人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

売上げの計上について、納品後1ヶ月くらいしてから入金がある場合、本来、納品時に売掛金/売上、入金時に普通預金/売掛金とすべきですが、期末などで売掛金が次期に繰り越される場合を除き、普通預金の入金時に普通預金/売上と処理した方が仕分けが簡便なのですが、問題がありますか?

●質問者: RX7FD3S
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:けが 売掛金 普通預金 金時
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● edWard
●18ポイント

つまり、売掛金/売上を省略するということですか?

それを実行してしまうと、買掛金/出金との足並みが合わなくなり、毎月赤字計上することになりますよ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

仕事で仕入れはゼロなので買掛金はありませんがやはりまずいでしょうか。

>売掛金/売上を省略するということですか?

その通りです。


2 ● ko8820
●17ポイント

>普通預金の入金時に普通預金/売上と処理した方が仕分けが簡便なのですが、問題がありますか?

問題ありません。

もし採用する場合は、売り上げに関してはすべてそのとおりにしてください。

税務上の売り上げは、納品ベースですので

税金を申告する場合は、期末に補正処理が必要になるときもあります。

ただし、納品ベースでも入金ベースでもほぼ売上額が変わらない場合、

特例として補正しないで、入金ベースで申告することが認められてます。

税理士や税務署に確認してみてください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大変参考になりました。


3 ● newmemo
●17ポイント ベストアンサー

4月に納品して5月に入金される場合、4月に売上を計上することを発生主義、5月の入金時に売上を計上することを現金主義といいます。現金主義というのは現金の授受があった時に売上を認識する方法です。税法では発生主義が基本となっています。

http://www.cpainoue.com/mailmag4/back_number4/d_mag4_20050516.ht...

最後の方に記載されています。

【先生】

法人税法では現金主義についての規定はありません。ですから法人はいくら事業規模が小さいからといっても原則通り発生主義で経理しなければいけません。

http://kw.keiei.ne.jp/kw_keiri_1/keiri_1_1780.html

「現金主義」とは、収益・費用の計上時期について、現実に現金の動きがあったときに計上する方法です。

ただし、現金主義では実際の企業活動を的確にあらわすことはできませんので、法人税法も企業会計上も、発生主義によることとなっています。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hoj...

法人税法基本通達からです。御社の業種によるのですが原則は商品を引き渡した日に売上を計上します。

(棚卸資産の販売による収益の帰属の時期)

2?1?1 棚卸資産の販売による収益の額は、その引渡しがあった日の属する事業年度の益金の額に算入する。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hoj...

請負契約の場合でサービス業ですと役務の全部を完了した日に売上に計上します。

(請負による収益の帰属の時期)

2?1?5 請負による収益の額は、別に定めるものを除き、物の引渡しを要する請負契約にあってはその目的物の全部を完成して相手方に引き渡した日、物の引渡しを要しない請負契約にあってはその約した役務の全部を完了した日の属する事業年度の益金の額に算入する。(昭55年直法2?8「六」により改正)

面倒だと思われるでしょうが、まずは売掛金を立てた上で入金時にそれを消し込む処理をしなければなりません。八百屋さんや文房具店のように商品をお客様に渡した時に現金を頂く商売以外は上記のような処理をすることになります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大変参考になりました。


4 ● suppadv
●17ポイント

入金時に普通預金/売上と処理した場合、

入金がなければ、売上げも無いことになってしまいます。

一度売り掛けにして処理していれば、売上げとして処理されているので、貸倒として損金(経費)に出来ますが、売上げとして記録できなければ何も出来ません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

貸し倒れは基本的にありません。期中、普通預金/売上と処理したほうが仕分けの手間が省けるのが助かるからです。


5 ● nekkorich
●17ポイント

特に不都合はありませんが、売掛金/売上の仕訳を立てておけば、売上げた事実の記録が残ります。

もし、その客先との間で取決めた支払期日通りに送金がない場合、「売上欄」の記録を基に

支払いを督促することができます。簿記における原始記録の目的はこのように「備忘録」なのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

期末の未収入分は、売掛金として処理しているので、結果に不都合はないのですが、期中、普通預金/売上と処理しないと、青色申告の正しいやり方ではないと言われペナルティがあると困るので、いろいろな人の意見を聞いてどういう処理にするか考えます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ