人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は就職活動中の大学生なのですが、面接やグループディスカッションなどで咄嗟の質問に答えることが出来ません。
頭の悪さを痛感する日々です。そこで、就職浪人も視野に入れつつ今から訓練をして能力を人並みにまで向上させようと考えています。

具体的にはこれら3つを実践する予定です。
・日記を書く(文章力)
・速読or速聴(頭の回転)
・一人ディベート的な何か(論理的思考力)

ここでみなさんに質問です。以下の補足を踏まえた上で、訓練の方向性はあっているか?また、その他アドバイスなどがあれば教えてください。

◎補足
・頭の回転が遅い
普段の会話でも気のきいたコトが言えず、後からああ言えばよかったと思うことがよくあります。

・文章力が弱い
文章を書くことが苦手で、レポート系の課題はほぼ避けてきました。

・説明するのが苦手
考えながら話すので言葉が続かない。言葉に詰まっては考えての繰り返しです。会社説明会の司会者などのように、プレゼンで流暢に説明できるようになりたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
みなさんの意見を参考に頑張りますのでよろしくお願いいたします。


●質問者: b0w1in9
●カテゴリ:学習・教育 人生相談
✍キーワード:いるか うご きあり アドバイス グループ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/12件

▽最新の回答へ

1 ● ka_taka23
●21ポイント

・文章力をあげるには日記を書くことはとてもよいことだと思います。ただやみくもにただの日々の日記を書くよりもやはり考えたり、しっかりとした文章を作るのも必要です。そのために本を読むこともお勧めします。好きな本でも、文章に関してでも構いませんが、良い文章であったり、参考になる文があればそれを抜粋して、考えながら書き出すとさらに文章力も高まります。

・速読に関しては、大半が読解力が重要となります。ですからまずは速読よりも精読をしっかりしたほうが良いかもしれません。正確に理解して記憶に残るような精読の読み方をしたほうが向上すると思います。速読力は読解力と記憶力と言語力、集中力などが向上した際に得られるものですから。

・論理的思考力はいろんな場面から身に着けることができます。普段の生活の中でそれはなぜだろうなどと自問自答することである程度は高めることができると思います。また、物事を客観的にとらえ、事実を集めて現実を直視することなどをしていても高まると思います。論理的思考力を高めるには文字通り論理学を勉強するのも良いかもしれません。

・説明するのが苦手なのは、話すことしかありません。本などを読み、その内容を簡潔に人に話したりなどすれば説明する力は上がっていきます。ただ話すだけでなく、そこに自分の言葉を入れながら、さらに簡潔に話すことを心がければ、自然に話す力は身についていくと思います。意識しながら話すことを訓練すれば、考えながらでも言葉はスラスラでてきますし、話す内容もしっかりと伝えたいことにまとまり、伝わりやすくなります。ただ話すだけだと、何の訓練にもならないし、ただ長々話しているだけで、聞き手も疲れますし、その時間がまったく無意味になってしますので、しっかりと考えて話すことを意識してください。

かなり長くなってしまいましたが、これで少しでも向上していけたら良いかと思います。

◎質問者からの返答

・ただ日々の出来事を綴るのではなく、本のレビューや何か議題を設定して、考えながら書いていく方が効率的ということですね。

・速読を習得するにはまずは精読することが先決ということですね。たしかに頭の回転の速さには理解力(≒読解力)も含まれると思うので、読解力は自分にとって必要なことだと感じます。

・今まで何か疑問に思ったことがあってもあまり考えることはせずにインターネットで調べたりしていたので、これからは自分で考える癖をつけようと思います。普段の生活の中で鍛えられるならそれが一番ですもんね。外に出かけるときはなぜ?のネタを探すよう意識します。

・説明する機会って意識して増やさないとなかなか無いですよね。あらかじめ映画などのネタを用意しておけば、どんなストーリーかなど説明出来そうです。地道に頑張ります。

とても丁寧なご説明ありがとうございました。非常に分かりやすくて為になります。ka_taka23さんに教えていただいたことを意識して頑張ります。


2 ● ken3memo
●14ポイント

>面接やグループディスカッション

会社側の さくら が入っていないと、あまり否定されないけど、自分の意見を否定されたときの訓練として

ここ はてな や 他のQAサイトで 回答者になって回答してみるとか?

質問者の内容を理解して、説明する、訓練になると思いますよ。

※グループディスカッションであまり前の人の反対意見を言えないんだけど、私も同じ意見です で 同調・かぶせ を行うよりも、私は XXXX と思いますと自信を持って言えるようになるとイイですね。(協調性・同調性ばかりじゃ個人的にはつまらないと思うけど、面接官は暴れ馬よりも乗りやすいポニーが好きってパターンもあるしなぁ)

.

>・頭の回転が遅い

回転の速い チャット や 今 流行の ツイッター で 訓練するとか?

.

本当は、ありのままの ゆっくりした自分を見てくれる会社があるといいんだけど、相手を出し抜くテクニックも必要なんですね。

b0w1in9さんが何かのキッカケでうまく成長できることを願いつつ、失礼します。


3 ● dedara
●14ポイント

頭の回転を速くするのは急には難しいと思うのであらかじめ質問を想定していろいろ答えを用意しておく方が実践的な気がします。

面接で聞かれるのはだいたい


1、学生時代何をしてきたか、何を頑張っていたか

2、どうしてこの業界を志望するのか

3、どうしてこの業界の中で、うちの会社が第一志望なのか


この3つをおさえることだと思います。

1の答えが難しいのは、頭の回転うんぬんよりも学生時代何もしてなかったりすると答えようがないからです。

2は志望する業界について、今がどういう状況なのか、いろいろ調べたらいいと思います。

3も志望する会社が業界の中でどういう位置にある会社なのか調べたらいいと思います。ホームページを見たりOBの人の話を聞いたりすれば話すネタも勝手に沸いてきます。

1のところは最悪前向きなことであれば遊んだ経験でもいいと思いますし、最悪本当何もなかったら何かをでっちあげるしかありません。

それから質問になんとか答える、というのを目的にしているところが受動的で実のある感じがしません。

いろいろ調べれば疑問もいろいろ出てくると思うので、そういったことを織り交ぜて実のある会話になるようにした方が良いと思います、というか実のある会話じゃないとダメな気がします。


時事問題とかは新聞とかブログを読むと、ひとつの社会問題に対してもいろいろな考え方があるのがわかると思います。

受け売りでも良いので、共感する考え方をそのまま言えばいいんじゃないでしょうか


4 ● showyou
●14ポイント

私自身も頭の回転悪い人間なんで参考になるかどうかわかりませんが・・

日記を書くにしても、論理的に文章書かないと上達しないなと思ったりします。


またいくら頭が良かったとしても、答えられない質問はやってくると思います。その場合答えられることよりも咄嗟のアクシデントに耐えられる事が必要なのではないでしょうか。


プレゼンに関してはとにかく発表慣れするしかないのかなと思います。

就活なら大学の就職課などで模擬面接ができるのであれば、申し込んでみるのはいかがでしょうか。


全然関係ないですが

>文章を書くことが苦手で

ってあるんですが、この質問文はちゃんと書けてるような・・


5 ● suppadv
●14ポイント

特に対人関係の訓練に力を入れた方が良いと思います。

頑張ろうという意気込みは伝わってくるので、一人で出来るところは何とかなるのではないでしょうか?

面接やグループディスカッションも訓練で、かなり上達が見込めます。

1人では難しいので、そのような練習が出来るところに参加するのが良いと思います。

今は、就職難で大変だと思いますが、頑張ってくださいね。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ