人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【電気工学】
http://newscience.air-nifty.com/blog/2004/07/post_1.html
この発明品は本物ですか?
インチキですか?

●質問者: Gleam
●カテゴリ:科学・統計資料 家電・AV機器
✍キーワード:インチキ 工学 発明 電気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● syntaxerror
●27ポイント ベストアンサー

インチキです。

磁力回転増速装置の回転数が1400回転/分を超えると、クラッチが自動的に外れて駆動用モーターが停止し、1300回転/分まで落ちるとクラッチと接続し、駆動用モーターが再駆動する仕組みになっている。

1300回転まで落ちた回転数を1400回転まで上げるための駆動用モーターの電力が次の発電に使われる運動エネルギーに変換されるだけの装置です。瞬間の発電電力は大きくなっても一旦回転数が落ちると外部からそれに見合ったエネルギーが必要になるだけの、言わばバッテリーのような仕組みです。


http://newscience.air-nifty.com/blog/images/kitayoshi1.JPG


参考

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9...

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


2 ● ko8820
●14ポイント

いんちきです。

エネルギーがどう見ても逃げるので、効率がわるいというか

素直に手で回してはどう?というかんじですかね。

-------

エネルギー保存則の観点から、ダメです。

永久機関っぽい発想があやしいです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


3 ● Km1967
●13ポイント

「電気への変換によるエネルギーロス」並びに「磁力および摩擦によるエネルギーロス」があり駆動/補助用モーターにて加えた以上のエネルギーは出力されない。つまりインチキ。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


4 ● hanako393
●11ポイント

熱でエネルギーが逃げないのなら

いんちきでないですが

摩擦係数が低くなるようにどのような工夫がされてるのか

わからないので、どちらともいえないです。

でも構造が、機械的すぎるのであやしいです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。


5 ● rsc
●19ポイント

こちらは参考になるでしょうか。もしこの法則を破る事例が見つかったら、世界の大ニュースになっているはずです。テレビでそんな報道は聞いたことないのでインチキでしょう。(^_^;もし、本当ならとっくにノーベル賞かなんかもらっているはずです。

得られた出力を外に使わず回転を維持するためだけに使ったとしても摩擦熱が発生してエネルギーが外に逃げることになるのでそのうち止まるはずです。

●エネルギー保存の法則

エネルギー保存の法則(エネルギーほぞんのほうそく、the law of the conservation of energy)は、『ある閉じた系の中のエネルギーの総量は変化しない』という物理学での最も基本的な法則(保存則)の一つで、エネルギー保存またはエネルギー保存則、熱力学第一法則(ねつりきがくだいいちほうそく)ともいう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%A...

この手の発明はインチキと考えてほぼ間違いないです。猪木さんが騙されたのは有名ですね。(^_^;

●アントニオ猪木、永久電気が完成「世間の皆さんには『ざまーみろ!!』と ...

http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/2008/02/post_8e58.html

●多重ロマンチック:アントニオ猪木 永久電池ついに完成!

http://blog.livedoor.jp/ryosijj/archives/51259442.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

状況から考えてインチキであろうということは私にもわかります。

質問文の装置についての検証を知りたいのです。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ