人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

英語の数の一致について。

The actions of the average citizen going about his business in a responsible way aren't reported because it's too common, too usual.

be動詞が、初めはaren'tなのに、2番目はit'sという様に、複数から単数に変化してます。
何故なんでしょうか?
The actionsが主語なんですから、複数で統一すべきでは?と思ってしまうんですが。。


出典はz会の英語教材で、獨協大学の入試問題です。

●質問者: DK4R
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:CITIZEN Common HIS Z会 主語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tuni310
●27ポイント

たしかにbecause節のitは主節のThe actionsの代名詞として働いています。

it'sはもちろんitがSisがVです。

itの動詞にisが使われているのは、itそのものの習性と考えられます。

少しでも英語に触れたことがある方でしたらit are?なんて文ほとんど見たことがないと思いますよ。

googleで検索してもit is がほとんどです。


2 ● ぽこたん
●27ポイント

[The actions of the average citizen going about his business in a responsible way aren't reported] because it's too common, too usual.

The actions = average citizenの行動を指しているので、確かに市民というのを複数で扱って、the actionsとなっています。

後半のit'sというのは、それら[]の全体を指して受けているので、単数形になるんですね。

ちょっと意地悪ですが、許せる範囲内の問題ですね。

◎質問者からの返答

でも、それじゃ、「報道されないこと」があまりに普通なので報道されない、と循環構造になってしまうのでは?

トートロジーですよね?


3 ● amai_melon
●26ポイント

it's too common のあとに、何らかのto不定詞が省略されていると考えると、

to以下をitで受けることになるので、itではじめるのが通常です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ