人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【コンピュータ用語】
フルICEのデバッグ環境で「ターゲットと接続するプローブ」と「デバッガホストパソコン」との間には、PODと呼ばれる箱がありましたよね?
この「POD」って、どういう意味なのか解説している日本語のページを教えて下さい。(何かの略? 単に「箱」程度の意味?⇒※1)
ITのエキスパートが読むに耐える記述のページを希望しています。⇒※2

ネットで調べようとしたら、意外と見つけられませんでした。
見つけて頂いた場合、探している最中の苦労談などを回答に添えて頂けると嬉しいです。


※1:英語のpodには(エンドウ・大豆などの)さや、さや状のものと言った意味があり、その意味で単に「箱」を指している程度なのかとも推測しています。
※2:質問日時点のWikipediaの「インサーキット・エミュレータ」のページは、僕にとって「微笑ましい」と思える記述でした。

●質問者: キチョー id:Kityo
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:POD Wikipedia エキスパート エミュレータ エンドウ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● koriki-kozou
●50ポイント

>ターゲットと接続するプローブ

ほぼそのままの意味で聞き覚えがあり苦労は特にない

Probe Of Device

http://www.google.co.jp/search?q=%22Probe+Of+Device%22&lr=


勝手な妄想

Fuel pod/Missile podなどぶら下がっているように見えるものをpodと呼ぶという語呂合わせ的な事もあるかもしれない

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

Probe Of Deviceと言われると、僕にも聞き覚えがあった気がします。

ご紹介頂いたgoogle検索ページの筆頭にhttp://www.j-tokkyo.com/2002/G06F/JP2002-007164.shtmlが表示されましたが、そのページはITのエキスパートが読むに耐える日本語の記述でした。

ただ“Probe Of Device”では、ターゲットと接続するプローブ(の先っちょ)そのものの意味となってしまい「箱」の部分の機能的な意味が置き去りになったネーミングな気がします。昔のデバッグ環境ではCPUの枝葉の型番によるピン数の違いなどに合わせた「プローブ部」とCPUのシリーズに共通な「POD部」とが分離可能だったものを触った覚えがありますし。

箱状のもの(?)、ぶら下がっているように見えるもの(?)、或いはふくらみのある部分(?)のニュアンスのpodと、元々の“Probe Of Device”から来たネーミングだけれど、どちらかと言えば前者のニュアンスだけ生き残って・デバッグ環境の中で何となくふくらんでいてぶら下がっているように見える部分をPODと呼ぶ用法だけが今でも生き残っているのかも知れませんね。


2 ● virtual
●30ポイント

pod

4.《家庭》〔便利調理器・コーヒメーカなどの〕(着脱式)ポッド、容器{ようき}

5.《航空》補助タンク、補助燃料タンク、燃料補助タンク◆着脱式の


英単語のpodです。

プローブ部分に全ての機能を入れることができないので外部に機能の一部を持ってきた部分がpodです。プローブ「本体」に対して「補助タンク」の意味でpodが使われています。

主体であるプローブに対する従の意味と脱着式であることからpodが使われています。


本当か?と言われるとpodの単語としての意味がそうなのでそうだとしか答えられませんし、元の英語文書で単語使われているのをそのまま日本語でも使っているのでpod自体の日本語の説明は見つからないでしょう。

◎質問者からの返答

カタカナの「ポッド」と同じ意味で、中に何が入っているかには関係なく元々の英単語のpod意味であると言う力強い説明ですね。ありがとうございます。

しかし英文のマニュアルでもデバッグ環境の中のあの箱状の部分については常に大文字でPODと表記されていますので、第1回答の“Probe of Device”辺りとの語呂合わせなりがあって専門用語に格上げされているのだろうと思えて来ました。

ICE本体が入っていようが・インターフェース変換のロジックだけが入っていようが、デバッグ環境の中でそんな形状をしていれば、あれはPOD。


3 ● virtual
●30ポイント

2回目回答です。

コメント欄を開けてもらえると助かります。


しかし英文のマニュアルでもデバッグ環境の中のあの箱状の部分については常に大文字でPODと表記されていますので、第1回答の“Probe of Device”辺りとの語呂合わせなりがあって専門用語に格上げされているのだろうと思えて来ました。

私は逆にそれは後付の語呂あわせだと見ています。検索結果の絶対的な件数が少なすぎるからです。

大文字表記なので略字だという考えを持たれているようですが、文章中で一般的なPODの説明をしている場合は小文字で書かれている例もかなり見受けられます。また、製品の説明中に出てくる言葉としてのPODは製品名としての○○PODという意味合いだったりするので大文字で書かれていることは確かに多いです。

例えばWikipediaのHP64000の説明(笑)になりますが、そこではPODではなくpodと一般名詞的に記述されてあります。

http://en.wikipedia.org/wiki/HP_64000


実はその昔、仕事でICEをいじっていた時に先輩にポッドというのは戦闘機の増槽タンクのポッドだよと教えられたことがあるというのがよりどころだったりしますが、どのマニュアルを見てもpodの用語説明が載っていないので単なる単語だからそりゃそうだよなと納得した記憶があります。

◎質問者からの返答

再回答ありがとうございます。

語呂合わせが先であれ、後付であれ、デバッグ環境の中でのあの箱をPODと称するのは・現実として専門用語のようですよね? デバッグ環境のベンダー(メーカー、ディストリビューター)に依らずPODと言っていますから。

virtualさんも、第1回答のkoriki-kozouさんも、僕のこの質問の意図と言うか・質問の裏にある「僕が分からないポイント」をよく理解して回答を寄せて下さっている点が、とてもありがたいです。僕は今・既に、CPU置き換え型のフルICE環境であろうが・JTAG環境であろうが、ターゲット側のプローブとデバッガホスト側のインタフェース(USBなど)の間にある「箱」をPODと呼んで良いと思うようになりつつあります。

英語圏のエンジニアであれば、普通の言葉のpodの意味で違和感もないのでしょうし、(podの語彙に対して指しているものが的を射ている限り)何故boxと綴らないのかなどとは疑問にも思わないのだろうと思います。

日本語ネイティブな僕にとっては、箱の中の機能に関係なく・どのベンダから供給されるデバッグ環境でも「あの辺りにある箱」を一律にPODと称しているのが気持ち悪いのです。デバッグ環境の技術はIT分野の中でも最も難しい部類で変化も激しいため、万人(関係するエンジニアに絞っても)に誤解なく伝わる用語が育ちにくいのだろうとも思います。

なので、デバッグ環境のあの辺りにある箱を指す言葉がPODと呼ばれている経緯を堂々と解説した日本語のページはないものかと、この質問を立てました。


コメント欄を開ける代わりに、お1人様あたりの回答数上限を増やしておきます。回答をオープンするだけでポイントが必要なのは勿論知っている上での質問者の行動ですので、フィードバックして頂ける内容があれば是非回答欄にお願いします。


4 ● tama213
●0ポイント

Port of Digital

の略だったと思いますよ。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

僕が求めているものと違っていると思います。ゴメンナサイ。


5 ● BROOM
●0ポイント

これですか?

◎質問者からの返答

どれですか?(…とソースを見る)

アンカーテキストのないアンカー(<A>)を書くと、こうなるのですか。

Print On DemandやPlain Old Documentationの話題ではないです。ゴメンナサイ。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ