人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【新規事業アイディア募集】

q.hatena.ne.jp/1269527814 の続きです。

当方法人です。「こういうものが売れるのではないか」とか「こういうビジネスができるのではないか」というアイディアを募集します。良いアイディアには、別途、適切な額のお礼をさしあげます(良いアイディアがなければ申し訳ありません)。

弊社への協力者
・東証1部の複数の大企業の設計部門を実力で渡り歩き、設計・製作チーフを長く担当していらして、凄い電気・電子系の技術をお持ち。何千万円もする、電気・電子系の製作に必要な計測・製作機器を個人でお持ち。大きな電器製造会社から「こういうものを作ってくれ」とか「機器を貸してくれ」など依頼がある。電子系雑誌に連載の執筆も。

弊社がすでに保有している事業部
・リサーチ事業部 (市場調査など)
・デザイン事業部 (社内外への定型書類やウェブサイトのデザイン面など)
・ウェブ制作事業部

弊社の概要
・所在地: 東京
・従業員: フルタイム2名、パートタイム50名
・新規事業にかけられる資本の額: 200万円程度

現在の予想は…
・普通の電子機器企業が作れるもののなかで、価格破壊が起こっていない分野を狙えば、売れるでしょう。

●質問者: business-general
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:Hatena ne.jp アイディア ウェブ ウェブサイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● きあ
●30ポイント

いろんなお店でポイントカードってあるじゃないですか。

それを携帯にまとめちゃいましょう。

年に何回行くかといった店舗でもポイントカードを作るんですがなくなるんですよね。

メールマーケティングが成功しない市場としては

車・バイク・建築関係・貴金属店などの購買頻度が低く比較的高価なものを扱う業種かと思います。

企業側としては、顧客の固定化を求めているのですが、頻度を上げた販促活動は顧客にとってどう取られるでしょう?

多くの場合はこう思うはず。

数年に数回行く程度のお店からメールが来ても困る。メールなんていらない。

企業側から見たメリットとユーザー側からデメリットが見事に合致するケースだと思います。

顧客はもちろん安く買いたい。

企業としては顧客の固定化を図りたい。

両者の意見を同時にと入れると、タダひたすらポイントがためられるサービス。

物理的に保持することを強いるそのお店専用のカードじゃなくていつでも持ってる携帯で。

ユーザー側の欲求を言えば、そのポイントが各店舗間でつかえること。

企業側としては、導入単価、ランニングコストの低減。

現在あるサービスで言えばEdyと近い部分がありますが、需要はあるかと。

販促方法もEdyが参考になると思います。

導入業者の選定をうまいこと進めて行くこと。

ライバルを排除しつつ、広い地域で対応できること。

企業にとって導入についてはリスクが限りなく0である。

※専用機器を使わなくてもQRなどで対応可能にする。

ユーザーにとっても導入に対するハードルが低いこと

※いらないメールが来ないなど

営業さえうまくできればスタンダードも狙えると思いますよ。

WEBだけで完結するんで自社開発なら予算に近くなる(ランニングは別)と思うのですがどうでしょうか。

外注で200万以内でというお話なら自分でやってます。

ここに書く時点でパクられます。

◎質問者からの返答

ポイントカードをひとつに統一って話、よくありますよねえ。でも成功しないんですよね。

私が考えるに、「ポイントカードがひとつにまとまると、ポイントカードである意味が失われるから」です。つまり、ポイントカードのように、価値が複数のカードに分散しているからこそ、顧客の囲い込みができるのではないでしょうか。もし、ポイントを何も考えず(「今日はあの店に行くからあのポイントカードを持っていこう」などと考えず)ポイントを貯められたら、結局、どこでもポイントがたまるわけですから、店ごとに差別化ができなくなってしまうんです。つまり、そうなると、ユーザ側は「ポイントは勝手にたまるんだから、それだったら最初っから値引きすれば良いじゃないか」という発送になってしまうんだと思うんです。

どうでしょう、私の考え?


2 ● code_tk
●20ポイント

電気・設計ってあんまり詳しくはない分野ですが…

ラジオ+HDDのラジオサーバーってがあります

内容はHDDレコーダーのラジオ版って感じですね

http://kakaku.com/kaden/radio/

現状20000?の高額機種でもパーツ的には安価なもので作成されてるので

他事業をやりながらの片手間でやればある程度利益がでるかもですね

こんなサービスも出ていますが

http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201002120496.html

PC必須なので完全若者向けのサービスって気がします

/---------------

具体的にこれっていう製品ではないですが省エネ法関係で4月施行分でさらに適応範囲が広がる+一般企業にも計画を提出させるのでしばらくは使用量を把握するための電力計関係その後は使用量を減らすための省エネ製品や使用していないときに電力を下げる製品が売れるような気がします

電力計とかは知らない人をごまかして工場相手に無駄に高額な物を売りつけたって話も聞こえてくるので…

改正省エネ法とは

http://www.kankyo-business.jp/topix/energy_topix_01.html


/---------------

調査報告:オフィスのPCは勤務時間の約3割が未使用

離席中のモニター電源オフで消費電力のカットが可能

http://www.atpress.ne.jp/view/12983

たとえばこれを電源タップで実装できれば結構売れるんじゃないかなぁって気がします

というか家の会社で買いますね

◎質問者からの返答

> ラジオ+HDD

すみませんが、ラジオというメディアは終わると思います。

> 離席中電源オフ

電源タップで実装は論理的に無理です。電源にはPCの使用状況に関する信号は流れていないので。


3 ● ささみん
●20ポイント

・補聴器タイプの電子メトロノーム

よく楽器店に売っている小型のメトロノームはクリップ(洗濯ばさみ)タイプです。

たとえば吹奏楽団など大勢が一箇所で一斉に個人練習する場合には、自分のメトロ

ノームの音がよく聞こえるように耳たぶにはさみますが、耳が痛くなります。

(そもそもクリップタイプのものは耳ではなく譜面台にはさむそうに意図されて

いるんじゃないかとも思います)

補聴器タイプなら痛くならないし、自分のメトロノームの音がまわりのものより

明らかによく聞こえるはずなので、普通の小型電子メトロノームと同じくらいの

価格なら絶対買います。

◎質問者からの返答

私は音大出身ですので、メトロノームという市場のことをよく知っていますが、ニッチすぎます。ましてや補聴器タイプは…。


4 ● ピピピ
●20ポイント

新規事業にかけられる資本200万円じゃ、量産化する為の

金型すら作れないですね。何をしたいんでしょう?

何度かの質問を拝見しましたが、知的所有権の内容をどの位理解されているか

疑問に思いました。質問の仕方も失礼極まりないですね。

前回の質問でも回答者に対して説教ばかり。

以下のbusiness-generalさんの文章なんて、何を言っているのかすら解りません。

私が行ったことのある諸外国(イギリス、フランス、あとインドネシア)のひとびとは、

日本の街中などでみられるよりは、「シンプルで作為的な美学」を保ちながらら生活をしていましたよ。

日本人は世界でも類を見ない「即自的」な国民ではなかっただろうか

(それがむしろアイデンティティですが)。

「神なしに、何かを信じることができる」稀有な民族です。

これは、朝鮮半島をふくむあらゆる主だった外国人と違う点で、この違いは大きすぎて超えられないと思います。

こんな場所で、100円位のアイデア料で

数千万の儲けでも出そうと思っておられるのでしょうか?

少なくとも、製品化された暁には、売り上げの何%差し上げますって

のが、大前提ではないですか?

同じような企画の募集を既に古くからやっているサイトがあります。

この位のニッチな市場に向けて位が

丁度良い規模じゃないですか?

参考にして下さい。

http://www.tanomi.com/metoo/rank.html?catid=206

◎質問者からの返答

あの、現実に回答してくださる方もいるので、これはこれで良いのではないでしょうか。あなた様は「●●を前提にすべきだ」とお考えなのはわかりますが、そうではない方々もいらっしゃるようですし。

ただ、近々、ご紹介いただいたようなサイトを、XOOPSか何かで作ろうと思っています。うまく良い情報が入ってくるようにして、弊社の存在もオープンにしてお礼の支払い云々をはっきりさせようと思います。ただ、XOOPSを使うような大規模なサイトを作った経験が弊社にはなく、メンツ上ダウンされても困るので、弊社がよく勉強してからになります。それまではこの一連の質問を続けてみようかと思います。


5 ● 幻木genboku
●10ポイント

mi-mninさんの回答にほぼ賛成ですが答える側はあまり質問者に対する誹謗やイチャモンは良くないですね、私も無視すればと思いましたがついカッカ”して返信してしまい反省してます、確かにbusinessさんは私に対しても「不沈船」のことですが、かなり上から目線の気がします、質問者も回答者ももう一工夫ほしいですね、この手の質問は私のように知的所有権保有者には魅力ですが良いアイディアを横取りする印象を与えますね、私の2回目の質問もそんな感じですが真面目な回答が多く2本とも注目質問になってます、mi・・さんのお答えは私も参考になりました、回答者が多いのはお礼とかに魅力があるのかも・・

何件採用なさったのでしょうかね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ