人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一般社団法人設立の際に自分が設立時代表理事になった場合、もう一人の発起人を自分の家族にすると、何か経理上など不利な点は生じないかどうかを教えてください。

●質問者: tamami-san
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:一般社団法人 家族 理事 設立
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kick_m
●35ポイント

一般社団法人の理事や監事には親族制限があり、1/3を超えてはならないそうです。

http://ishs.office-segawa.com/112.html

http://ishs.office-segawa.com/232.html

http://ishs.office-segawa.com/242.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。では理事や監事でなければ良いのですね。


2 ● hino
●35ポイント ベストアンサー

株式会社でいう発起人は一般社団法人では社員と呼びますので、そういった前提でお答えします。

社員になっているだけでしたら、特段不利な扱いはないと思います。

社員だけでなく役員にもなっていると税務上いろいろな面も考慮しなくてはならなくなってきます。

例えば税務上非営利型法人の扱いを受けたい場合は、要件の一つとして理事の3分の1以上親族等がいてはいけないことになっていますが、ご家族が理事になっていると要件を満たすために親族関係等ない人をあと4人理事にしなければなりません。

◎質問者からの返答

とても丁寧なご回答ほんとうにありがとうございました。では発起人は社員扱いということで、非営利型法人の扱いを受けたいわけではなければ、不利な扱いはないということですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ