人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

化粧品、ハミガキなどの製品による健康障害の発生数が年々増えてきていることを示すデータなどありますか?(増えてるかどうかわからないですが)
とくにこれらに関する民事訴訟などが増えてきているなど。

化粧品、ハミガキなどの安全性に配慮しないといけない根拠になる統計数値を探しています。

●質問者: popota9
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:データ ハミ 健康 化粧品 民事訴訟
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● lajollashore
●80ポイント

東京都生活文化局消費生活部 による平成18年度調査報告書 『化粧品類の安全性等に関する調査』

http://www.anzen.metro.tokyo.jp/chemical/pdf/20070308cosmetics_a...

13ページ 表1-5 年齢別の化粧品による傷害内容

14ページ 表1-6 化粧品による皮膚障害患者数の年次推移

22ページ 表2-2 年齢別の皮膚障害全件数と化粧品による皮膚障害の数と比率

などが参考になるかと思います。

独立行政法人 国民生活センター 消費生活相談データベース

http://datafile.kokusen.go.jp/jpl_top.aspに元となるデータがあるようですが「現在システム改修中です。」

とのことで調べられませんでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ