人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

消化吸収と血糖値について教えてください。
1、吸収について
水、栄養、アルコールそれぞれがどこで吸収されるか知りたいです。
2、口から摂取したときの、吸収される(血管に入る)までの時間を教えてください。なぜ知りたいかというと、私のイメージだと「栄養分は2〜3時間以降後に小腸で吸収される」ですが、そうであれば、血糖値が食事中からあがるのが理解できないからです
3、小腸から吸収された栄養分は、いったんはすべて肝臓に行きますか? それとも、血流に載って(肝臓によらず)全身を巡りますか?

できるだけソース付きでお答えいただけると嬉しいです!


●質問者: sasame8
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:アルコール イメージ ソース 栄養 肝臓
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● ホーエンハイム
●40ポイント

1、吸収について

物質 主に吸収される場所
水分 小腸・大腸
栄養 小腸
アルコール 胃・小腸上部

2、口から摂取したときの、吸収される(血管に入る)までの時間

食べたものが消化・吸収されるのには約1日かかります。


3、小腸から吸収された栄養分

電解質と糖分は、直接血管に入ります。

食後すぐに血糖値が上がるのは、このためです。


ソース

◎質問者からの返答

1、2については納得しました。参考先リンクも見ました。ありがとうございます。

3、が少々分かりません…。

食事中から血糖値があがる=食事中に既に小腸からの吸収が始まっている だと思うのですが、

例えばパンを食べる場合で考えると、パンが消化されて小腸に到達するまでに数時間はかかるわけで…。

補足がありましたらお願いしますm::m


2 ● toit0303
●40ポイント

口から入った水はすべて、腸で吸収されます。

参考サイト

http://www.s-water.com/virtual_html/mizutokarada.html

栄養を吸収する場所は、小腸です。

その後は、

糖質,蛋白質は門脈という管を通って肝臓に運ばれます。

脂肪は,リンパ管に入り,それから血液に入り全身を巡って肝臓にいきます。

参考サイト

http://www.infoaomori.ne.jp/~sekiai/stoma-page/st-imd11.html

口から入ったアルコールは、

胃から20%、小腸から80%吸収され、その大部分が肝臓で分解されます。

参考サイト

http://www8.ocn.ne.jp/~lovemkdz/hoken/sake.html

以下吸収までの時間です。

食事後の胃内滞留時間は脂肪と蛋白質が長く30分から1時間程度です。

結局そこから小腸で吸収されて代謝される時間が問題な訳ですが、蛋白質は胃でほとんどが同じ長さの物質(ペプチドというアミノ酸数個の分子)に分解されるため吸収速度はほとんど一定しています。

脂質も小腸に行く前にで十二指腸で胆汁等ででほぼ一定の変化を受けるのでこれも吸収速度が一定しています。

ただ炭水化物だけは単純炭水化物(砂糖、ブドウ糖、果糖)と複合炭水化物(でんぷん、ご飯、麺類)では小腸での吸収速度がかなり異なってきます。

全ての栄養素は4〜9時間に大腸に達して24〜72時間後に排泄されます。

参考サイト

http://www.icofit.net/nutrition/ishikawa/one_point/other/intake_...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「小腸で吸収された栄養は、糖質、タンパク質はいったん肝臓に行く。脂質だけは、肝臓を経由せず直接全身の栄養となる」というところは正しいのでしょうか?


3 ● tama213
●10ポイント

消化吸収にかんしては以下のサイトが詳しいです。

http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/syocho.htm

直接呼んだほうがよいと思いますので引用は控えます。

◎質問者からの返答

消化吸収全般のことが知りたいのではなく、上記質問への回答(と、できればその根拠となるhp)を探しています。


4 ● holoholobird
●40ポイント

>1の回答者の>3についての補足をします。

GI値というものがあり、これは食後15分間でどれだけの糖分が血液中に吸収されるかを表す指数です。

>食事中から血糖値があがる=食事中に既に小腸からの吸収が始まっている だと思うのですが、

>例えばパンを食べる場合で考えると、パンが消化されて小腸に到達するまでに数時間はかかるわけで…。

数時間はかかりません。食パンのGI値は91です。

血糖値は等質1gで3上昇しますから、おなかがすいたときに100gの食パンを食べると15分で30gが吸収されます。

大抵一食200?300gですから、等量ずつ吸収されると考えても食後7分で10?15gは糖質を腸から体内に吸収します。

なので大体食事中に血糖値は40ほど上昇することになりますね。

>脂質だけは、肝臓を経由せず直接全身の栄養となる」

その通り。脂肪酸とグリセリンになって細胞膜などの原料になります。

>糖質、タンパク質はいったん肝臓に行く。

ではなく、糖質は、膵臓の膵島β細胞から分泌されるインスリンっていうペプチドホルモン…まあタンパク質の一種です。

これによって細胞内に取りこまれてエネルギー源にされちゃいます。糖分の一部はグリコーゲンっていう糖分をいくつもくっつけたようなものになりますけど。

でんぷんみたいなものです。>グリコーゲン

だから大半の糖分は体中の細胞全体で消費されます。肝臓に行くのは一部ですね。

確かに肝臓は体温の15パーセント程度の熱を出してるくらい化学反応旺盛ですが、やはり少数です。

ちなみに運動しないと細胞が糖分を消費せず、血液中に糖分がたまりっぱなしになります。

そしてβ細胞が糖分を消費させようとインスリンを分泌する。しかし運動しないから血糖値が下がらない。

でも下げようとインスリンをどんどん分泌する。やがてβ細胞が疲れる。そしてβ細胞が死ぬ。

そして血糖値が下がらなくなると、俗に言う糖尿病になります。

血液中に糖分が余っちゃって、腎臓で血液をろ過したときに糖分も濾過されて出てくるからおしっこが甘くなるわけです。

タンパク質はアミノ酸に分解されてから血液中に吸収されるんです。

そのアミノ酸を再度タンパク質に合成するのが肝臓。たんぱく質が分解してできたアミノ酸も、たとえば膵島…すい臓のランゲルハンス島…で再構成されます。

だから一旦行くっていうのが全て肝臓に集まるという意味であるなら不適切ですね。

ながくなりましたね。以上で補足は終わりです。

http://dummy.com

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。脂質については分かりました。

糖質やタンパク質ですが、あちこちの資料で「糖質、タンパク質は門脈を通って肝臓に行く」というような記述を見かけました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/門脈

なので、糖質もたんぱく質もいったん門脈から肝臓に入り、一部はグリコーゲンとして肝臓に蓄えられ、残りは肝臓をそのまま通過して全身へ…だと思っていましたが、実際はそうではなく、そもそも肝臓を通過する糖質やタンパクは一部であり、大部分は肝臓を通らずそのまま全身へ!ということでしょうか?

>ちなみに運動しないと細胞が糖分を消費せず、

この件ですが、健康な人の場合、血液中の余分な糖分はインスリンの働きによって、脂肪として体に蓄えられる

…と私は思っていますが、認識は正しいでしょうか?


5 ● holoholobird
●10ポイント

すみません、ソース忘れてました。

一応医学生ですがソースは必要ですよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%8E%E3%82%B...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%9...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%B3%AA

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%9D%E8%87%93

ウィキペディアになりますが、さっきのことは多分ここに書いてあります。

比較的基礎の内容が多いので。

血液で肝臓云々のことは載ってないかもですが。。。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ