人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小学校・中学校・高校と、それぞれ学校でのIT教育・情報教育の現状をまとめているサイトを教えてください。

■知りたい目的
会社で、新人(大学学部卒・院卒・理系文系混合)のIT教育を担当することになりました。
(IT関連の資格を保持していなく、大学でITの専門教育も受けていない人たちです。)
学校でどんな基礎教育を受けてきたのか、一般的な概要を知りたいです。
(今の子は、小学校の時点で、五大装置について学んでいたりするのでしょうか…?)

■知りたい情報
・官公庁のサイトなど、ある程度信頼性の高い情報
・全体のうち、どのくらいの割合の学校で、コンピュータを使った情報教育を行っているか
・どのような授業が行われているか
・授業の現場について、詳細がわかると有難いです。(IT教育が設置されるに至る経緯についての情報はそんなに求めていません。)

■除外する情報
・下記の過去質問のような教育については、とくに情報を求めていません。(私は、コンピューターの知識に直結する情報教育についての情報を求めています。)
http://q.hatena.ne.jp/1157381271
・2年以上前に更新された文章。(古い情報には配点いたしません。)

●質問者: summerdealer
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:いるか コンピュータ コンピューター サイト 上前
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●60ポイント

http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301.htm

http://ci.nii.ac.jp/els/110007017202.pdf?id=ART0008938438&type=p...

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/it/shiryo/06041212/002.pdf

http://www.cmc.osaka-u.ac.jp/j/publication/for-2005/11-16.html

2003年に情報基礎として高校で必修科目となりましたが、お探しの資料でまずまともな資料は

ないと考えています。

理由は単純で、過去からかなり不正が行われていたことと、実はまともに教えていないからです。

古い話しは要らないとおっしゃっていましたが、1998年に2000年問題絡みで文部省以外の

省庁の官僚と話しをしたのですが、学校のパソコン教室用につけた予算で役所の職員用のパソコンを

購入しているのが想像以上に多かったとぼやいていました。会計検査院に見つかれば即アウトのはず

ですが、上手くすり抜けたようです。学校が夏休みの間テスト環境で使えないかと問い合わせした

ところ発覚したとの話しです。

必修科目とされたものの指導者が不足、大学入試ではセンター試験も含めてまだマイナーなため、

各高校でも実際には力を入れていないのが実情。ただしアンケート調査にはしっかりやっていると

回答しますし、各市町村でも一番進んでいる学校の報告を全ての学校で実施しているように記入

しますから。

現在高校生の息子でもメモリなら知っていますが、記憶装置という表現は知らないですね。少なく

とも彼が小学生のときにはお絵描きソフトを使って遊んでいたレベルの講習しか受けていません。

因みに私はあるコンピュータメーカーの地域担当として某県のパソコン教育に絡んでいた時期が

あります(88?90)。

その当時の文部省は情報基礎を中学からとか小学校からとも言っていましたが、結局教員を養成

しきれず現在に至っているのが現状です。

◎質問者からの返答

丁寧な回答をありがとうございます。

(スイマセン、セッションエラーで2つ目のリンクの論文PDFが見られません。コメント欄に、タイトルを書いていただけますでしょうか……?検索し直してみます。)

「学校が夏休みの間テスト環境で使えないか」というエピソード、非常に生々しいですね。

問い合わされた学校は、とても肝を冷やしただろうと、想像すると、すこし笑えてしまいました。

student34さんのコメントでのご意見と合わせて、情報教育については、地域間・学校間でのレベルの格差がありそうな件、わかりました。

また、教員の養成が困難な件についても、理解しました。

現場に関連していた立場からの貴重な経験とご意見をありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ