人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1575年の仙台に現代の最高の知識を持った科学者がタイムスリップしたとして25年寿命があったとしたらどうなりますか?

●質問者: maziro
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:タイムスリップ 仙台 寿命 科学者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 33/33件

▽最新の回答へ

[1]「科学者」の定義にもよりますが gryphon

逆に歴史に詳しい人だと活躍できそうですけどねー。

最初は漫画の「JIN」のように、医者として活躍するところから始めればいいのではないでしょうか。まだ消毒もビタミンも知られていなかった時代ですから、それを施すだけで周りから名医として扱われ評判になるでしょう。

医者というのは古来、身分に関係なく有力者が手元におきたがります。数年たって有力武将の側近(誰に仕えるかはあなた次第ですが、センd内ならやはり伊達政宗?)となり、あとは一般的な歴史知識を駆使すれば。

「武田勝頼、ほろびますぞ。織田と関係を強化なさいませ」「中でもなりあがりの羽柴とかいう男、只者ではございませぬ」「上杉家、跡目争いが謙信公の次はあるでしょうが、景勝にひそかに軍資金を与え貸しをつくっておきなされ」と、ぶきみなほど的中させます(笑)。逆に、そういう重要人物の芽を若いうちに摘んで歴史を狂わせてもいいですね。

あと科学知識が豊富なら、黄金の精錬効率を上げることができるから、特に奥州だとこれですごく豊かになるはずです。

これで寿命が尽きる1600年(本当の歴史なら関が原)までには奥州を豊かな一大軍事基地にできます

こんな感じで、相当なことはできると思いますが、まずは大きな事をしたいなら、権力を握るところからですね。逆に、村の名医や、利益率の高い鉱山の所有者として不自由なく暮らすこともできるでしょう。


[2]片倉景綱が伊達政宗の側近になった年ですね some1

「現代の最高の知識」が何を指すかが不明確ですが、


例えば、プログラミングに関する知識と技術があったとしても、

電気も半導体もない戦国時代では役に立たないでしょう。

また自動車の修理ができる人でも、鉄鉱石の採掘から、石油の精錬全てを機材やそれらのノウハウ無しにこなせるわけではありません。

核兵器や原発の設計ができる物理学の知識があったとしても、ウランの濃縮や、タービンの作成などができません。


現代の物資やエネルギー環境を前提にしてナノテクだの、バイオテクノロジーだのは成り立っているわけで、

最先端の知識になればなるほど、その時代には材料も環境も整わず、

科学者は悔しい思いをするだけだと思います。


体を鍛えていない+実践する技術が無い、知識ばかりの頭でっかちだったら最悪かもしれませんね。

見知らぬ奴としてつかまって拷問で殺されてしまうだけかも。


[3]スタートダッシュが鍵? imo758

ひたむきに権力を得ることを目的とするならば…


まずは身寄りも戸籍もない状態でワープするのでしょうから、当座の生活をどうするかが

最大の難関になります。しかも服装が怪奇。

関ヶ原の前ですから傾奇者は取締を免れられるでしょうが、商習慣などは、

知識はあったとしても当然身にはついていないわけですから、下働きも無理。


武士も考えましたが、それよりまずは全速力で寺に駆け込んで出家するしかないと思います。

道行く人に出会ってしまったら、やたらめったら「坊主になりたい、寺はどこか」とだけ喚いて

余計なことを一切しゃべらないように努めるしかないでしょう。

市中をふらふらしていたら牢獄へと超特急です。


僧侶と面接になったら平身低頭、身につけているもの一切などを交渉材料にして

とにかく最低限の衣食住と安全を保証してもらいます。


食事は衛生的とは限らず注意しなければなりませんが、出されたものを

食さないわけにもいかないので、常に必ず厠の位置と空きは把握しておきます。

また当時の細菌環境に体が慣れてないであろう点も懸念されます。


仏門ならば文化や医療に理解のある人間も見つけやすいものと思われます。

これぞという人物に出会ったら慎重に知識を小出しにします。

特に医療は下手に高説垂れると薬や医療器具の貧弱さや当時の医療文化との衝突などに

すぐさま足元を掬われるので要注意です。

また牛痘の噂を聞きつけたらなんとか現地に赴いて自らに感染させておきます。


2,3年くらいまで経ったら現地にも慣れるでしょうから、これからの戦略を練ります。

出家するとしていつか、牛痘接種の知識をどう使い始めるか、信用できる人は誰か、

当時の常識との衝突をどうするか、権力や財力をどう蓄えていくか、などです。


特に医療など科学知識を活用していくと、利権を握っている人々との衝突は免れません。

出自の弱みがあるので、どうやって相手に取り入っていくかという政治力が問われるようになるでしょう。


世知辛いことです。


[4]ま、少しは 変わると思うが、たいしたことはないな。 taknt

だって 人が 一人だけいても、環境が整ってないと 何もできないじゃん。

材料を入手するのも 大変だし。

加工して作るのも時間が かかるだろう。

そもそもその時代で何をすべきか?

なんて ことを 考えるので時間が過ぎちゃう。

それに 科学者だったら 歴史に 詳しくないだろうしね。

歴史的観点から、どうしたらいい?なんて 発想には ならないでしょう。


[5]機械工学の学者であれば Baku7770

騎馬鉄砲隊用に連発可能な後込式銃を作るでしょうね。

伊達政宗の元服が1577年ですから、領土をかなり拡大したでしょう。


[6]25年の寿命 raywhite

25年間は「死なない」と分かっているなら間者などとしての活躍が期待できますね。

何しろ、「死なない」のですから科学者でなくても利用価値はあります。

というのは冗談ですが、その当時に科学者として役に立つとすると化学、医学、機械工学の面でしょうね。機械工学もむしろ金属工学で冶金系の知識が活かせる場面があると思います。

天体現象や気象についてその当時の記録を覚えていれば軍事的にかなり有用な知識になりますので参謀として身をたてることも考えられますね。


[7]>4 同感。まずは衣食住。 australiagc

一般人でも、全く違う環境に放り込まれたら、まず衣食住に苦労しますからね。ましてや、科学系の学者じゃサバイバル能力も低そうですし。

いくら優秀な人材であったとしても、紛争中の中東やアフリカ、南米の国々に単身乗り込んでも何もできないのと同じかと。一ヶ月健康状態を保てれば良い方。

「1575年の仙台で大名家の家老として無条件で仕官ができたとしたら」、ではないと意味が無いですよね。


[8]>7 あ、衣食住より言葉だ・・・ australiagc

当時の仙台弁喋れなきゃ、そもそも蛮人扱いですね・・・。

仮に関八州に行ったとしても、標準語通じないだろうし。

関西弁喋れても、当時の大阪じゃやっぱり通じないだろうし。

まずは語学の勉強から?ってことは、大名家に仕官する前に出家してお寺で手習いですね。


[9]>2 質問者ですが・・・ maziro

>プログラミングに関する知識と技術があったとしても・・・・

プログラムや通信などの情報処理技術はこの時代の既存技術との組み合わせででも十分応用できる技術だとおもいます少し推敲したら面白いかもしれませんね。

>最先端の知識になればなるほど・・・

最先端の知識というのはそれにいたるその分野の歴史や成り立ちを普通の人よりは知っているので有効利用できる可能性が高くはありませんか?


[10]>8 質問者ですが・・・ maziro

言語による差は頭が良い人なら1年もあれば埋められるのではないですか?

問題はどこの馬の骨ともわからない人物がいかにして注目されるかという戦略をねるわけですが、まずは町人の身分としていろいろ開発して注目してもらうというのはどうでしょうか?


[11]>6 質問者ですが・・・ maziro

25年間は「死なない」というのは、25年後振り返ってみれば的な視点で考えた場合で無理に死のうとすれば多分死ねるのでしょう。


[12]>1 質問者ですが・・・ maziro

壮大にいくなら日本が大英帝国をしのぐ国に発展させることが出来るでしょうか?


[13]>10 努力と根性と運次第じゃないですかね。 australiagc

当時の仙台の言葉がどんなものか分かりませんが、僕個人の経験からすると東北地方のおじいちゃんやおばあちゃんの喋ってる言葉はさっぱりでした。今なら若い人に通訳してもらえれば良い話ですが、当時の仙台に現代の標準語を解する人が居るはずも無く。


「どこの馬の骨ともわからない人物がいかにして注目されるか」ですが、戦時下ですのでスパイ扱いされるリスクも非常に高いでしょう。ただ、西洋の宣教師も来ている時代ですから、いっそ○○国から来た△△教の宣教師ですと言った方が、言葉があまり通じないことや服装が違うこと、新しい技術を持っていることも説明が付きやすいかも。ようは、科学の知識を使って手品でもやって、「これぞ神の力です!」ってなカンジで宗教をはじめるのが一番良いかも。


[14]>12 この時代だとすごく可能でしょう gryphon

というのはイギリスの隆盛は1588年にスペイン無敵艦隊を破った後のことですからね。

科学者じゃなくても、大まかな歴史のながれを知っていればスペインを応援するなどいろいろ妨害できますし。

たとえば当時の日本は銀や金をどんどん算出してそれで盛大にものを買っていたのですけど、のちに西洋人が大好きになり、中国との貿易で赤字をつくった「茶」の貿易を日本が推進することもできるでしょう。

また、東南アジアの西洋の拠点も、当時はそういう発想が無かっただけで、戦国大名が総力を挙げて奪取するという計略でいけば、距離の問題でほぼ手中に収めることができたでしょう(そういう植民地の是非もありますが・・・)

当時、鉄砲の技術と量は事実として世界最大でしたから。

ああ、科学者が未来から来るという前提なら「炸裂弾」(当時はなかった弾が爆発する仕組み)や「すぐに着火するフシギな油・ガソリン」も作れますよね。木造の船だったその時代、他国には圧倒的な軍事的優位に経ちます。

遠洋航海も「壊血病はビタミンの不足によって発生する」と分かっているだけで圧倒的に有利ですし(笑)

まず九州をまとめて覇権をにぎるほうが難しく、もしいったん国内の大勢力にのしあがれば、あとは大英帝国並みの海外進出も逆に楽でしょう


[15]>9 恐らく jin_jin74

最先端の捉え方によるかと。情報処理や宇宙物理学のように最先端設備をベースにした知識は全くの無駄です。

それを当時の技術と組み合わせて活用・・・というのは情報処理技術ではなく論理学なんかの別の知識ですな。

さらに日本史には脚色が入っている可能性が多分にあるため

現代人の方が当時の人々・風習を曲解していたために相手を怒らせて身の危険に・・・という可能性も。


まあそのあたりの否定的な意見はともかく。

本草学などは当時の人の方が長けている可能性が高いので無理。むしろJINのように近代医術ならアドバンテージもあり。

工学は・・・材料面は無理としても、新たな構造物だけでなく治具なども提案が活かせるか。

農学は品種改良はあきらめて、耕作方法の向上で収穫アップ。

経済学などは上手く権力者のそばに就くことが出来れば成果が一気に上がるかも。

文学は・・・その時代のためと言うよりも、当時残っている稀覯書を後世に残すことに生涯を費やして欲しいですな。


ただし。

結果もたらされるものが必ずしも利点ばかりではないという可能性もあります。

例えば専業の武士を初めて作ったとされる織田信長ですが、信長の軍は練度が高く農繁期でも活動できる反面

自分や仲間の土地を護るという意識が低かったために士気が異常に低かったと言われます。

近代の法治国家の論理を当時の日本にばらまくと、下手をすれば国が傾きます。


[16]火薬のスペシャリスト tnygutch2010

1575年、長篠の戦で織田信長が鉄砲隊を使った噂を聞いた伊達輝宗は、タイムスリップしてきた火薬のスペシャリストに、もっと破壊力のある武器の開発を命じる。

1584年、伊達政宗、18歳で家督を承継。

1585年、豊臣秀吉、関白 ? 1586年 太政大臣。

1587年、秀吉、関東の北条氏と東北の伊達氏に対して、惣無事令(私戦禁止令)を発令。政宗は秀吉の命令を無視して戦争を続行。

1589年、政宗、東北地方の覇権を賭た摺上原の戦いで会津地方を支配。秀吉傘下の蘆名氏と戦うことは秀吉への挑戦を意味。

1589年、北条氏、兼ねてより真田家との間にあった領土争いが暴発(名胡桃城事件)。

政宗、秀吉から上洛して恭順の意を示すよう促す書状が何通か届けられたが、すべて黙殺。

1590年、秀吉、北条氏が惣無事令に背いたとして、小田原征伐。

政宗は父・輝宗の時代から小田原北条氏と同盟関係にあったため、北条氏と同盟し、秀吉と戦う。

この戦いで威力を発揮したのが、伊達政宗軍の弓矢に爆薬を仕掛けて改良した小型ミサイル。

騎馬隊がミサイル攻撃隊となって豊臣軍を撃破。

秀吉失脚。

・・・というのはいかがでしょうか。


[17]1575年時点で寿命が25年ということは yam3104

生きられるのは1600年、つまり関が原の戦いの時までですね。

この事に絞って言えば関が原では史実以上に東軍の圧勝、或いは関が原を待つまでもなく東日本の覇権あったと思います。「最高の知識」の一つ例えば戦略論があったなら伊達氏のブレインとして重宝されるでしょう。また地理学に精通していれば敵の弱点を意図も簡単に付く事だって可能です。

関が原以前に徳川もろとも潰して仙台を日本の首都とし、戦国時代を終わらせるというシナリオなら最高ですwその後は仙台都市計画を進めて日本発展……と行きたいところですが25年では無理でしょうし、遺書に書くぐらいですかね。


[18]>13 それ何て yam3104

南方仁先生ですか?w


[19]>8 当時の言葉が分からないとなると yam3104

アイヌ語でも同じでしょうから、いっその事仙台から北に進んでアイヌとの接触を図るとうまく行くかも知れません。当時は道南には和人が進出していたはずですから、そこを拠点にすれば東北?北海道に国家級巨大勢力を築き、「日本」を脅かす存在にもなり得たでしょうね。いわば、独立性の強い松前藩と言った感じですね。


[20]仙台に何らかの貢献が出来れば yam3104

日本ごと、史実とかなり変わるでしょうね、少なくとも交通網においては。

今で言う仙山線や磐越西線辺りが発展することには間違いないでしょう。むしろ関東以南・以西が田舎モノ扱いされるかも?w


[21]>11 戦国時代ですから yam3104

殺されない為の対策に精一杯になるのでは?とは言え最先端技術をもって「殺されない術」を打ち立てれば戦国武将に十中八九重宝されるでしょうね。レーダー技術とかも良さそう。


[22]ここまでに出た話をまとめつつ少し自分の話 maziro

障壁

・デフォルトの服装の壁。

・言語の壁。

・身寄りや戸籍が無いため衣食住を確保できない壁。

最先端の知識によるアドバンテージの利用方法。

・新兵器を次々と開発させて、戦において主君を有利することができる。

・航海術を進歩させられる可能性がある。

・最速の通信手段を確保出来る可能性がある。

・経済学の知識によって、経済発展をさせられる可能性がある。

・経済学+気象学の知識によって、金を儲ける事ができる(武士に取り入る事ができる)

・医学の知識で、人を救う事ができる。

・歴史の知識により有力者に肩入れして権力を得ることが出来る(自分の知識によって歴史が変わるので虎の巻を見るが如く利用は出来ない可能性はある)

・秀吉や家康などの天寿を全うした武将については最高に生きて何歳くらいという推定ができる。


[23]>15 「近代の法治国家の論理を当時の日本にばらまくと、下手をすれば国が傾」くんなら yam3104

いっその事、ここまで行って良いんでは?w

http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_574/trunks/3453298.jpg


[24]>22 話がズレますが yam3104

この質問を立てられたのには、何か理由があるんでしょうか?ただの思い付きではこういう発想は中々出て来ないと思うのですが。


[25]>24 ご質問ありがとうございます。 maziro

この質問をしようと思ったきっかけは、知識でどこまで歴史が変えられるのかというのをみんなの脳内でシミュレーションしてその結果を聞きたかったからです。

こういうシミュレーションは自分ひとりだけの知識で行ってもなかなかうまくいかないと考えたので質問したところです。


[26]>23 たしかに・・・ maziro

世界制覇をするためには信長のように天皇制からの脱却を図るか、大日本帝国のように天皇を担ぎ上げるかしなければむずかしいでしょうね。

前者の場合世界に進出した時に現地の人が仕組みを理解しやすいため受け入れられやすそうだが、国内の反旗のリスクが上がる。

後者の場合、大政奉還になぞって世界進出を行う。反旗のリスクは天皇制を廃嫡させるよりも減るだろうが、日露戦争後の日本のように能力主義を無視したような愚を犯したことに因果関係がある可能性がある。

ある程度侵略した後に日露戦争後の日本が犯したような失敗をして、太平洋戦争によってアメリカにやられたようにどこかの勢力にやられ傘下にされる可能性がある。

天皇制存続シナリオ

・伊達政宗の取り入り、信長が死ぬ前にの傘下に入って秀吉を叩いて秀吉の代わりに政宗が世界制覇の夢を引き継がせる。

皇帝シナリオ

・仙台ではなく、信長のもとへどうにかして行く。そこで能力をみとめられ自分が大名になる。秀吉を暗殺し秀吉と同じ手法で天下をとるが、思想は信長を引き継ぎ世界に進出する。(ただし、桶狭間の戦いが1560年で信長が死んだのが1582年とすると仙台から出発して25年しか寿命が無いので上洛となると相当な効率性が求められる)

信長を長生きさせ1600年まで生きさせるシナリオ。

・皇帝シナリオと同じように仙台を捨て、信長の元へ行くが家臣の立場に満足して世界進出の手助けをする。その際に光秀と秀吉が力をつけそうな手側を横取りする事で本能寺を回避する。

関西地区へ移動する案は1575年からでは体制が固まっている可能性が高く取り入れルカ脳性がどの程度残されているかは疑問が残る。


[27]>25 想像は尽きませんね yam3104

こちらこそお返事ありがとうございます。確かに、色々な可能性が出てきてますよね。創作のヒントにもなる……事もないか(お気に障ったらすみません)?

私は、もしかしたら科学者が武士に取り入る事が出来たら案外と趣味に走って、そんなに歴史は変わらないんじゃないかなとも思います。お題の趣旨からすれば詰まりませんが、「タイムスリップした科学者」としては面白いんじゃないでしょうか。

「当時の将棋vs現代将棋」とか「当時の囲碁vs現代囲碁(これは「ヒカルの碁」の逆バージョンですね)」とか、見てみたいものですが……。そっちで歴史を変えてしまうかもしれませんw


[28]織田信長が天下統一? pika1996112

本能寺の変をしないでこのまま統一(多分ないな)


[29]戦国自衛隊 chipmunk1984

ですね.(映画ではなく半村良の原作のほう).1人では何もできないのではないでしょうか.


[30]>29 確かに yam3104

いくら「最高の知識を持った科学者」であっても、人間関係が疎かではどうにも成りませんよね。フィクションだったら、そこら辺の事は簡単に乗り越えるんでしょうが。後は「どうなりますか」をどう捉えるかにもよるでしょうね。


[31]>14 仙台ですから yam3104

「大英帝国並みの海外進出」なら逆に奥州から北海道、満州、シベリアを開拓する手立てもありそうですね。日本どころかユーラシアの北を押さえるというwただ、どういう形にしろ海外進出とまでなると人員がかなり必要ですので、そこをどう解決するかですよね。


[32]なにもできないまま25年後に死にます I11

タイムスリップした直後、身なりや挙動不審により、強盗殺人の罪で捕縛。抗議するも相手にされず死罪となりますが、罪一等を減ぜられ、目と声を奪われ、盲目唖人となり、流刑地で25年間生き、歴史になんの影響をもたらすことなく、過去に行ったことを後悔しながら死ぬでしょう。

歴史不介入の法則、歴史修正不能の法則により、タイムトラベラーはいかなる状況でも、いかなるかたちでも、歴史に介入できません。その法則から考えると、前述のような結果となることは間違いありません。

歴史の進歩は、その時代に生きる人の努力と意思によって成し遂げられるものであって、他の時代の人がどんな意思をもってしても歴史は変りません。

一度進んだ時間は二度と戻らない。だから人は二度と戻らないたった一度きりの人生に真剣に向き合おうとします。その真剣な生こそが歴史を前進させていくのであって、過去を変えようとするいかなる努力も徒労となるでしょう。

ゆえに、過去を変えることが進歩だという考え方は、怠け者の思考です。“最高の知識を持った科学者”であるなら、過去に変えに行こうという意思は持たないでしょう。なぜなら、その知識によって未来を変えることをその科学者は知っているはずだからです。

この質問を見て、私は学生時代、右翼チックな学友が「オレが五・一五事件の時代にタイムトラベルできたら、昭和維新を確実に実現できたし、大日本帝国は米英に勝利できたはずだ!」などと青臭いことを言っていたことを思い出しました。

過去を変えることが進歩になるというような発想の人物に、真に歴史を動かすようなことはできはしません。なぜなら、歴史を動かすということは、未来を変えることであって、過去を変えることではないからです。

未来を変えるのなら、今この時代で変えれば良いのであって、今、この時代で変えようとしない人が過去に行ってもなにもできはしません。変えるなら、今、この時代で、未来を変えれば良いのです。

歴史修正主義者がその典型であるように、「もしも歴史が??だったら」というような空想や妄想は、今できる努力をしていない人が、自らの怠惰さを自己弁護したいという動機が背景にあります。少なくとも私はそう考えています。


[33]>32 「歴史不介入の法則」、「歴史修正不能」の法則 maziro

「歴史不介入の法則」「歴史修正不能の法則」というのは誰が提唱した法則でしょうか?

両法則とも検索には引っかからないのですが…

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ