人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

起業すると起きるデメリットを教えてください。
考えたり聞いたりして、ジャマくさいっていうのは想像出来るんですけど、細かい部分がよく分りません。
制度的、社会的なデメリットや、会社にするとこんなに嫌なことがあったというような具体的なエピソードなどがありましたら、教えてください。


●質問者: あー
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:デメリット 会社 制度 想像 社会的
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/12件

▽最新の回答へ

1 ● winbd
●15ポイント

個人事業=白色申告にしておけばデメリットはありません。


法人設立=設立時と更新時に費用がかかります。

副業禁止の会社で仕事が出来なくなります。

利益0円でも帳簿をつけておかないといけません。

http://q.hatena.ne.jp/1271609315

◎質問者からの返答

帳簿は面倒くさそうですね。。


2 ● ラフティング
●15ポイント

クレジットカードが作れない。

◎質問者からの返答

そうですか。


3 ● Massartosh
●15ポイント

法人でも白色申告はできます。

設立時に費用はかかりますが、後の節税を考えると、それほどではありません。

白色なら帳簿は必ずしもつけなくていいのですが、領収書類は録って置いた方がいいでしょう。

私は法人にし、白色でやってきましたが、ほとんどデメリットはありません。

会社員、つまり法人と雇用契約の関係にあるなら、社内規則を調べた方がいいでしょう。

副業を禁止事項にしてあるとこれに触れ、解雇の恐れがあります。

但し、家業を親の病気などで傍らで見るなどなら、配慮はしてもらえます。

◎質問者からの返答

節税っていう点では法人化したほうがいいのですね。


4 ● hino
●15ポイント

サラリーマン時代は仕事を効率化して定時に帰るなどできますが、自分で起業すると(個人でも法人でも)、労働時間が長くなる人がほとんどです。土日も働いて当然という感じになりがちなので、家族との時間が少なくなったりします。

その分やりがいもありますが。

◎質問者からの返答

忙しくなるのはいやかなぁ。。


5 ● minan7052002
●15ポイント

・自分の働きが全て

・まずは資本金。投資家を見つけて出資してもらうにしても、ある程度自分で負担することも必要です。

・自分の生活のため、事業の継続のため、事業を拡大するために売上は必要です。その売上を追求すると自分の生活時間は削られていきます。

◎質問者からの返答

頑張りたいです!!!!!!!!


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ