人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

38才の会社員です。
メーカの技術部に所属しています。

仕事のこなし方について質問です。

通常、一度に1つの仕事だけ行うというのはまれで、
同時に2?3の仕事をこなさないといけない場合があります。
私は、同時にこなすのが得意でないので、そうなると
一つ一つの仕事の質が下がってしまいます。

皆さんはどのような工夫をされていますか?
意見、参考図書、参考サイト等よろしくお願いします。

●質問者: mizore_chan
●カテゴリ:就職・転職 コンピュータ
✍キーワード:サイト メーカ 会社員 意見 技術部
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● 111
●15ポイント

自分は、SEなのですが、常に雑多仕事や、PM的なことやいろいろやっています。

事実上社内の何でも屋と化していますので。

常にたくさんのタスクを平行してやっています。

まずは、優先順位をつけてタスクごとの期限を明確にします。

逆に期限が明確に切れないようなタスクはあまり重要でないことが多いです。

帰る前にレポート用紙にTodoを手書きで箇条書きで記入し。

1日数回は、そのレポート用紙を見直します。

そして終われば消していきます。

8割がたのタスクが完了したら新しい紙に繰り越しタスクと新しいタスクを書き直します。

よくディスプレイに付箋をベタベタ張っている人がいますが。

あれは、タスクではなく備忘録だと思います。

仕事の整理術とかいろいろ本がありますが、まずは目先の整理が重要かと思います。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%8...

最近だと、ホリエモンさんのメールを使った整理などいろいろな方法がありますので、

まず自前で検証してみた後、自分にあった方法を見つけてください。

何かのご参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

早速ありがとうございます。

>逆に期限が明確に切れないようなタスクはあまり重要でない・・

これ、ポイントですね!


2 ● kick_m
●15ポイント

そういうのはふつうは小学生のときに学ぶんですよ。算数の宿題、国語の宿題、塾の宿題、サッカーの試合・・・・ あなたはたぶん今まで何もしてこなかったんでしょうね。

http://www

◎質問者からの返答

どのようなことを学ばれましたか?

是非教えて下さい。


3 ● ラフティング
●15ポイント

見える化が大切ですね☆

Google appsのようなツールを使って自己管理を補います。

その後はプライオリティーをつけます。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

Google appsですか。


4 ● student34
●15ポイント

私もほぼ同年代で、仕事に追われる毎日です。同じこと、悩んできました。今までやってきたことや心がけていることを羅列させていただきます。

・野口悠紀雄氏の本やサイト(http://www.noguchi.co.jp/)は結構読みました。一時期、彼がプロデュースした手帳も愛用していました。今は、別に彼のいうとおりにやっていないことも多いですけど、彼の指南から学んだことは大きく、いろんなところで応用されているように思います。

・スマートフォンを買ってからは、常に持ち歩いており、何かあったら、その場でToDoリストに即時入力するようにしています。会議のときは堂々と入力するのがミソです。コソコソ売ってると、遊んでると思われます(笑)。

・その日に沸いた小さな仕事はその日に片付けてしまうことを基本にしています。もっと重要な大きな仕事を抱えていたとしてもです。ちょっとしたメールの返事とかも、即返しています。これはいい習慣だと思っています。というのも、優先順位が低いからといって、その仕事を後回しにしていると、チリも積もれば山になるというのもありますが、それよりむしろ、小さな仕事が溜まると何をすべきだったかが、わけがわからなくなり、それを思い出したり、書き出したりするほうに時間がとられるからです。

・できないことはできないと、さわやかに断るようにしています。

・すぐに返事できないメールは、「後で」フォルダにとりあえず入れておきます。

・ファイリングは常に心がけています。ちょっとした仕事でもすぐファイルを作ります。1つの塊はまずホッチキスで左を3点留めてから、パンチで穴を開けてリングファイルに入れています。仕事が終わったら、ファイルから全部取り出して資料は封筒に入れ、ファイルは再利用します。私のオフィスには、今現在、30以上のファイルがあります(笑)

・頭を使う仕事、特に創造性が求められる仕事は、ギリギリチョップでやっつけます。これ、たぶん一般的には、よくないこととされる方法だと思いますが、長年の経験で、自分はそうしたほうが高いパフォーマンスを発揮できると思うようになりました。創造性が求められる仕事って、早くに取り掛かりすぎると、私は、妙にこだわって資料集めとかばかりしてしまうからです。とにかくやっつけでも何か書き始めたほうがいいんだと頭ではわかっていても、なかなかそうできないのです。だからわざとギリギリでやるようにしています。でもそうすると、もちろんミスが出てきます。だから、そもそもの締め切りを早くに設定するようにします。たとえば、本当は1週間かかる仕事でも、上司に「3日後に叩き台を出します」と宣言し、アポイントもとってしまいます。

・あまりの先の仕事、よくあるのが、来年度の予算申請とかです。そういのは申請時期にパソコンが私に、「○○の見積もりをそろそろとれ」と通知を出すように設定しています。そうしとくことで、今現在必要ない記憶や気がかりを払拭できます。

・おきまりの仕事は徹底してマニュアル化をすすめています。酔っ払っててもそのマニュアルを読みながら進めれば、とにかく完遂できるような俺マニュアルをいくつかつくってます。マニュアル作りや修正に時間をとられているので、本当に効率的なのか自己疑念も少しありますが、おきまりの仕事をソツなくこなせるようにはなったと思います。

・あんまし0から100まで自分だけでやらないように心がけています。私は頑固モノなので、この点の克服に時間がかかりました。もっと他人を信頼する必要があるってことを学ぶのに時間がかかりました。あと、俺の“完璧”は、別に他人や顧客にとって“完璧”ではないということを知るのにも時間がかかりましたし、逆も真なり、俺の“納得いかない”は別に他人とってそれほど“納得いかない”わけでもないということ、後者の方を知るまでに時間がかかりました。

◎質問者からの返答

有難うございます。

ぎりぎりチョップ(笑)

確か、モーツァルトも演奏会の直前に作曲をしたのでしたっけ。


5 ● ゲート
●15ポイント

同時進行する仕事って相性があるんだと思うんですよね。

同時にやって効率がいい仕事同士と

かえって効率が悪い仕事同士。


それを見極めるのがいいと思うんですが

いちいちこれとこれは合うけど

これとこれはダメだとか

1つ1つ確めていたら日が暮れてしまうので

場数を踏んでこれとこれは一緒にできるけど

これとこれは一緒にできないっていうのを

感覚でざっと判断する必要があるかもしれません。


同時進行でやったらかえって効率が悪い組み合わせもあるかと思います。

これだけは一緒にやっちゃいけない組み合わせを把握する、

というのも1つの手じゃないでしょうか。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

有難うございます。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ