人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

海外で行われていることで、

・スリランカでは象のフンから紙を作っている

というような、エコチックなことを教えて下さい。
○○から××を作っている、??を△△の代わりとして利用している、などが解り易いです。

ただ、木の枝を歯ブラシ代わりにしているというような、単純すぎるのはナシにして頂きです。
宜しくお願いいたします!


●質問者: ryota11
●カテゴリ:趣味・スポーツ 旅行・地域情報
✍キーワード:エコ スリランカ 歯ブラシ 海外
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● lajollashore
●20ポイント

遺灰から魚の人工漁礁(リーフ・ボール)を作る

http://news.livedoor.com/article/detail/4403102/

「Eternal Reef」とは、遺灰をコンクリートに混ぜ、魚の住処となるリーフ・ボールとして再生したものである。人間の遺灰は、骨壺に納められたもの以外は産業廃棄物として処理されてしまうので、それを再利用するというエコフレンドリーな埋葬方法。しかも、魚の住処となる珊瑚礁は年々激減しているので、破壊されていく海洋環境を守るためにもリーフ・ボールは非常に役に立つ。


ロンドンオリンピックのスタジアムは、銃とナイフのリサイクルでできている

使い終わった330万個の弾丸(総重量約28トン)はフォトフレームやジュエリーに

http://news.livedoor.com/article/detail/4601448/

去年、ロンドン警視庁が押収した拳銃やナイフをスクラップにしたところ、52トンもの量になったそう。そのスクラップ金属が、ストラトフォードのオリンピックスタジアムの建設に使われたのだ。このオリンピックスタジアムは、そもそも金属を極力使用しないデザインになっており、その上使っている金属もスクラップのリサイクルとくれば、かなり環境負荷の低いエコスタジアムである。

ロンドン警視庁がリサイクルしているのは、拳銃やナイフだけではない。使い終わった330万個の弾丸(総重量約28トン)はフォトフレームやジュエリーに、古くなった防弾具40トンは車の一部に、食堂で使用した油20,000トンはバイオディーゼルオイルに、それぞれリサイクルしている。


牛のフンからレンガを作る

http://news.livedoor.com/article/detail/4466655/

EcoFaeBrickの原料の75%は、インドネシアのジョクジャカルタ(Jogjakarta)やGodeanなどの牧場で飼育されているウシの糞だ。

◎質問者からの返答

大変参考になりました。

ありがとうございます!


2 ● serizawayui
●5ポイント

パラオの原住民は木の皮で紙を作っている

引っ張って伸ばしてたたいてを繰り返して作っていました

http://q.hatena.ne.jp/1271051505

◎質問者からの返答

ふーむ、ありがとうございます。


3 ● minan7052002
●25ポイント

フランスではコーヒーフィルターでノートを作っている!

http://eco.goo.ne.jp/life/world/france/report01.html

◎質問者からの返答

なるほど、ありがとうございます。


4 ● minizoku
●1ポイント

エスキモーが氷でお家を作る

イグルー

http://ja.wikipedia.org/wiki/イグルー


5 ● yksa1234
●20ポイント

少しお題とかぶりますが・・・。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2594844/4056163

色々考えるものですね。

◎質問者からの返答

ふむ、まぁ木を食う動物のうんこは紙になるってことなんでしょうね。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ