人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

子供との面接交渉を求める間接強制に関わる大阪高等裁判所の平成14年1月15日の判決の詳細をわかれば教えてください。

●質問者: kobesoccerboy
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:1月15日 判決 大阪高等裁判所 子供 平成14年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● GreenStar
●35ポイント ベストアンサー

法律事務所さんで解説を書いておられるページがありました。

http://www.trkm.co.jp/danjyo/06122001.htm

判例タイムズ-平成16年 主要民事判例解説-にも載っているようです。

http://www.fujisan.co.jp/zasshi-kensaku.asp?sid=284121&q=%8D%82%...


2 ● Baku7770
●35ポイント

http://www.oike-law.gr.jp/public/oike_22/nonoyama.pdf

子供との面接交渉に関する裁判は個別の事情で判断が分かれることが多く、さらに間接強制に

ついては法理論上の判断が分かれる裁判です。

概要であれば正確には別居中の医師夫婦間で月に2回子供との面接交渉を行うことで調停が成立

したものの2回履行しただけで、以後は拒否をし続けた妻に不履行一回につき20万円の支払いを

命じただけの裁判と認識していますが。

具体的に何をされたいのか、個別の事情を含めて相談されないと判断できないと考えます。

http://abe-jim.com/index_hanrei.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ