人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

医薬品の「一般名とは」を定義した厚生労働省(あるいはそれ以外の省庁でも、「公的」な定義)の文書を探しています。
もしくはその名称が俗称であることがわかる文章を探しています。

Wikiには説明が下記のようになされているのですが引用されている厚労省の文書を見ると「一般的名称」という説明はありますが、「一般名」という言葉は出てきません。
この言葉そのものが俗称なのか?定義があるのか?探しています。

---Wiki--
医薬品と一般名
医薬品には薬効成分となる化学物質の名前と、INN規準によって国際的に使用できるとして定められた一般名 (generic name) と、会社の独自性を表し付けられた商品名としての名前がある。この項で解説する一般名とは、製薬企業の経済活動の一環によって名付けられる商品名ではなく、WHOを中心として国際的に通用し用いることのできるように付けられた名称を言う。
---

●質問者: kame10
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:Generic INN name WHO Wiki
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ko8820
●35ポイント

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T100308I0020.pdf

http://www.cocokarada.jp/medicine/column/generic/01.html

http://www.info.pmda.go.jp/

一般的名称は厚生労働省がつけた名前

一般名(generic name)と違う場合もあり


2 ● おおぼけ町のシゲ
●35ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E5%90%8D#.E5.8C....

質問の引用文に(抜粋)(一部加筆)

この項で解説する一般名(generic name)とは、製薬企業の経済活動の一環によって名付けられる商品名ではなく、WHOを中心として国際的に通用し用いることのできるように付けられた名称を言う。

とあります

なお国内については

引用文の続きに

しかし国際一般名として名づけられた化学物質であっても、一般名の呼称は国の政策によって採用された呼称が異なる場合がある。日本では、薬事・食品衛生審議会日本薬局方部会の下に医薬品名称調査会が設置され、医薬品名称調査会承認名(JAN:Japanese Accepted Name)を定めている。新規に医薬品の製造販売承認を申請する場合、このJANを一般的名称[1]として用いることが求められているいる[2]。そのため、これまでINNと日本における一般名が異なる場合があったが、日本薬局方の第15改正にあたって局方名、JANとINNの整合性をとり一元化された命名法に向けた取り組みが始まった[3]。

とあり

一般的名称 の注釈に

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%88%AC%E5%90%8D#cite_no...

^ 薬事法(昭和35年8月10日法律第145号)では、「一般的名称」と呼称する(同法第50条第2号ほか)。

とありました


3 ● tnygutch2010
●10ポイント ベストアンサー

厚生労働省の通知で「一般名」という用語を使用している文書はありました。

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/050400/seizou/tuti/pdf18/%9...

通知の中では、JANが「一般的名称」、INNが「一般名」という表現がされているので、英名のINNが一般名で、INNをカタカナ表記した和名のJANが一般的名称なのかと思いましたが、【別添1 一般名の命名基準】を読むと、英名と和名の違いもなくなっている感じがします。

「一般的名称」と「一般名」の定義がされないまま2つの用語が使用されていて、2つとも同じものを指しているように読めるのですが、いかがでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ