人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

魚焼きグリル…今でこそ当たり前の様にコンロに付いていますが、アレの元祖を知りたいと思っています。
ズバリ!日本で最初の魚焼きグリルを教えて下さい! また、もし分かる様でしたら、日本初の魚焼き器(ガス/電気)も知りたいです!!

●質問者: tooh22
●カテゴリ:グルメ・料理 家電・AV機器
✍キーワード:グリル ズバリ 元祖 電気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●35ポイント

魚焼きグリルの隠れ話

まず、グリルは、いつ誕生したのか?日本で初めて誕生したのは、昭和30年頃。(ハーマーという会社)片面焼きグリル付きコンロが誕生。昭和45年には、両面焼きグリル付きコンロが生まれる。(同社)そして、「魚焼きグリル」は時代と共にさらなる進化を遂げる。(昭和49年には、連続放電点火方式)(昭和56年には、後方排気式テーブルコンロ)(昭和59年には、プッシュ点火方式テーブルコンロ)どんどん開発され、進化したお陰で、我々は魚を美味しく食べる事が出来る。(ちなみにこの会社、昭和5年に、国産品第1号の湯沸器も製造している。)魚焼きグリルが誕生する以前は、日本人は「焼き網」で魚を焼いて食べていました。(今でも、焼き網を使うご家庭も多いですが・・・)その網を専門に作っている職人さんがいました!伝統工芸の一種で、金網工芸と呼ばれる。今では5?6軒しかない。その1人は、京都「辻和金網(つじわ かなあみ)」店の辻善夫さん。昭和2年に、先代、辻和三郎さんが、創業して以来70年近く、料亭などのプロが使う網から、家庭で使われる網まで、作ってきた。現在は、二代目の辻善夫さんが、日々金網を編み続けている。辻さんの作り出す道具は、焼き網から、水切り網、茶こしや、湯豆腐杓子(しゃくし)、裏ごし・・・などの台所用品の網にまつわるもの全て。 手編みだからこそ出来る繊細な金網製品は暮らしの中の芸術品といっても過言ではない。(by番組情報部調べ)

http://www.tbs.co.jp/radio/kentaro/2005/20050624.html

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます!


2 ● itsumonogetsuyoubi
●35ポイント

http://www.tbs.co.jp/radio/kentaro/2005/20050624.html

>日本で初めて誕生したのは、昭和30年頃。(ハーマーという会社)片面焼きグリル付きコンロが誕生。

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます!



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ