人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【良解答には200ポイント】

普通の生活をしていると関わらない専門の職業の機械や技を探しています。

石油を掘るためのドリルとか、巨大船を造るための造船ドックとか、規模の大きなものや、内容が面白い情報があるものが良いです。

URLだけじゃなく、どこがスゴイのかポイント説明して貰えると、なお嬉しいです。


●質問者: o-bakamono
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:URL ドリル ポイント 大船 普通
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 井戸端さん
●80ポイント

船の大きな鉄板って職人の技で手作業で作られてるんだって!

あんな巨大なものをミリ単位なんてスゴくないですか?

テレビでやってたからもうご存知だったらごめんなさいね

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/16th/07-272.html

>船は、鋼鉄の板を何百枚も張り合わせて造られている。波の抵抗を考えて、その一枚一枚が、実に複雑な流線型。中には、芸術品のような、3次元に曲がった鉄板もある。それらはすべて、一枚の平らな鉄板から生み出される。その鉄板を曲げるのが撓鉄の職人たち。道具は、火と水だけ。

http://www.nhk.or.jp/furusato/koremade/koremade_20100201.html

>船首部分を丸く加工するのも、機械ではなく熟練職人の手作業。ガスバーナーで鉄板を熱し、そこにホースで水をかけ鉄を収縮させて曲げる“ぎょう鉄”という工法だ。許される誤差は1ミリ単位、職人の腕の見せ所だ。


2 ● kick_m
●10ポイント

革を縫うための台

http://en.kendincos.net/video-njflrlpf------1-l-8-.html


3 ● meefla
●100ポイント

海外もので良ければ、バケットホイールエクスカベーター でしょう。

特に、ドイツのものは地上最大の自走機械としてギネスブックにも載ってます。

一応、日本でも カワサキプラントシステムズ が作っていますが、残念ながらサイトからは大きさなどのスペックがよくわかりません。


というわけで、同じカワサキプラントシステムズから、飛行機の 全自動機体洗浄装置

JAL が成田空港に設置しています。

自動車の洗車機の飛行機版ですが、ものが飛行機ですから、長さ100メートル、幅90メートル、高さ26メートルです。

JALグランドサービス機体の整備・洗浄 や asahi.com の 飛行機、丸ごと洗浄 によれば、世界でこれ一台しかないそうです。

「冬場は水がホース内で凍結する恐れがある」という所が笑えました。


ご参考になれば幸いです。


4 ● suppadv
●200ポイント ベストアンサー

トンネルを掘るためのシールドマシンはすごいです。

日本が世界に誇る機械です。

シールド工法は地下鉄建設などの際、地上から開削せずに地下を掘り進み、前面を盾(たて)のようなもので押さえながら、まわりを鉄筋コンクリートなどで囲めてトンネルを完成させる工法です。

http://www.kkr.mlit.go.jp/nara/pi/press/yusikisha_kekka/13/003-2...

http://www.bekkoame.ne.jp/~hidetoshi/shigoto.htm

http://www.shield-method.gr.jp/q_a/index.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ