人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人は何故、歌を歌うのでしょうか? 生物学的にはどんな意味があるんでしょうか? 類人猿も歌を歌うのでしょうか?

●質問者: isogaya
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:生物学 類人猿
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● なぜなに
●20ポイント

英国の研究者によると、類人猿は言語と文化を持っており、

類人猿のネアンデルタール人は、ソプラノのような

高い声で話したり、歌ったりしていたそうです。

そして、それらは言語同様、言葉の響きが音色を持ったような

コミュニケーションの一部であったと推測されています。


(参照原文):http://www.abc.net.au/science/news/stories/s1323798.htm

(一部訳):http://saru-hito.blog.drecom.jp/m/archive/36

◎質問者からの返答

少し、延長します。学術論文を教えてください。


2 ● koyama2000
●20ポイント

人は歌を歌う事(大きな声を出す)によって横隔膜の上下運動が激しく促進され、それに伴って胃や腸、さらに肝臓などの内臓にマッサージ効果が起こり動きも血行もよくなり、からだもぐっと温まります。同時に肺も使うので大胸筋や肋間筋などの呼吸筋もよく働き、体温も高まっていきます。

また、大声を出し発汗すると体内の老廃物を排泄すると同時に、歌うことで呼吸が活発になり、肺を通して血液内の揮発性の汚れ・老廃物も排泄されます。歌えば歌うほど、どんどん血液がきれいになっていくわけです。

人は無意識にこのような歌うことでおこる体の作用をしっているから歌うのでは?と思います。

ストレスも発散されますし、歌って素晴らしいですね。

http://www.kansetsukadou.jp/article/13352971.html


3 ● usaco123
●20ポイント

ヒトはなぜ歌うのか

http://web.mac.com/hovoice/main/why_do_you.html

人はなぜ歌うのか?

http://www5a.biglobe.ne.jp/~g-cherry/utaukoto.htm

http://www.h5.dion.ne.jp/~k-hase/music_vocal.htm


4 ● ita
●20ポイント

http://en.wikipedia.org/wiki/Generative_grammar

4. Music の部分に記述あり。

たとえばマイナーコードを聞いて悲しくなりメジャーコードで楽しくなるのは先天的なものか、後天的条件付けなのか。

ということを考えるとチョムスキーを連想します。彼の理論は、言語はあるていど先天的な脳の機能で決まってくるとうものです。

以下自分の考えですが、おそらくコード進行とそれによって想起される感情は先天的な脳の機能によるんじゃないかと。

それが進化で有利に働いたというよりは、音声によって情報や感情を伝達する機能を獲得する上で感情>音声という対応と音声>感情という対応ができて、感情を声に出し、それを聞いた人間が同じ感情を抱くということで音声を介した感情の共有が可能になり集団として生活する上で進化に有利に働き、その副産物として特定の音声によって特定の感情が想起されるというチャンネルができたというのはどうでしょうか。


5 ● zenchi
●20ポイント

小鳥のさえずりも同じですが、歌はコミュニケーションの一つですから人間が歌うのは当然だという結論になります。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~g-cherry/utaukoto.htm

◎質問者からの返答

うーん、学問的な考察はあまりないのですね。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ