人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【超】が付く【こだわり】がある【食】に関する【職人】を教えてください。

※食に関していれば、どんな職人でも構いません。

※その【こだわりぶり】がわかるエピソードも添えてご回答下さい。

●質問者: yuko11
●カテゴリ:グルメ・料理
✍キーワード:職人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● nghvnvn
●17ポイント

1977年7月26日静岡県清水町で生まれる。日本菓子専門学校卒業後 、南青山アニバーサリーを経て渡仏。フランス国立製菓学校、ロワール地方ルレデセール「フィアンティーヌ」で修行。 パークハイアット東京、菓子工房オークウッドを経て、2005年 パティスリーナチュレナチュールをオープン。2006年12月、テレビチャンピオン2「ケーキ職人選手権」で優勝。2007年も優勝し、2連覇達成!!

http://patissier.cake100.net/41.html


2 ● gtore
●17ポイント

寿司職人・奈良本健史さん

http://www.ale-net.com/interview/01/200805.html

山葵(わさび)は静岡産のものしか使わない、と決めているしね。静岡の中でも天城産のものだけ。伊豆の天城山から湧き出る清流で丹精込めて作られた最高級の山葵だけを使っているよ。



雲仙本舗カステラ職人 中田晴彦

http://taiyouran.com/unzenhonpo/castella.html

?しっとり感?は、イチバン苦労したところなんですよ。何回も何回も試作を繰り返してね。3年かかった(感慨深げに)。


3 ● zuraika33
●16ポイント

先日、テレビで紹介されていました。

いつか必ず私も訪れて購入してみたいと思うお店です。

http://www.westsho.jp/kiyomi/curnontue.html

全てを懸けてハム作りに取り組んでみえます。


4 ● itsumonogetsuyoubi
●16ポイント

http://www.secomfoods.com/contents/club/bishio.asp

濁り醤

加納長兵衛さん

>残るは「角長」のみとなっていた。しかし長兵衛氏はなんとしても湯浅の醤油を残したかった。この地で連綿と続いてきた醤油造りの歴史と先代までが守りつづけてきた「角長」の味を自分が絶やすわけにはいかなかった。「どんなことがあっても、醤油と一緒に生きていこう」。夜中の雨に床から飛び起き蔵に走り、明かりのないなか手探りで蔵に雨漏り用の桶を並べる日を繰り返しながらも、その強固な信念は潰えることがなかった。


5 ● brandbaidu
●16ポイント

(はてなにより削除しました)


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ