人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

cakeは日本語でカタカナ表記する場合「ケーキ」となりますが、他の"ake"で終わる英単語のmakeやtakeやshakeは「メイク」、「テイク」、「シェイク」となります。なぜcakeだけ「ケイク」とならず「ケーキ」になったのでしょう?皆様の深い洞察をお願いします。

●質問者: わけん
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:Cake make TAKE カタカナ ケイク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● ko8820
●50ポイント

ケーキが入ってきた時代はオランダ人で、オランダ語のkoekjeの発音を元にして

日本語表記が固定してしまったからです。

◎質問者からの返答

なるほど。「ケーキ」は英語由来ではなかったんですね。納得です。

って思ってたんですが、koekjeを調べると「クッキー」の由来とかかれたものもありますね。これはどういうことでしょう?同じ単語から2つの語が生まれたと言うことでしょうかね???


2 ● サディア・ラボン
●50ポイント

昔は、今とは音読の仕方が違ってました。

ステーキstakeやインキinkやガラスglass、

人名ではダビデはDavidです。

◎質問者からの返答

たしかにstakeもステーキですね。時代によるカタカナ表記の違いというのも納得できます。ありがとうござます。


3 ● Committeeman
●10ポイント

cakes からきているだけでしょう

◎質問者からの返答

すいません。ちょっとどういうことか分かりませんでした。


4 ● piyopiyoboyo
●50ポイント

make,take,shake等は比較的最近聞きなれてきた言葉で、そのまま英語的発音で浸透しておりますが、cakeだけは物として古くから日本に入ってきたものとして英語読みというよりローマ字的な読み方でそのままその発音がケーキになったと思われます。

meterやmotorも普通メーターやモーターと読みますが、古い読み方だとメートルやモートルと表記してあります。

これに近いのでは?

◎質問者からの返答

なるほど、先のMathusalaさんと同様に時代によるカタカナ表記の差ということですね。丁寧な説明ありがとうございました。


5 ● edWard
●15ポイント

内閣告示第二号「外来語の表記」によると、「ケーキ」「メーク」「シェーク」と綴るのが正しいようです。類推すると、takeも「テーク」となります。

◎質問者からの返答

質問の回答からはちょっとずれていますが非常に勉強になりました。内閣告示第二号「外来語の表記」というものを初めて知りました。ありがとうございます。

しかし、教えていただいたリンク先のどの部分がcake、make、shakeに関する記述なのかがよくわかりませんでした。すいません。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ