あ?あ to-ching

私の場合はため息の「あ?あ・・・」ばかり、反省だな・・・


[13]>10 言われた ARASHI13

僕は若いですけど

守るようにしていますよ^^


[14]おじいちゃんの名言? hakurai-yuki

「若い者にはまだまだまけんぞ」という名言を結構聞きます。


[15]初めて耳にした夫の心の中 canorps

私にとっての家族の名言は夫の一言だと思います。

私の夫はあまり自分の心のうちを語る人ではなくて、人をほめたり、ふわふわ言葉を使うことが下手な人物です。

ちくちく言葉はすらすらと出てくる人なので、誤解を受けることも多いタイプの人間かもしれません。

そんな夫が私に言ってくれた言葉があります。

当時私は鬱をわずらっていて、今はこんなに生きること日々の暮らしが楽しくて仕方がないというのに私の思いは自分を消す事ばかりへと向かっていました。

私さえいなくなれば世界中すべてが幸せになると、その時は本当にそう思っていたのです。

食べれず眠れず子供の世話もままならない私に夫が言ってくれた言葉。

お前がつらい今、俺もつらいんだよ。

お前がつらいのに俺だけが幸せになんてなれないんだよ

俺だけが幸せになることもないし、お前だけが幸せになることもない。

お前と俺は一蓮托生なんだ。

お前がそんなに死にたいんなら俺が一緒に死んでやる。

でも本当にそれでいいのか?良く考えてみろ。

不思議なもので、薬を飲んでもよくならなかったのに

この日を境に私の症状は劇的によくなっていったと思います。

あとにもさきにも、こんな風に夫が心の内を吐露してくれることなんてないんじゃないかな。

と思うけど、今の私はどんな夫にもこの言葉が元にあるんだとわかります。

不器用な夫だけど、何より私たちを一番に考えてくれているんだと。

馴れ合いといってしまえばおしまいな様な気もしますが

私と夫は支えあって生きていると思うのです。

相変わらず夫は忙しい毎日を送っています、そんな彼が潰れてしまわないように

私も彼を支えていかなくてはと思います。

彼の言葉がいつも私の支えになっています。

そしてそれは夫や家族だけに限らず、世の中のいろんな人に支えられて今、生かされていると思うのです。


[16]>13 言われてる MASAMITI

僕も守ってます。

先生が世界のどこかに

マンホールのなかに住んでる人がいると話してて、

それを聞いて今は1粒も残さないように

食べるようにしています。


[17]>16 私も言われてました。 mika1001

たまには食べきれず残してしまう時もありますが、

全部食べたときには、ご飯粒は残さないようにきれいに食べます。

6歳の息子も同じです。

でも、主人だけは、そういう風に教えられてないのか、大量に食べるのですが、

きれいに食べてくれません。そういう習慣って直らないもんなんですね・・・。


[18]息子の一言 mika1001

主人と喧嘩して、泣いていたとき、まだ、言葉をしゃべれるようになったばかりの息子が、

笑顔で私に、「いないないばあ」をしてくれました。

もう、かわいくてうれしくて、思わずをぎゅっと抱きしめました。

そんな息子も、もうすぐ、小学生になります。

とてもやさしい自慢の息子です!


[19]>13 みんな gettuge321

けっこうみんな言われたり言ったりしてますよね


[20]>3 かっこいい gettuge321

その言葉かっこいいですね


[21]>17 ご飯を残さないように fgrrrr

残さず食べることを強要され続けたら、食事を楽しむことは難しいですよね。食にトラウマがある人は多いと思います。それって情緒の安定に悪影響ですよね。「残さないでね」よりも「おいしいね」を意識して言いたいなと、改めて思いました。ただ、「残してはいけない」ではなく、「どうして」「どうしたら」を考えることに意味がありますね。


[22]>11 いただきます、ごちそうさま fgrrrr

「いただきます」「ごちそうさま」。諸外国には、「いただきます」や「ごちそうさま」に当たる言葉はありません。日本古来の習慣・文化で、表現豊かな言葉なんですね。「いただきます」「ごちそうさま」。私は、その源にある考え方である「感謝する」という気持ちがこもった、「優しい言葉」だと思っています。「いただきます」「ごちそうさま」を言えばいいという事でもなく、そして、躾や礼儀とか、お金や宗教なども関係なく、そう、その源にある考え方、「 感謝する 」という気持ち。それが大事なのではないでしょうか。


[23]>18 子供はほんとうにすごい。 canorps

子供ってすごいですよね。

ほんの少しの行動で、笑顔を取り戻させてくれる天才ですよね!

私にも三人の娘がいますが、似たような経験があります。

よく、子供に涙を見せてはいけないといわれたこともあるのですが

それも十分承知ですが、やさしさを学んでくれていると思います。

自慢の息子さんも、もうすぐ小学生なんですね。おめでとうございます。

我が家の次女も今年小学生です。

子供の成長はあっという間。

これからもやさしい子供たちに育ってほしいですね。


[24]母の言葉 rin-yao825

「強く生きろ!!!」です。

みじかくてすみません。


[25]俺はみんなと静かに暮らしたいんだ offkey

これは家庭でなにか揉め事や、トラブルが起こったときに父がいう言葉です。

家族同士がいがみあってたわけではないのですが、個人的心情からどことなくぎくしゃくして、

生活のことでいろいろ意見が食い違う時期がありました。

私が片意地はっていたこともあって、このすれ違いはなかなかいい方向へ向かないうちに、

私自身が病気になったり、他の家族が心労で疲れたりと、当時は大きなトラブルではないものの、

結構深刻的でありました。

あのころのトラブルをどう克服していったのか、今ではよく思い出せないのですが、

やがて薄皮をむくように、事態が好転し始めた頃、

家族が集まったときに父親が

「俺は特に大きなことは望まない。ただ、みんなと静かに暮らしたいんだ」

と静かに言ったのです。

この言葉を聞いて、私は今までわがままいっぱいで、全然親孝行してなかったことに恥じ入りました。

その後も、言葉はそのときによって違いますが、家族同士でなんらかの喧嘩があったりすると、

この言葉を口にすることがあって、もしかしたら、最初に気が付く前からこういう言葉を誰かにちょくちょく吐いてたのかな、と

父の家族を愛する思いの深さに、自分の至らなさを感じた次第です。


[26]wwwww aosdnb

長く生きろです。


[27]>24 母の言葉 fgrrrr

先日、あるテレビを見ていたら、上村愛子選手のお母さんの話が出ていました。上村愛子選手は、ご存知のように、日本を代表する、モーグルの選手です。私は、テレビ等で、たまにモーグルなどの競技を観て、いつも思うことは、「神技だな!」ということです。「あんなこと、よくできるな!」というのが正直なところです。一歩、間違えば、大怪我をしてしまいます。実は、モーグルというスポーツは、派手で華やかに見えますが、選手にとっては「恐怖」との戦いという面もあるとのこと。少し意外でした。私は、「恐怖」など克服しているから、あんな“神技”にしか見えない、競技をしているのだと思っていました。そんな競技をする、娘を持ったお母さんの台詞です。「優勝なんかしなくていいから、競技を無事に終えて欲しい!」勝敗がどうこうということよりも、むしろわが子に怪我などがないことの方を、心から願っているということです。私は、当然、「わが子が活躍し優勝して欲しい」と思っているのだろうと、月並みなことを考えていました。もちろん、わが子にいい結果を出して欲しいという気持ちが、全くないわけではないでしょう。でも、スポーツの試合や学校の成績等の結果がいかにあろうとも、「子どもが無事であること」 「真に子どものためになること」・・・を、本当の意味で願う、それが親の子どもへの真の愛だと思います。


[28]>22 いただきます、ごちそうさま gtore

教えられたというよりは、両親や祖父母のまねをしていて、身にしみついたという感じですね。

「いただきます、ごちそうさま」を言わない人を見ると、とても違和感を覚えます。

もちろん、手を合わせることも忘れません。もうこれはセットですよね。


[29]>28 いただきます willingness

他の生き物から命をもらって自分は生きているのだということを生活の中にとりいれるには、いただきますをちゃんということからだとおもいます。わたしは、「いただきます」だけは、どんなときでもかならず言うようにしています。


[30]>21 ご飯を残さない willingness

これは、食料になってくれている動物や植物への最低限の配慮だと思います。楽しく食べられないから残すというのであれば、最初から分量を減らす工夫ができるはずです。また、栄養バランスを考えた場合にも好き嫌いがすくなくなるよう、食育にきをくばることは大人の義務だと思います。


[31]お前が生きてるだけで、俺たちは幸せなんだからな willingness

と、大学に進学して実家を離れるときに、酒を飲んでる父にぽつりと言われました。あまり深刻そうに言わなかったし、さらっと流してしまったけれど、自分の中では熱い想いがこみ上げてました。自分も息子・娘をもったら、彼らの存在があることをシッカリと幸せに感じることができればと思います。


[32]ありがとう willingness

家族の中でも、「ありがとう」がいえると非常に関係が円滑になるということを成人してから学びました。中学生や高校生の時には、中々照れくさくて家族にお礼をいうことなんて無かったですが、ちょっとした感謝を感じたときにそれを口にだすということは、お互いを幸せにしてくれると思います。


[33]>4 何もしない時間 willingness

すごく良く分かります。自分自身でそういった時間を持つことも大切ですし、家族や友人とも何もしないけれどおちつくというような時間をもてるといいと思います。気を使わないけれど、安心して傍にいることのできる関係というのは素敵ですよね。


[34]>31 何よりも生きていること meizhizi87

私の家でも「生きていることが一番大事」と何度も行っています。どんなにつらいことがあっても人間は生きて行かなきゃいけないんだよと教えられました。大事MANブラザーズの「それが大事」という歌の中に、高価な墓石を建てるより安くても生きてる方がすばらしいという歌詞があり、安室奈美恵さんの「NEVER END」という歌の中には、生きてかなきゃいけない涙の日でも、という歌詞があります。全くその通りだと思います。日本は毎年3万人以上の人が自殺しています。いつも胸が痛みます。誰でも泣きたいことやつらいことはあります。だからこそ、命はたった一つでかけがえのないものということを忘れてはならないと思います。


[35]人のせいにしない meizhizi87

ついつい嫌なことがあったりすると愚痴を家族に漏らしてしまう私ですが、時にその考えは違う、と家族に言われるとショックを受けます。家族なんだから私の気持ちを分かって欲しいという甘えもあるのですが、後々考えてみるとやはり自分が悪かったと反省します。嫌なことがあっても人のせいにせず、自分のどこがいけなかったのか、どうすればよかったのかを考えて行動したいです。きっと人のせいにしない人は賢くて人間性も豊かだと思います。

私の高校の友人に、絶対に人の悪口は言わない友人がいました。遊ぶのが大好きで宿題もしなかったり遅刻もしょっちゅうしていたりという友人でしたが、みんなの人気者でした。今でも尊敬する友人です。


[36]>32 ありがとう nakki1342

相手が家族だといろんな意味で”ありがとう”の一言は

言いづらいですよね・・。

照れくさくて・・

相手が家族だけに限りませんが私の場合は

ありがとうと言われる事を期待して自分がある種の行為をして

言われなかった時は、どうしてもがっかりしてしまうもので・・。

だけど照れくさいけれどその一言を少しでも口にしたら

相手も気持ちがいいと思うし

自分も言われる事が増えるんじゃないのかなと思ったりします。

ありがとう、照れずにいえるようになれたらいいな


[37]いらないものは捨てて・・ nakki1342

整理整頓が苦手な私が母に時々言われる言葉です。

正直、自分は、説明するのが難しいのですが

きれい過ぎる場所も苦手でつい、ほっておくと

自分が使う場所はきれいじゃなくなってしまいます

そんなときに母に言われてしまう言葉です。

自分が捨てられずに持っているものは

考えてみるとあまり使われてないものがほとんどかもしれません

ですが・・整理しようとすると捨てられないんですよね・・

すっきり捨てられる気持ちがあったら

どんなにいいだろうと思うのだけど

今の私には・・それができないんですよね


[38]自分で決めたことなら頑張れる tunamushi

仕事でも勉強でも、辛くて投げ出しそうになった時に家族に言われた言葉です。自分で決めたことでしょう、と。何でこんなに辛い思いをしてまで働かなきゃいけないの?勉強しなきゃならないの?と言ったときに、その道を選んだのは自分だよ、と言われてはっとしました。

大学を決めるときも就職先を決めるときも、本人の希望に任せると言っていつも支えてもらっていました。早朝の送り迎えも文句一つ言わずしてくれました。あの時の家族の応援があったからこそ今、自分は頑張っているのだと思います。「自分で決めたことなら頑張れるでしょう」。そうだ、これも自分で決めた道なんだからこんなことでくよくよしていてはいけないと、心の支えになっている言葉です。


[39]>30 ご飯を残さないように Rytandrezone

むしろ「おいしいね」「ありがとう」と感謝の念で食卓を囲めたらいいですね。^^


[40]生きる aosdnb

命ですね短くて済みません


[41]>40 生きる eiyan

生きる事の大切さ。

生きる事の難しさ。

生きる事の意味。

それぞれがそれぞれの使命を持ち成している。

これからもずっと変わらないですね。


[42]>38 決心 eiyan

人は悩み人は迷う。

人はそうして成長する。

悩み疲れて自分で決めた道は一本道。

迷いもなくして突き進む。

それが自分の納得。


[43]>37 不要不急 eiyan

不用品は捨ててといわれるけれどなかなか迷って捨てれない。

後で入用になると保存して見たが、いつまで経っても使えない。

いつの間にやら邪魔者扱い。

邪魔者扱いされる物品こそ良い迷惑。

邪魔者扱いするのなら最初に処分して下さいな。


[44]>2 機敏 eiyan

標語的言葉は時には人を引き付け傷付け抱擁する。

標語言葉って大切ですね。

目標目的標準が基準ですね。


[45]>7 搾取 eiyan

人は騙し騙される生活をしていますね。

食材の漁や物品の売買等はおおっぴらの搾取。

正直者は馬鹿を見るじゃないけれど、本当の事を知れば世の中暗闇ですね。

生活には必需品がある様に、搾取も必要なのですね。


[46]>34 親よりも長く生きる powdersnow

親の立場からすれば、子どもが健康に成長してくれるだけで、十分に嬉しいものだと聞かされますね。

肉体的にも精神的にも、子どもをしっかりと育てると言うことは、とても難しいことだと、

子どもは大人になってから実感します。

自分よりも先に死ぬなというのは、これらを如実に表している言葉でしょうね。


[47]遅刻はするな powdersnow

時間を守れないというのは、とても信用を失うと教えられてきました。

相手を待たせるよりは、自分が先に着いているようにしろと。

そのお陰で、これまでに遅刻をした経験は、よほどの交通機関の乱れを除けば全くありません。

逆に数分なら遅刻のうちに入らないというような感覚の人は、どうなんだろうと思ってしまいますね。

自分が遅れたら、相手の時間を無駄にしてしまうということは、余り考えられないことなんでしょうか。

社会的にも、人間関係的にも、時間を守れるかというのは、

その人の評価に直結する大きなポイントだと思うのですが。


[48]>34 僕もそう思う(^▽^)/ HAGETIBI

誰にでも嫌なことがあったら「それが大事」を聴いてみろ!どうしたらいいのかきっとわかるはずだ!!っと言います(^p^)/


[49]>23 こどもの素朴なしぐさ adgt

色々と気付かされることがある。甥っ子の何気ない意見や、物事をまっすぐに捉えた疑問などは貴重だなぁ。


[50]>46 親よりも長生きする adgt

これが最低限の親孝行な気がする。不幸にもそれができない場合もあるけれど、親の心情としては自分よりも長く生きて欲しいと思うなぁ。


[51]>39 ご飯を残さない adgt

裕福になって、食べ物の大切さも分からなくなってしまうというのは、悲しい国だと思う。


[52]今日やれることは、今日やる powdersnow

何かしなくてはいけないことは、早め早めに片付けようと。

いつでもできることならば、明日ではなく今日やってしまおうということです。

楽しみは後にとっておくなんていう楽しみ方もありますが、

義務やしなくてはいけないことは、やっぱり先に片付けてしまう主義です。

その方が後の憂いもなく楽しむことができますし、

のちのちに何かが生じた時、時間的余裕があれば対応も可能になります。

しなくてはならないことを、溜め込んでしまってはいけませんね。


[53]>9 保証人にだけはなるな adgt

とは口をすっぱくして言われた記憶がある。どんなに仲良くても、どんなに信用できそうな人でも絶対になってはならないと・・・。あれだけ脅されたので、一生なることはないだろうなぁ。


[54]>29 いただきます。ごちそうさま。 adgt

最高に素晴らしい日本語だと思う。宗教的な観点から食前に祈りをささげることは欧米でもあっても、それが文化として習慣の中に溶け込んだ形で繰り返されていることは素晴らしい。


[55]名もなく貧しく恥ずかしく MINT

本当のフレーズは「名もなく貧しく美しく」です。松山善三さんの初監督作品の映画のタイトルで、脚本も松山善三さんご自身が手がけられました。戦中戦後と数々の苦難を乗り越えて生きてきた聾唖の夫婦の一生と、そのあまりにはかない生涯の閉じ方にもかかわらず、貧しくとも美しく生きた両親に誇りを持って生きようと決意する息子の、実話を元にした感動的な物語です。


ところが父は、こんな名作のタイトルをオヤジギャグにしてしまいました。

お父さんそれはひどいようと言うと、父曰く、

「これでいいんだ。お父さんには才能も世渡りのテクニックもないから、いつも恥のかきとおしだった。何度も自分の情けなさに泣いたものさ。でも人に劣る経験の貧しさを正面から見つめることで、努力の大切さを知ったんだ。今もお父さんは、他の人なら簡単にできることでも自分にはできなくて、恥ずかしい思いをすることがたくさんある。だから恥ずかしさをかなぐり捨て一心不乱に努力することができる。どんなにみっともなくても、日々成長しようと努力する心は美しいんだ」

うわぁ。ただのオヤジギャグかと思ったら、とても深い意味が隠されていました。


そういう意味の恥ずかしさかー、てっきりミニスカートでお尻が見えちゃうようなことかと思ったと言ったら、それは「品なく、そそっかしく、恥ずかしくだな」と、また即興のオヤジギャグをかましていました。


でも、人より劣る恥ずかしさをバネに、いまさらこんなことをという恥ずかしさをかなぐり捨てて努力することは、本当に大切だと思います。努力が名声や成功につながるとは限りませんし、努力が富につながるとも限りません。でもそんな下心無しに自分を伸ばしていく喜びを知る人生は美しいと思います。


最近父はだんだん頭のてっぺんが薄くなってきて、おまけに先日差し歯が取れてしまって歯医者さんに行っていました。これじゃ毛もなく歯もなくジジむさくだなとしょんぼりしていましたが、中年になっても日々成長を目指すことを忘れない父は、誰より若い心を持っていると思います。そんな父を私は、「名もなく貧しく美しく」の物語で親の生き方に誇りを持って強く生きようとしていく一郎と同じように尊敬しています。


[56]>51 ご飯を残さないように gtore

これは、よくいわれましたね。

親がそうやっていたので、自然と身につきました。

こういうことが、キチッといえる大人が今はどこくらいいるでしょうか。

ちょっとだけ心配になりますね。


[57]世の中に「絶対」はない gtore

「絶対こうなる」とか「絶対こうでないとおかしい」というと、

「絶対というのは、世の中にはない」とよくいわれました。

もしかすると、こういう可能性もあるかもしれない、とよくよく考えるようになったのも、

この言葉のおかげだと思います。


[58]>35 人のせいにしない gtore

これは、子どものころによくいわれましたね。

事態が悪化すると、ついつい誰かほかの人のせいにしたくなってしまうんですよね。

自然なことかもしれません。

でも、周りの人のせいばかりではないかもしれない、自分の不注意が原因かもしれない、ということに気づかせてくれる。

とっても大切なことばだと思います。


[59]>53 保証人にはなるな atomatom

うちの親も口を酸っぱくして言っておりました。

保証人には絶対になるな、と。

言うだけではなく、親も保証人になってくれませんでした、ぼくが部屋を借りるとき。 ちょっとびっくりしました。

仕方なく会社の上司に保証人になってもらいましたけど。

ここまで徹底して保証人になりたくないうちの親、ちょっと変わってますけどね。


[60]家の周りはきれいにしておくもんだ uguiso

父のが時々もらす言葉です。

物を置きっぱなしで雑然とした庭先は防犯上もよくないですが、

それ以上に、住んでいる人の心を映すと考えているようです。

家の中ももちろんそうですし、仕事においても同じ姿勢のようです。

時間があれば庭の雑草を抜き、周囲を片付けている父の姿はかっこいいなと思います。


[61]>56 ご飯を残さないように tibitora

私もご飯は残さないように食べています。

ご飯(お米)はお茶碗にたくさんよそうのではなくて少し少なめによそっておけば足りなかったらお変わりをすることができるので、たくさん食べたいときはおかわりでそよって食べるようにしています。

おかずも残してしまったら次のご飯のおかずとして食べています。

焼き魚ならほぐしてご飯にのせてお茶漬けに、煮物なら温めなおしたり夏なら冷めたままで。

一度に食べ切れなくても、残った物を捨てるのではなくて後からまたおいしく食べるようにしています^^


[62]>54 いただきますとごちそうさま tibitora

ご飯を食べるときに「いただきます」と食べ終わったときに「ごちそうさま」大切な言葉ですよね。

そのご飯を作ってくれた人や、野菜や動物を育ててくれた人、魚を捕ってくれた人、ご飯になってくれた生き物に感謝をする言葉だと思います。

私がかよっていた幼稚園はおべんとうだったのですが、お昼ご飯の前にいただきますの歌を歌っていました。

細かくは覚えていないんですが

「おべんとおべんとうれしいな?♪おててもきれいにあらったし♪みんなそろっていただきます♪」

のような歌詞の歌でした^^

そのあとにそれぞれ「いただきます」を言ってお弁当タイムでした(笑)


[63]>50 親よりも長生きをする tibitora

親よりも長く生きることは親孝行だと私も思います。

私の母親はもういないので、他で親孝行を出来たかはわからないのですが、「親より長く生きる」というところでは親孝行が出来たと言うことになるのかなあと思います。


[64]同じ aosdnb

外でも内でも同じにする


[65]思いやり aosdnb

誰でも思いやる


[66]wwwwwwww aosdnb

決心


[67]家事の手伝い gameotaku-4649

共に暮らすにはやらなくてはいけないことですが、親がよく言う言葉です。ほぼ毎日言うのですが、これは名言なのしれません。


[68]はやく寝なさい gameotaku-4649

毎日言われます。たぶんこれは名言です。「はやく寝たい」という気持ちはたくさんあるのですが、やるべきことがあって寝れないってことがたくさんありました。


[69]かわいい子には○○させろ TinkerBell

これがずっと前からの母の口癖でした。

「かわいい子には早寝させろー」

「かわいい子にはお手伝いさせろー」

「かわいい子には勉強させろー」

何でもこれです。

小さなころからこれでしたので、おかげで本当の「かわいい子には旅をさせろ」も、母が作った口癖の一種なのかと思っていた時期があるくらいでした。


でも高圧的に「何々しなさい」と言われるより、この方がずっといいですよね。

子供は、頭から「こうしなくちゃだめ」と決めつけられることに一番反発するんです。

言われたことをしたくないわけじゃない。

何々でなければだめと決めつけるような言われ方がいやなんです。


最近、地域の子供活動のお手伝いをさせていただくようになって、そのことを実感しました。

たとえば子供がケンカをはじめちゃったとします。

そういう時「こら、だめ」と割って入ったら、たとえ子供のケンカはおさめられても、根本は何もおさまりません。

ケンカの怒りが不満に変わって、大人に向けられていくだけです。


子供だって、ケンカはだめだっていうことくらい知っています。

でもそれを知っているのに、それでもおさえきれない事情があったということ。

それはよくよくのことだったんだなぁという理解を持ちながら近付いていかないと、子供の心に触れる前に拒絶されてしまいます。


また、小さな子供はまだよく限度を知りませんから、悪気はないのにお友だちを泣かせてしまったりすることもあります。

こういう時も、泣かせた方が悪いと決めつけてかかったりすると、些細なトラブルが子供の心に深い傷を負わせる大事件になりかねません。

もちろん「あんたもすぐ泣くから面白がってやられちゃうのよ」なんて決めつけたら最悪です。


子供は泣いたり泣かされたりして当たり前。

子供の世界に善悪なんてない。

でも、みんなが笑顔で過ごせるにはどうしたらいいか、一緒に考える時間を持ちたいな。

そんな気持ちで近付いていくことがとても大切だなと痛感させられることが何度もありました。


繰り返し高圧的な決めつけを続けていれば、子供は大人に、表面的には従うようになるでしょう。

それが大人にとっての「いい子」なのかもしれません。

でもそれじゃ、大人の指導が機能しないところでは「悪い子」でいてもいいんだと、大人自らが認めてしまうことになります。


しばらく前、規範意識が国作りの柱なんだみたいなことを言っていた人がいました。

でもそれって、規範の例外が認められる場なら何をやってもいいということ。

世の中には国中が軍隊調で、とても規律がしっかりしている国もあります。

でもそういう国は、とても戦争をやりたがります。

国の中では規律が守れるのに、国の外に向かっては平気で殺し合いをしたがる人たち。

監視されているところでは模範的でなければだめ。

そうでない場所なら何をしてもいいから。

そんな人を育てる規律なら、そんなものいりません。

話が急に大きくなってしまいましたが、「こうでなければだめ」と決めつける子供への接し方は、突き詰めていけば、社会や世界のあり方だって左右してしまうくらいの重大問題だと思うんです。


母の「かわいい子には…」も、言い方によっては、こうしないとかわいくないんだから、みたいな誤解を与える恐れもあるかもしれません。

でも、いつも小さかった私を抱きしめて「かわいい」と言い続けていてくれていた母の言葉でしたから、言いつけを聞かなかったらその愛情が消える、なんて思ったことは一度もありませんでした。


今も母は「かわいい子にはごはん作ってほしいなぁ」なんて言っています。

おいしくできると、立ち上がって両手を広げて、

「かわいい子は抱きしめてあげる!」

なんて言い出します。


「いいよぅ、はずかしい」

「あら、かわいくなーい」

「じゃ明日はお母さん作ってよ、おいしかったら抱っこしてあげる」

「槍が降っても作りません!」


こんな会話がいまだにできる家族がいて、とっても幸せな私です。


[70]hiroya228

「愛」が 必要 以上!!


[71]>61 ご飯を残さない jozetora

昔は学校の給食でも昼休みに全部食べるまで残らされていましたね。最近はないんでしょうか?


[72]>25 家族の正直な気持ち jozetora

これは近くにいるからこそ、なかなかきけないのかもしれませんよね。こんな思いを持ってたんだとか、あの時コウ思ってたんだとか後で知ることの方が多いですね。


[73]>62 いただきます ごちそうさま jozetora

これはしっかり躾けられました。つくってくれたひとに感謝をする気持ちは大事ですね。自分が料理をしたときも、いただきます、ごちそうさま、と言ってもらえると嬉しく思います。


[74]>36 ありがとう jozetora

親元を離れて一人暮らしをしてみて、家族の有難さを痛感します。自分は守られていて、色々な部分で良くしてもらっていたんだと思います。これからしっかりと感謝を伝えていきたいですね。


[75]「人生は甘いものにせよ 苦いものにせよ 好ましいものとして役立てよう」 momokuri3

色々悩んでいた時期がありました。そんな私を察してか、父の部屋からこんな曲が流れてきたんです。


この暗い時期にもいとしい友よ

僕の言葉を聞いてくれ

だましたり苦しめたり はずかしめたり

見放したりおどしたりなどはしないから


音楽好きの私の耳は、どんなに悩んでいても、音楽に引っ張られます。私はこの初めて聴く歌に耳を傾けました。


そして、この歌の歌詞は3番までありますが、

(歌詞の全体はこちらをご覧ください

http://www.evesta.jp/lyric/artists/a323725/lyrics/l80107.html)

いつの間にか、その3番が頭の中でローテーションし始めました。

陽の輝きと嵐とは同じ空の

違った表情にしかすぎない


人生を明るいと思うときも暗いと思うときも

僕はけっして人生をののしりたくはない


人生は甘いものにせよ 苦いものにせよ

好ましいものとして役立てよう


歌の歌詞には、わざと訴えたいメッセージの逆の言葉を盛り込んで、肯定するふりをしながら否定するというのがありますから、素直に歌詞の内容を受けとめたわけではありませんでした。でも、ブルースっぽい、絞り出すような素朴な歌い方に、だんだん引き込まれていきました。


あぁ、その通りかもしれない。明るく希望に満ちている時も、暗く沈んでいる時も、どちらも同じ自分の人生。同じ時間の軸の右・左。道が分かれて迷い込んだ場所じゃない。行き着く先が違うわけでもない。


俺は何を悩んでいるんだ。あぁ、違う。悩むのはいいことだ。そうだ、悩むことを嫌がるな俺。希望に膨らますも重く詰まるのも同じ俺の胸。明るく輝くも暗く伏せるも同じ俺の目。だから俺の頭よ、明るいと思う時も暗いと思う時も、どちらも好ましいものとして受けとめろ。


だんだんそんな気持ちになってきました。よく人は、明けない夜はない、なんて言います。でも深く心が沈んでいる時には、自分自身が夜明けを望まなくなってしまうのですから、そんな励ましも届かないことがあります。

しかし、光り輝く昼間の空も、暗い夜空も同じ空なんだ、なぜ同じ空の一方の姿だけを嫌がる必要があると言われれば、それはインパクトがあります。


心が明るく軽くなったとは言いませんが、何となく気持ちの整理が付きかけて、自分の部屋を出てリビングに行きました。すると父も入ってきて、いい歌だろうと、録音した物を渡してくれました。

「元がアナログ盤だから、さっきもそれで聴いてたんだ。それやるから気に入ったら聴いてくれ」

それだけの言葉でしたが、何時間親身になって話を聞いてもらっても得られないようなものが伝わってくる気がしました。


「人生は甘いものにせよ 苦いものにせよ 好ましいものとして役立てよう」

父の直接の言葉ではありませんが、これが私の心に強く響いた父からのメッセージです。


最近ギターを弾きはじめた私は、時々この歌を、無意識のうちに歌っていることがあります。父がいる場所で口ずさんでしまって赤面したこともありましたが(やはり父の術中にはまったことがバレたみたいで恥ずかしい)、素知らぬ顔で続きを歌っていたら、最後のリフレインの所で父がコーラスを付けてきて、即興のセッションのようになりました。父は元バンド屋ですから、こういうのはうまいんです。

以来、

「人生は甘いものにせよ 苦いものにせよ 好ましいものとして役立てよう」

このフレーズは、親子の口癖ならぬ「歌癖」になりつつあります。


※引用歌詞出典

文中の歌詞(書き込みタイトル部分を含む)は「この暗い時期にも」(作詞・作曲 生田敬太郎)より引用

この暗い時期にも(紙ジャケット仕様)

この暗い時期にも(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: 生田敬太郎
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2006-01-25
  • メディア: CD

オリジナル盤は1971年、エレックレコードよりリリース


[76]座るな!しゃがめ! motsura

親父が言った唯一のいい格言。座るとおしりに根っこが生えて動きたくなくなるので、なるべくしゃがめ、と。

でもうち洋式トイレだったから長時間しゃがめないんですよね……


[77]親しいなかにも礼儀あり、 gettuge321

親しい人にも礼儀あり、

家族の中でも、ありがとうが、いえることは,いいと思います


[78]>63 親よりも長生きをする jozetora

たしかにこれは大切。大切な人が自分より先に逝ってしまうのは悲しいこと。


[79]ウチは貧乏 ttz

子供のころに親によく言われたことです。贅沢は出来ないとか、他の家がやっているからって比べるなとか、よく言われました。欲しがっても、そんなに買ってもらえなかったし、いろんなオモチャを持っている友達がうらやましくもありました。今、なんとなくその言葉の意味が分かるような気がします。


[80]好き嫌いをするな・・・など食事に関すること ttz

好き嫌いをするな、一つのものばかり食べずに「三角食べ」をしなさい、飲み物で流し込むな、クチャクチャ音を出して食べるな、などなど、数えればきりがないくらい、食事に関してはかなりいろいろなことを言われましたね。まあ、どれも子供のうちに身に付けなければいけない事なんでしょうね。


[81]>66 wwwwww gettuge321

短いですね!www


[82]>74 ありがとう gtore

感謝の気持ちを口に出して、相手につたえることは、とても大切なことだと思います。

家族のなかでは、してもらうことが当たりまえになってしまいがちですが、

なにかをやってもらったら、やっぱり「ありがとう」と一言いうことが大切ですね。


[83]時間、金、女(異性)にルーズになるな takodam

他人から信用を失うのはこの3つにルーズな人間。


[84]子取りが来るぞ。ガーコが来るぞ。 atomatom

子取りといってもなんのことかわからない方のほうは多いでしょうが、昔は恐れられる存在だったのです、子取り。つまりは子供を取りに来て、どこかに売り飛ばしてしまう、そういう悪い商売をする人のことをそう呼んでいました。

実際にいるのかどうかはともかく、子供のころ、ちょっとでも悪いこと、親の気に入らないことをすると「子取りが来るぞ」と脅かされたものです。


子取りが理解できないもっと小さな頃は、ガーコが来るぞと脅されていました。

たしかアヒルのおもちゃだったと思うのですが、なぜだかぼくはそのおもちゃを怖がってたんですね。それで怖いから押入れにしまってあるはずなんですが、そのおもちゃを出してくるぞ、と脅かされていたわけです。


まあ、親もいそがしかったし、他の子供にも手がかかったし、そういう子供の恐怖心を利用したしつけも仕方なかったのかもしれませんが、子取りに連れて行かれるイメージは恐ろしかったなあ。


[85]>79 ああ、うちもそう思い込まされていました。 atomatom

うちもよく「貧乏、貧乏」と親が言っていました。

実際はそこまで貧乏でもなかったはずなのに、子供には節約を奨励していましたね。

いまだによく覚えているのが缶ジュースを5人で一口ずつ分けて飲んだことです。

大人になったら、1人で1本、飲みきりたいなあと憧れていました。

今の子供はそういう「大人になったら」がないからかわいそうですよね。

ぼくらなんかは「大人になったら」マクドを腹いっぱい食べたいとか、お寿司をイヤと言うほど食べたいとかいろいろ目標がありましたからねえ。


[86]>71 ご飯を残さないように sasyaru

今やったらDQN親が五月蝿そう。。


[87]hjkjfkghy rizumu233

sr、mgcghddytdkd


[88]>32 良い言葉 rizumu233

確かに「ありがとう」は良い言葉ですよね。


[89]>12 はい gettuge321

私も、そんなとき多いです


[90]人生 ta90-31

人生には、いいことがたくさんあるから、長く生きろー。


[91]>47 時間厳守 ttz

社会に出るとさらに重視されますね。時間にルーズな人は信用が得られない。


[92]○○の人は食べたくても食べられない ttz

つまり、ご飯を残すな、ということですが、そういう例えって昔はよくありました。今は、不適切??


[93]無駄遣いをするな ttz

昔っから節約志向の両親。今さらエコだの何だの言われなくてももうとっくに実行してた!という感じです。無駄遣いをするなは、お小遣いでもそうだし、電気だってそうでした。トヨタの「もったいない」精神もそうですが、日本人なら誰にでも少しくらいはエコ精神が根付いているんでしょうね。


[94]同感の人は返信を iklpp-22

一度使ったものは使ったら使う前よりもきれいにする。


[95]>78 親よりも長生きをする otayori

これは両親一致してますねー。何回も言われます。

私も何もできないけど、親よりは長生きしようと努力しようと思っています。


[96]>86 ごはんを残さないように inio

物がありふれた時代で忘れがちだけれど、大切なことですよね。


[97]>94 同感ですが oneness1

実践できてないのが情けないです


[98]>96 親には言われなかったけど oneness1

今は嫁に言われてます


[99]>82 ありがとう oneness1

今でも嫁に言われてます

子供にもそう言うようにしてます


[100]なるようになるさ・ケセラセラ oneness1

困難な状況の時、私達夫婦の精神安定剤です


[101]>98 小さい頃 ARASHI13

小さい頃はなんで残したらいけないんだろ

うという風に思ったことがあります。

はい、よく考えました

今となっては色々わかったので←

食べ物を粗末にしないようにしています

なんかの番組で、世界では食べ物すらあまり食べれない方もいるというのを見たことも今の考えに繋がったんだと思います

量の問題なら量を食べれる分量だけにしたらいいと思いますし。

僕はご飯粒をきれいに食べないと気が済まないというくらいに……

まだ14年しか生きてませんが←


[102]>95 親よりも長生きをする twillco

仲が良かった同級生で、親同士も知っていた子が亡くなったとき

母が泣きながら私に、「親よりも先に死ぬのは最大の親不孝」だと

泣きながら私に言いました。

自分が親になった今、その言葉が痛い程分かります。

自分の子供の死なんて見たくないですよね。

親にも長く生きていて欲しいですが、子供にも長く生きて欲しいです。


[103]>101 ご飯は残すな twillco

祖父がお米を作っている姿を見てきたし

昔は一緒に田植えなど手伝い、今でも朝から畑仕事をしている祖母を見たりしているので

こんなにも一生懸命作ってくれたお米や野菜を残すのは失礼だ

と、小さい頃から両親に言われてきました。

その言葉をそのまま今の娘にも言っています。

食べ物のありがたみを教える為にか家庭菜園もしていますが

やっぱり自分で育てた物は美味しそうに食べてくれるし

残す事も無いので良い勉強になります。


[104]そんなに仕事がいいなら仕事の家の子になればいいでしょ! aside

父も母も多忙で帰宅が夜遅く、出張が多かったです。

留守番も多かったですが、近くの家や、祖父母の家にやっかいになることも多かったです。

親が迎えに来た時に、自宅に帰るのをむずがることも多かったので、

「そんなに○○の家がいいなら○○の家の子になればいいでしょっ!」と言われたのですが、

それに対して「うん、そうする?」と返事し、意気揚々と自宅の荷物をカバンに詰めだして

さらに叱られたりしました。


そういったことが続いたある日、また、

「○○の家の子になればいいでしょ!」を言われたのですが、

そこで弟が返したのが

「だったら父ちゃんも母ちゃんも、そんなに仕事がいいなら仕事の家の子になればいいでしょ!」

です。これに対しては親も「ごめんな…」と謝ってました。

仕事か団らんか、なかなかバランスをとるのが難しいと思います。


そして1カ月後・・・そこには一家団らんで旅行に出かける家族の姿が!

弟「もうよその子になるなんて言ったりは絶対にしないよ」


[105]挨拶はしっかり! twillco

うちは挨拶はしっかりしなさいと

子供の頃から何度も言われてきました。

内気な性格だった為、なかなか恥ずかしがって挨拶が出来ない私に

何度も何度も口酸っぱく言われてきた言葉です。

おかげで、今では内気な性格はあまり治っていなくても

挨拶だけはちゃんと出来るような大人になったつもりです。

挨拶って、やっぱり第一印象が決まる大事なものなので

大きな声で笑顔で挨拶するだけでも、その後の空気が違います。


[106]感動した言葉 baystarsfan

「世界中の人から攻められても必ず味方するからな」

この言葉には感動しました!

愛情が伝わってきます!


[107]>106 感動した言葉 baystarsfan

「失敗は成功の元」

たとえ失敗しても、その失敗は成功へつながる…

そして成功した時の感動…

実に感動します!


[108]>107 感動した言葉 baystarsfan

「諦めない」

諦めたらそこで終わり…

あなたなら出来る…

感動する言葉です!


[109]>108 感動した言葉 baystarsfan

「「今」という時を大切に」

「今」というのは「今」しかない…

今、今この時しかない…

その今を大切に…

感動です…


[110]>109 感動した言葉 baystarsfan

「友達は自分の様に大切に」

自分の友達…

それは自分と同じほど大切…

いつも普通にいる友達の大切さが伝わってきます!


[111]幸せそうな姿を見れることが幸せ siuajj22

両親が昔から言ってくれている言葉です。

他人の幸せを心から喜んだり、一緒になって気持ちをシェアすることは簡単なことでは無いです。

幸せを願ったり、喜んでいるようで、それは心底感じれているものでしょうか?

しかし、心底感じて相手の幸せを自分の幸せのように思えることが出来る対象がひとつだけあります。

それが「家族」では無いでしょうか。

無条件に愛し、無条件に受け入れることのできる存在。

両親は昔から私に言ってくれていたのが、「幸せな姿を見れることが幸せ」

この言葉の意味、小さい頃は解らなかったです。

でもおとなになって、今また言ってくれた時、初めてその言葉の真意を理解出来ました。

親子というのは不思議なもので、そこには相手の幸せにたいする嫉妬は無いもの。

子供が幸せで居てくれると、それと同時に親心としても幸せになれる。

ある意味一心同体な存在なのかもしれません。

私がとても幸せそうに楽しい話しをしていたり、胸をときめかせて過ごしていると、両親もその時とても幸せそうな顔をしてくれます。

私が幸せだと家族までもが幸せになれている気がするのです。

その家族の幸せそうな姿を見て、私はまた幸せになるのです^^

お互いがそうして幸せを感じ会えるそんな家族という存在は大事な大事な宝物です。


[112]>99 ありがとう masa1219

ありがとうって本当に大切ですよね


[113]>112 ありがとう twillco

身近にいる人ほど「ありがとう」とは言いづらいんですよね。

よく母に、お母さんにありがとうなんて言わなくても良いから

他の人に優しくしてもらった時には「ありがとう」といいなさいと言われてきました。

でも、なんだかんだ自分が大人になった時、一番「ありがとう」と伝えたい人は

自分の両親なんですよね。

自分の結婚式の時には今までの「ありがとう」を思い切りぶつけました。

なかなか言う機会もないので、こうして伝える場があって良かったです。

自分の娘にもいつか言ってもらえたらな〜なんて思います。


[114]>64 でもけっこうむずかしい masa1219

んですよね。外ではきっちりしてそうでもどうしても家の中だとぐだっとなちゃいます


[115]>113 ありがとう NazeNani

「あたりまえ」ではなく、感謝の心で。


[116]学びの心:「他人のふり見て、我がふり直せ。」 NazeNani

愚痴を言ったり他人の悪口を言うのではなく、それは自分がより良い人になるための学びの教訓であると教えられました。


[117]継続は力なり NazeNani

子供の頃、色々な習い事をしましたが、たいていが三日坊主だったからか、親によく言われていました。確かに習い事などで上手い人は、根気よく継続している人が多かったので、大切なんだなぁと実感していました。


[118]>116 「他人のふり、見て、我がふり直せ」 otayori

母がよく言っていました。

良いことも悪いことも他人の行動は学ぶこと多いですね。

自分も見られてるって緊張感でてきます。


[119]>115 ありがとう r-zone

なにかをしてもらって「当たり前だと思うな」は良く言われました。

「ありがとう」の気持ちを常に持っていなさいとは母の口癖です。

よく親にありがとうが言えない人がいますが、うちはちゃんと伝えてます。

家族でも言葉にしないと伝わらないとは母も言っています。

ありがとうを「伝えるのが当たり前。」

その心は無くしたくないし、自分に子供が出来ても教えて行きたいです。


[120]>103 ご飯を残さないように r-zone

うちは祖母が野菜を作っていたので

嫌いなものでも残せませんでした。

祖母が一生懸命作っているのを見ていたから。

両親にもお婆ちゃんが作ったから食べなさいよと言われてました。

作った人を目の前にして残せず食べていましたが

今となっては好き嫌いが無くなったのでありがたいです。

いまは祖母の作った野菜も好き嫌い無く美味しく食べています!


[121]>105 挨拶はちゃんとしなさい r-zone

これは両親一緒によく言います。

小さい時には、知らない人に会えば「挨拶しなさい!」

初めてアルバイトを始めたときにも、「挨拶はちゃんと大きな声でしなさいよ」

就職したときにも「挨拶はしっかりね!」とメールで入ってきました。

初対面の人には挨拶って重要ですよね。

未だに言われるので、子供じゃないんだから!と思ってしまいますが

それだけ大事だって事ですよね。


[122]身なりは清潔に r-zone

母がいつも言います。

一人暮らしを初めて、アイロンがけや靴磨きなど

いつもは母任せにしていた事など

改めてやってみると大変で、ちょっと怠けていたらすぐ言われます。

身なりを清潔にしておかないと、それ相応の人にしか出会えないし

仕事もだらしないと思われるからきちんとして行きなさい!と。

確かに、シワシワのワイシャツを来ているサラリーマンは

やる気があっても見えないように見えてしまいますよね。


[123]良い事をして MANAMi

良い事をして

「ありがとう」

それを言ってもらえるから

人はすくすく?

と生きられるのかなぁ


[124]>1 一歳数ヶ月の次男の場合 alpinix

自分でいろんなものをテーブルの上から投げ落としては、下を覗き込んで「あーあ」とわざとらしく"報告"してくれます。「おちてますよー」くらいの感覚でしょうか?

パンとか、食べかけのウィンナーとかならいいのですが、一度陶器の器を放り投げて「あーあ」。

結果ママの大事にしていた器が見事に割れました。

ママも「あーあ」

でも憎めない顔で「あーあ」と話すので怒りもどっかへいってしまったようです。

(僕がやったら不可抗力でも一週間はねちねち言われてるはず・・・)


[125]>42 悩み疲れて gettuge321

人は悩むときも少なくないです、

そんな時にeiyanさんの言葉を思い出すと前に進む勇気がわいてきます


[126]社会に向かってゆく夢 ryou1000

まっすぐコツコツ小さな目標を目指していくということが大切だと思います。


[127]人のためになることをして、 gettuge321

人のためになる人になれと、よく聞きます


[128]>117 絶対そうです! to-ching

この言葉は良いこれにかなうものは無いと思います。


[129]>45 正直に生きる to-ching

と言う事でしょうか?ちゃんと学校に行き、辛い仕事もして、世の中の事を知る、自分の足り無い事も知る。これでしょうかね?


[130]>59 この言葉 to-ching

保証人にはなるな!いまの時代本当にそうです、「保証人になるな!」私なら★三つ!!


[131]便所掃除のコツは・・・ to-ching

「手を使う事」正にこれです。今の人はおそらくこんな事は聞いたことも無いでしょう。汚い所、大事なところの掃除は「手」でしないと本当に綺麗になりません。北海道のもう倒産、企業縮小、吸収されそうなデパートはトイレの清掃が今一!ここから改革せねば!上の人は客の使用するトイレで用をたしてどう思うの?

感想を聞きたい!


[132]>40 わかります gettuge321

わかります命は大事ですからね


[133]「人さまに迷惑かけない」 to-ching

当たり前の事なんですが・・・祖父母、父母には分かって当然、常識以前の事として言われていた言葉です。今の時代、自分が良けりゃ他人はどうでも良い、と言う物の考え方が著しいです。飲食店での勝手な喫煙、大声で話す、席は譲らない、順番は守らない、ゴミをポイ(運転していて吸い殻を!車から)子供を病院で遊ばせ放題、悲しい事にここに上げた悪例が若者では無くて、中高年にも結構いると言う事。どんな教育を受けてきたんだろう?これで良いのか日本、俺たち!


[134]>128 継続は力なり willingness

あきっぽかった私に父親がよく言っていました。お陰で、野球・サッカー・駅伝と、運動については我慢強く続けることができたと思っています。勉強については、出遅れた感じはしますが歳をとった今の方が興味があり、そこにもスポーツで培ったことが生きていると感じています。


[135]>133 人様に迷惑をかけない willingness

すごく大切なことだと思います。公共心を育てる教育というものが、今の日本ではほとんど行われていない現状を考えてみると、家族でこのような姿勢を身につけさせることは非常に重要だと思います。


[136]>134 継続は力なり gtore

この言葉は、よく言われましたね。

勉強は、テストのまえに一気にやるタイプでしたので。

なんでもコツコツやっていくのは、なかなか難しいことですよね。

そのなかに楽しみを見つけたら、ちょっと違ってくるものなんですけどね。


[137]けんかは負けるが勝ち tunamushi

私は子供の頃、友達に何か言われるたびに泣いてしまうような性格でした。実際、とっくみあいのけんかをしてもずっと大泣きです。

でもめそめそ泣いていると、母には「けんかは負けるが勝ちなんだよ」となぐさめてもらいました。

当時は、負けることが勝ち?と意味がよく理解できずにいましたが、だんだん成長するにつれ、「けんかは負けるが勝ち」の意味が分かってきたような気がします。

感情むきだしになるよりは、言いたい人には言わせておけ、くらいの大きな気持ちでなければ人生乗り越えていけません。

負けたって平気よ、と強い気持ちで前向きに進んでいきたいと思える言葉です。


[138]一期一会 gtore

このことばはとっても大切だと思います。

人との出会いは、本当に大切にしたいと思いますね。

ついつい忙しかったりして、相手の顔を見ずに返事をしたりすることもあるかと思いますが、

もし自分だったら、そういうことをされたら嫌なものですよね。

人とわかれるときには、相手の姿が見えなくなるまで手を振ることにしています^^


[139]>130 保証人にだけはなるな gtore

私もこのことはよく教えられましたね。

小さいころからいわれていたので、保証人になってはいけないというのが、もう頭のなかで固まってしまっています。

たしかにどんなに気心が知れた間柄でも、これだけはわからないものですからね…。


[140]>121 挨拶はちゃんとしなさい gtore

これは何度いわれたかわかりませんね。

挨拶をしようとしている、そのときにいわれましたからね^^

それだけ大事なことなんだなと思っていました。

表情や身だしなみも大切ですが、挨拶も第一印象をきめる大切な要素のひとつですよね。


[141]>140 あいさつ powdersnow

人としての基本的なことと教わりましたね。

外の人に対する挨拶だけではなく、まずは身内から。

おはよう、おやすみなさい、いただきます、ごちそうさま、いってきます、ただいま。

この6つは最低限の基本だと心得ています。


[142]>138 一期一会 powdersnow

いつでも会えるように覚えて、年を重ねるごとに会えなくなる人は増えていきますね。

どうせまた会うだろうと思いながら、恐らく二度と会う機会が無いだろう相手。

これまでに何人も思い浮かんでしまいます。

もっと誘えば良かったとか、あれを言えば良かった、逆に言わなければ良かった。

様々な言葉が思い浮かびますね。


[143]>136 続けること powdersnow

最初はつまらなかったり、上手くいかなくても、

続けている間にとても大好きになることもありますよね。

嫌なことを続けても仕方がないというのも一理ありますが、

先入観だけで、きちんと知る前に投げ出してしまうのは、もったいないことです。


[144]>119 ありがとう powdersnow

何かをして貰った時など、感謝の気持ちは大切です。

しかし、それは思っただけでは伝わらない。

きちんと言葉にして、表に出して示すべきものですね。

言わなくても態度で伝わるという美学もありますが、

感謝の気持ちというのは、隠さずに表に出して良いものだと思います。


[145]>57 絶対 powdersnow

世の中、絶対だと思っても、それは希望的観測に過ぎないことが多々ありますね。

結局、人間なんて自分の都合の良い方に捉えてしまいがちです。

きちんと客観的に自分を見ることができるようにしたいですね。

そうすれば、早々は「絶対」なんて都合の良いことがないことが見えてくると思います。


[146]一生懸命 後悔なく ID10810D5031C4D839

勉強も趣味も後悔しないように一生懸命にやりなさいとよくいわれます。まったくそのとおりなので私はこれを家族のなかで名言だと思っています


[147]>145 絶対 gettuge321

自分が、絶対だと思っても、それは8割くらいでしかない、本当の絶対など無いに等しい


[148]>135 人様に迷惑をかけない r-zone

これもよく母が言ってます。

親に迷惑はかけても、人様に迷惑をかけたらダメ!と口酸っぱく言っていました。

小学生の頃にはやんちゃでいたずらっ子だったので、ほどほどにしなさい!とよく怒られました。

今は、ほんとに「叱る」事をしない親が増えてるなと私も思います。

怒られないから「ごめんなさい」側から無い子供が増えてしまう。

町中でも残念に思う事が多いので、親がシッカリこういう事を伝えて行かなくては行けないと思いますね。


[149]>129 正直に生きる r-zone

嘘はつくなと言われてきました。

嘘をついて誰が得する?自分はそれでいいのか?といわれて、正直に生きて後悔する事は1つもないんだから

まっすぐに生きなさいと父に言われた言葉です。

確かに嘘をついて得た幸せなんて心の底から喜べないですし、誰も得にはなりませんよね。


[150]>102 親よりも長生きをする koume-1124

親より先に逝ってしまう事程悲しい物は無いと言われた事があります。

喧嘩したり、怒られたり色々あったけど、こういわれた時はやっぱりなんだかんだ言いながらも大事に思ってくれてるんだなと嬉しくなりました。


[151]>120 ごはんを残さないように koume-1124

私は小さい頃、好き嫌いが激しかったので

嫌いな物でも全部食べなさい!と怒られてました。

作ってくれる人にありがとうの気持ちをこめて

世の中には米粒1つでも食べられない人がいるんだから!と。

それから母親のお手伝いで家庭菜園をしていくうちに色々食べられるようになって、残さなくなりました。

やはり自分が作ったと思い入れのあるものだと

嫌いな物でも大好物になってしまいますね。


[152]>144 ありがとう koume-1124

いいですよね。

言うのも良いですが、言われたらもっと嬉しい言葉です。

この言葉を言われて嫌な気分になる人はいません。

心の部分から来る「ありがとう」の言葉は自分にも何かパワーが貰えるそんな言葉です。

人に感謝をする時はまず「ありがとう」はかかせませんね。


[153]>147 世の中に「絶対」はない koume-1124

世の中の親はやっぱり皆、同じような事言ってるんだなと感じました。

うちの母親もよく言います。

世の中に「絶対」はないから、運転するにも注意深く運転しなさい!

とは、よく車をぶつけてしまう私に言う言葉です。

車をブツけただけで安心していた私に

どこから人が出てくるか分からないんだから

絶対出てこないだろうなんて思ってはダメ!とキツく怒られてしまいました。

確かに、そうですよね。


[154]人は生まれながらにして独りではないということ TomCat

ドラマなどで主人公がニヒルに「生まれる時も死ぬ時も、どうせ人は独りじゃねえか」などと言うシーンがあると、決まって父は「それは違う」と口を挟みました。そしてひとしきり演説が続きます。

「あらゆる生物には個体群という集合がある。群内の個体はそれぞれ必ず何らかの形でつながっている。たとえ群れを作らない生き物だって、個体群というネットワークでつながっているんだ。ましてや群れを作る習性を持つヒトが独りだなんていうことは有り得ない。人は生まれながらにして独りではないんだ!!」

わーぱちぱちと母。息子は、またこれかよとあきれ顔。

TV「人はすぐ裏切るし嘘を付く、俺はどうせ独りなんだ」

「それは違う、あらゆる生物には個体群という集合が・・・・」

TV「社会なんて孤独な人間が群れているだけさ」

「それは違う、あらゆる生物には個体群という・・・・」

TV「もういい、私は生まれた時から独りぼっちだったのよ」

「それは違う、あらゆる生物には・・・・」

あー、もう、テレビに突っ込むなよ、ってなもんです。でも野鳥保護活動にたずさわっていた父にとって、生物は個体群の中で生きている、単独では決して生きられないんだという認識は、譲れない一線だったんでしょうね。

個体群は通常、繁殖の単位となります。個体の数、分布域、それらから割り出される密度、齢構成などの属性によって、出生率や死亡率などが大きく変わってきます。父はこれを個体群の質と呼んでいました。

生まれる時は独り? いいえ、違います。個体群の質によっては、生まれ得ない命だってあるんです。ひとつの命が生まれる時、そこには必ず、その命を生み出し得る質を確保してくれた、個体群の恩恵というものが存在しています。

死ぬ時は独り? それも違います。個体の死は、必ず個体群全体の属性に何らかの影響を与えます。そしてそれが次の命の出生に影響していくんです。だから、死に方が大切なんですよね。個体がどんな最期を迎えるかで、個体群の質が変わってくるんです。

こういうことが分かってくると、

「人を殺しちゃいけないなんて誰が決めた」

「俺の命を俺自身が断って何が悪い」

なんていう倫理上の難問にも、簡単に答えが出てきます。きっと父は、そういうことも含めて、色んなことを私に教えたかったのでしょう。

人も生物。私も生まれる前から、大きな個体群という命のネットワークの中にいたんですね。母を亡くし、父を亡くし、人はこうやって孤独になっていくのかなあ、なんて考えたこともありましたが、でも、今なら分かります。私がもし本当に孤独な存在であるとするならば、その命は最初から生まれてこなかったはずだと。つまり、生きていることそのものが、孤独ではないことの証明だったんです。

よく社会的な人のつながりを指して「人は一人では生きられない」なんて言われますが、それ以前に、生物学的な同種個体間関係で結ばれたたくさんの人々とのつながりがあって、はじめてこの世に生を受けることが出来たということ。父の口癖が与えたくれたこんな気付きが、どれほどに私の人生を支えてきてくれたか、それはもう計り知れません。


[155]感謝をする ryuto-h

食べ物や、友達、それから、大切な家族に、感謝すること。


[156]>155ryuto-h


[157]がんばって gameotaku-4649

過去数百回聞いたことあります。大きな行事に参加するので、朝早く家を出るときや、運動会の前や、マラソンでくたくたになりながらも懸命に走る自分の横からその声がきこえたり・・・。この言葉は家族にいい印象を与えられますね。


[158]>152 いやな気持ちになる人がいないと思う言葉 geizu

たしかに良いです

有りがとうはよい言葉ですよね

感謝してるのに「何だと!」みたいに

怒る人は見たことがないのでいないと思います。


[159]>151 悟飯は残しちゃダメ!? geizu

ですよね?

でも俺は人のことが言えない

俺も残してる(黙

しかし

ご飯を食べられるだけでもとても幸せです。

外国では、ろくに食べられないところもあります。

そして、

服もないようなところも…

とにかく

食べ物を残しちゃダメ!(自分もやれ)


[160]>159 ごはんを残すのを見ると masa1219

ちょっとムカッとします

(自分も残すとき有るんですけど)


[161]親が死んでも食休み iijiman

ええと、「親が死んでも食休み」。

一瞬、「なんという罰当たりな」という感じもいたしますが、これを、86歳の義母が言うのです。

86歳にして「親が死んでも食休み」と言い切って、食事の後には、だらーんとテレビを見ています。

そして、面倒なキッチンの後かたづけを後回しにして、よく義母に叱られています。

聞くところによると、義祖母の家系(?)では昔から「親が死んでも食休み」と言い続けてきたらしいです。

確かに、食休みは体をいたわる知恵の1つではありましょう。

休みもとらず体を酷使していたら、親より先に死んで親不孝になるかもしれません。

慌ただしい現代、ファーストフード全盛の今日に、改めてその言葉の意味を考え直してみるのも、いいのかもしれません。


[162]>161 食職 eiyan

食は人にとって重要職。

食べないと死んでしまう。

生命を奪って生きていく人生は食べる事が忌なんですね。


[163]>157 頑張って! eiyan

身体障害者や精神薄弱者そして、”うつ”者には”頑張って!”は禁句だそうですね!

こんなに頑張ってるのに未だ不足なの?

こんなに頑張ってるのに認めないでより以上に頑張れというのか?

と疑心暗鬼になるそうですね。

健常者というか健康でスポーツを楽しんでいる者にとっては”頑張れ!”という掛け声はより以上に頑張れ!という意味ではなく、その頑張りを持続してね!という願いに近いものですね!

だから、頑張れ!という掛け声はスポーツ界では挨拶の様なもの。

お?すとかおはようみたいなもの。

頑張れ!って言葉は難しいですね。


[164]>14 おじいちゃん eiyan

ありましたね!

最近はそんな言葉を聞かなくなりました。

何故でしょうね?

再び聞いてみたいものですね。


[165]>6 思いやり eiyan

ネットの世界にのめりこんでいる現代はどんどん人情が失われていく感じです。

自分さえ良ければ他人はどうなっても良い。

情報商材を売ってしまえばそれで良い。

そんなネット界が増えていますね。


[166]>15 支えあい eiyan

欝は真面目な人がなりやすいそうですね。

だから物事を真剣に真面目に考えない。

そうなんだ!位に思う事なんですね。

前向きにプラス思考で生活すれば悩まない。

自然の植物は何があっても自我動ですね。


[167]>160 ごはん hakurai-yuki

ありますよねwそういうことww


[168]>58 人のせいにしない koume-1124

言われてましたね。

いつも喧嘩をしては兄弟のせいにしてばかりいた私だったので

よく人のせいにしない!自分が悪い事したのならきちんと自分で謝りなさい!と言われてきました。

当時は怒られるのが嫌でなかなか自分が悪い事を言えなかったりしてましたが

親は悪い事をした事で怒ってたんじゃなくて

正直に自分の過ちを言わなかったから怒ったんだなと

大人になった今なら分かります。


[169]料理は愛情 Fuel

料理研究家、結城貢(ゆうき すすむ)さんの決めゼリフですが、これが母の口癖でもあります。


ところがある時、ネットで次のような趣旨の文章に出会いました。その人いわく、


「料理は愛情」は暴論である。こういう言葉が流布されるから、結婚したら妻は愛情を込めた料理を作らなければならないという決めつけがおこり、夫が喜んで食べてくれない、夫が夕食までに帰ってくれないなどの理由から夫婦間の不和がはじまっていくんだ…と。


まぁ人の意見は様々ですが、これでは母の口癖が完全に否定されることになってしまいます。それでは寂しいので、母の機嫌がいい時を見計らって、こんな意見どう思う?と聞いてみました。そしたら母いわく…。


「愛っていうのは見返りを求めないものでしょ。もちろん誰でも、かけた努力の分は報われたいって思う。子供のバレンタインなんてその典型よね。慣れない手つきで必死にチョコ作りをして、その努力の代償として、君ってなんてすてきな女の子なんだ、っていう賛辞を夢見るのよ。でもそんな望みが強くなりすぎて、努力に対する結果ばかりにこだわりすぎるようになってしまったら、それは愛じゃなくて意地なんだって子供でもわかると思う」


おぉっ、愛と意地との違いですか。これはわかりやすい、実にはっきりした意見です。


「まぁ、子供の意地はかわいいけどね。でも大人がそれをやったら打算になると思わない?毎日『料理は損得勘定』と思って台所に立つのと、『料理は愛情』と思って台所に立つのでは、どっちが楽しいかしら」


たしかに。


「それに、なんで料理は愛情って言葉が、妻にだけ向けられると考えるのかしらね。同じ決めつけをなくすなら、女は作る人、男は食べる人っていう決めつけの方じゃないかと思うのよ。もちろん専業主婦がいる家なら台所は専業主婦が担って当たり前だけど、それでも生活力の基本として、男も最低限の衣食住は担える腕前を持つべきよ。そういう腕前を持った上で、男の人にも堂々と僕の料理も愛情だって言ってほしいものね」


くはぁ、これは手厳しい。

たしかに愛情の名のもとに家事を女に押しつける風潮はあると思います。だからといって愛情を否定すれば女性の地位向上が図れるというものでもなさそうです。それよりは男の側も最低限の料理の腕くらいは身につけて、その上で出された料理に込められた愛情や努力を見抜ける素養を持っていくことが、これからの社会にとっても、家庭にとっても大切なことなんだろうなぁと思った次第です。


軽い口癖に思える言葉にも、けっこうしっかりしたポリシーが隠されているものなんですね。私もいつか独立してイエを構える時が来るでしょう。その時堂々と「料理は愛情」と言える男になっていたいと思います。


先日父と一緒に蕎麦打ちをしていたら、父も「料理は愛情、よいしょ」と言いながら打っていました。お母さんの口癖が移ってるねと言ったら恥ずかしそうな顔をしていましたが、こういうポリシーが伝染していくイエっていうのもいいなぁと思いました。


[170]>89 あーあ masa1219

僕もです


[171]感情は一瞬、後悔は一生 tough

交通標語の「注意一秒ケガ一生」みたいなものですが、これは祖父の口癖だったそうです。それを父が受け継いで、今は私の座右の銘の一つになっています。


一瞬の感情の高ぶりが一生の後悔につながることもある。私もそれを実感したことがありました。スポーツバカで女性などとはまるで縁がなかったと思われている私ですが、高校の一時期、彼女と呼べる相手がいたことがありました。しかし些細なことで言い争いになり、ムカッと来た私は、ひどい言葉を口にしてしまったのです。その一瞬で私たちは終わりました。それ以後、彼女は二度と私に対して微笑みかけてくれることはありませんでした。彼女の友だちからはひどい奴だと言われ、私自身、自分で自分が許せなくなりました。もう最悪でした。


積年の恨み重なる相手に熟考の上で放つ言葉なら、どんなひどい言葉にも後悔はないでしょう。しかし一時の感情の高ぶりは、それよりもひどい言葉を相手に投げかけてしまいます。ほんの一瞬の感情が、傷つけてはならない相手を傷つけ、そして自分自身の幸せも台無しにしてしまいました。もしあの時「感情は一瞬、後悔は一生」という言葉を思い出していたら、私の高校生活は全く違ったものになっていたでしょう。もしかするとそれは、これからの一生すらも変えていくものに育っていたかもしれません。そんな二人分の一生に関わるかもしれなかった全てを台無しにしてしまったのは、私一人のほんの一瞬の感情でした。


何年もの月日が流れた後、彼女と再会し、心から謝ることができる機会を得ました。彼女は笑って、あれも含めていい思い出だったと許してくれましたが、それでも失われた時間が取り戻せるはずはありませんでした。


感情は一瞬、後悔は一生。考えてみると、この言葉を祖父から受け継いでいた父は、子供に対しても感情的な怒りを向けたことが無い人でした。叱られた思い出や怒られた記憶は山ほどありますが、感情的に激高した父は見たことがありませんでした。叱る時はきつく叱る人でしたが、いつも理路整然とした言葉で、反省すべき点を考えさせる叱り方をする人でした。きっと祖父の口癖の真意をしっかり受けとめて、人格を作ってきた人だったのでしょう。私もそれをちゃんと受け継ぎたいと思います。


もちろんそんな父も、社会的な不正などに対しては感情を露わにすることがあります。でもそれは一瞬の感情の高ぶりではなく一貫した正義感から出てくる怒りですから、そういうのは人間として有りだと思いますし、それがたまに見せてくれる父の魅力だとも思っています。


[172]いいと思います gettuge321

http://www.youtube.com/watch?v=R6JxiactwvM


[173]名言 tanaka560

学校の先生が言っていた言葉です。

あわてない

あなどらない

あきらめない

すごくいい言葉だと思いました


[174]>167 僕も tanaka560

僕もご飯を残す事は絶対許せません。いつもかならず1粒残らず食べきります。


[175]先輩 tanaka560

先輩の言っていた名言です。

?強いやつが勝つんじゃない。勝つやつが強いんや?by山さん


[176]俺が青春だ C2H5OH

父はよく言います。「俺が青春だ」と。これはモノクロ時代のテレビドラマのタイトル「これが青春だ」のパロディだと思われますが、カラー放送が当たり前になってからも盛んに再放送されていたようですから、若き父がこれを見て熱血青春路線をひた走っていたことは想像に難くありません。


この種の青春をテーマにしたドラマはシリーズで何作も続きましたので、その中からはたくさんの名言が生まれてきたようです。「涙は心の汗だ」「Let's begin とにかく何かを始めよう」等々。こんな言葉を、父は臆面もなく口にします。しかしそれが嘘っぽくないのです。年長者が昔の価値観を持ち出すと、どこか絵空事っぽかったり説教臭かったりして、聞いている方が恥ずかしくなったりするものですが、父の言葉には現在進行形の父のあり方が素直に現れていて、とても自然な言葉として響いてくるのです。


父さんはなぁ、自分が何のために生まれてきたのか、何のために生きていくのか、それが分からなかったんだ。だから同じように悩み、同じように答えを探しながら、それでも明るく生きていこうとする、そんな同世代の学生達を扱ったドラマに夢中になったんだな。

今でも自分が何のために生まれてきたのか分からない。この年になっても人生の完成形が見えてこない。仕事では一定の成功をした。家族を持って、家を建てて、このまま老成していけば間違いのない堅実な人生ということになりそうな所までやってきた。でもまだ自分が何のために生きていくのか、それが分からないんだ。だから一生それを探していく。

世の父親は、息子が成人したら、同じ大人として酒を酌み交わすのを楽しみにするという。でも父さんは息子に「ようこそ大人の世界へ」なんて言えるような完成された人間じゃないんだ。むしろ息子の若さに学ぶために酒を酌み交わしたい。ずっとそう思っていた。

学生時代の一年は大きく人を成長させる。しかしその速度は、成長するに従って遅くなる。学生時代の一学年の違いは大きい。しかし成人して社会に出れば、20代も30代も40代も50代も、さして差はなくなってくる。世の父は息子にその背中を見せて育てていくという。しかしそのうち、息子の背中を追いかけていくようになるんだ。でも父さんは生涯青春だ。お前に見せてやれるような立派な背中は持てなかったが、お前と並んで走ってきたという自負はある。だからこれからも一緒に走ってくれ。


こんなのが、私が成人した時の父の言葉でした。人生の完成の仕方を教えてくれるのではなく、人生の意味の探し方を教えてくれる父です。今も父は新しい目標を探しながら熱血しているようです。


[177]恩送り sumike

小さい頃祖母に、

親切にされたらおかえしをしなさい

返せない場合は自分が受けた親切を他の人に渡す

つまり恩送りをして

自分のところで縁をとめないようにね

とよく言われました。

私は募金や献血も恩送りのひとつだと思います。

ペイ・フォワードという映画があるのですが

誰かに親切にされたら、その人にお返しをするのではなくて身の回りの人3人に親切をしていくと、ネズミ算的に世界が親切&幸運で満たされるって内容なんです。

映画の中では「次へ渡せ」と翻訳されていました。

それを見て、みんながみんなのことを考えていればきっと素敵なマチ、セカイになるんだろうなぁと感じました^^

子育ても恩送りだなぁって最近思います。

そしていつかきっと、この恩はいつかめぐりめぐって自分に戻ってくるのです♪


[178]ただそこにいるだけで人を幸せにできる人 Oregano

私も猫好きですが、母はそれに輪をかけた猫好きです。時々母は猫を見て、心からそう思うというようにつぶやきます。

「猫って偉いわぁ、ただそこにいるだけで人を幸せにしちゃうんだから」


実は子供のころ、私も似た言葉をかけられていたんです。「○○ちゃんて偉いわぁ、そこにいるだけでこんなにお母さんを幸せにしてくれるんだから」。そう言われると私はうれしくてにっこり。もっとお母さんに幸せを感じてもらいたくて、もっといい子になりたいなんて思ったりしたものでした。


でも少し大きくなったころ、あれ?もしかしたらこれは母の策略?なんかおだてられて乗せられている?と思いはじめました。親子の世代的な断絶を意識し始める年頃になってからは、母のそんな口癖が、だんだん鬱陶しくなってくることもありました。


そしてある時、どうにも親の期待が重荷になりすぎると感じて、もうその言い方やめてくれと突き放すように言ったことがあったんです。一瞬は母びっくりしたようでしたが、それでも母は変わることがありませんでした。一つ変わったのは「○○ちゃんて偉いわ」の○○ちゃんが「あなた」に変わったことだけでした。もう子供じゃ無いんだから○○ちゃんはないわよね、これからはもっとふさわしい呼び方をするわって。反応するところはそこかい!w


以来ずっと母は、○○ちゃんをあなたに変えただけで、同じことを私に言い続けました。かなり親の期待を裏切るようなこともしてきましたが、それでも母の言葉は変わった試しがありませんでした。母は私を期待通りの人間に育てようとおだてていたわけではなく、逆にどんな人間に育ってもいい、どんなことがあっても子供は親の幸せなんだという気持ちをストレートに表してくれていたのかもしれません。


母は今、本当に心から猫に対して「あなたって偉いわぁ」と話しかけています。それを聞くと、おいおいあんたの息子は猫と同じレベルだったんですかいと突っ込みたくなりますが、今は私も猫を膝に抱き寄せて、「俺もお前みたいに、いるだけで人を幸せに出来るようになりたいよ」なんてつぶやいてみたりしています。


母も、そばにいてくれるだけで私を幸せにしてくれる人です。もしかすると母は、自分自身がそういう人になりたいと願いながら、この口癖を繰り返していたのかもしれません。そう思うと、どこか世間ズレしている母が、とても偉大ですばらしい人に思えてきます。


[179]怒るのは愛しているから ekimusi

人当たりがいい両親でしたが、悪いことをした時には

容赦なく叱られました。

叱られた後で、

怒らなくなったら、それはもう関心がなくなったということ。

だから怒っているけど、それは愛しているんだからね!という一言がおまけで

ついてきました。

どうして愛しているのに怒られなきゃいけないんだろう?

と子どもの頃は本当はこの家の子じゃないんじゃないかしら?なんて

思うこともありました。


しかし

自分が子どもを産んで、いやがおうなく

よその子どもともかかわる機会が増え、よその子が多少悪さをしても

まぁ元気でいいわね?で済むんですが

自分の子が悪さや危ないことをしたら

すっとんでいってとめたり怒ったりします


子どもはきっとなんでお母さんは他の子には優しいのに

私にはコワイんだろって思っているにちがいありません

でもこれはわが子への愛ゆえなのです。


愛しているからといって何をしてもいいわけではありません

でも怒っているほうもあなたが憎いから怒っているわけじゃないのよ?と

いうことを伝えたかったんだろうなぁとw今さらながらに

両親の愛を感じました。


[180]>170 確かに tanaka560

確かによくありますよね。


[181]明日やろうは、バカやろう。 r-zone

以前のTVドラマでの名言です。

この言葉が私にはぐさっと来ましたね。

これ見ていた人は、同じく心打たれた人も多いと思います。

何事も明日で良いかと思っていては

明日にはもう手遅れで後悔しているかもしれない。

とくに親孝行なんてそうですよね。

いつでも出来ると思っていても親はいつまでもいるわけじゃない。

明日やろうではなく、今出来る事は今やろう!と

この名言を聞いてから心がけるようにしています。


[182]>168 人のせいにしない willingness

何か嫌なことが合ったり、失敗してしまったときには、「○○がちゃんとやっていれば」とか「運が悪かった」とか、自分以外のところに原因を持って言ってしまいがちです。ただ自己嫌悪に陥るだけではダメですが、自分がどうすれば改善することができるかという次の一手を導き出すためにも、自分の落ち度を冷静に見極め、同じ失敗をしないことに気をつけることが大事だと思います。


[183]>181 明日はやろうは、ばかやろう willingness

これは良い言葉ですね!ついついやらなきゃいけないことを先延ばしにしてしまって自分の首を絞めてしまうことが多いのですが、この言葉をつぶやいているとそういったことを予防できそうですね。


[184]>141 あいさつ willingness

私の地元は相当いなかだったので、学校の登下校中など近所の人たちから良く挨拶をしてもらいました。なにげない言葉の交換ですこし気持ちが軽くなったり、頑張る気持ちがでてくるのが不思議でした。最近では防犯の観点などから、あまり挨拶などの習慣はないのかもしれませんが、身近な人と社会的なかかわりをする習慣は大切だと思います。


[185]>182 人のせいにしない r-zone

兄弟が多かったので、昔は何かあれば兄弟のせいにしたり

巻き込んだりしてました。

だって○○が〜とか、○○が言うからだとか

良い訳ばかりしていたのでよく親に怒られました。

人のせいにした所で結局怒られるんだから

素直に言えば良かったんですよね。

親からしたらバレバレな嘘なんですが

子供の頃は怒られるのが嫌で必死に人のせいにしちゃってました。

なるべく今では「だって」という言葉はあまり使わないようにしています。


[186]>184 あいさつ twillco

これは大事な事ですよね。

自分の娘も、人見知りしない為にも挨拶はちゃんと言う子になって欲しいです。

以前、職場の先輩が子供を連れてきたのですが

2歳なのにシッカリとした喋り口調できちんと挨拶しているのを見てびっくりしました!

小さな子供でもハキハキ挨拶をしているのを見ると、親の影響って大きいんだなと改めて自分もシッカリ鏡となる親にならなきゃなと思わされました。


[187]>185 人のせいにしない geizu

まあそうですけど、

やっぱりついやっちゃいますよね

そこが困ります


[188]>186 大切な言葉「愛札(あいさつ)」 geizu

あいさつは大切ですね

おはよう、こんにちは、さようなら、

大切な言葉ですよね?


[189]>180 よくありますね geizu

本当にありますよね


[190]>153 絶対などという言葉は無い geizu

あったとしても、0から99、9999999999…ぐらいですね

100%などありえません!


[191]>150 先祖より長生きを! geizu

先祖よりも先に死んでしまうと

先祖が悲しみます。

できるだけ長生きをしたいものです。


[192]>73 いただきます ごちそうさま geizu

基本のような言葉ですが、

大切なんですよね


[193]>183 明日やろうは、ばかやろう geizu

そうですね!

明日やろうなんて言ってさきのばししちゃダメですよね!

でも実は俺も人のこと言えないんですよね


[194]>179 愛しているからこそ怒る geizu

確かに俺も父から言われました。

「怒らなくするのは見捨てることだ」

と言われました。

やっぱり怒らないとやめないんですね

学校でも同じです


[195]>188 あいさつ adgt

最近の若いもんは・・・みたいな話になるけど、挨拶しない新人が本当に増えた気がする・・・。まぁ、年とっててもしない人はしないけど、社会的な雰囲気として挨拶をする感じがなくなってる気がする。


[196]>158 ありがとう adgt

常に人にありがとうといえるように接していると円滑に人間関係が進んでいく。子どもにも、その子の頑張りをシッカリまって、褒めてあげられるようならいいんだろうと思う。


[197]>196 ありがとう oneness1

っていわれると本当に気分がいいですね。

もっと人に言おうと思います


[198]>195 あいさつ oneness1

基本なんですが時々忘れてしまいます。

やっぱり小さい時からの習慣が大事ですね


[199]>191 生きているだけで幸せだ oneness1

親に言われたらなきそうですわ

言われた事ないけど。

自分の子供には言ってます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ