人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

英日翻訳をお願い致します。原文は

「Just beyond El Castillo, the largest pyramid of the group, Mr. Wilmington came upon a large ball court where Mayan men played a game called pok ta pok. Anthropologists believed that the object of the game was to hurl a ball through a ring that was mounted on a wall, seven meters above the ground. It sounded a lot like what Dr. James Naismith invented for the game of basketball. However, that’s where the resemblance ended. Each team had six field players who would attempt to pass the ball--using any body part except their hands--to their captain who would attempt the shot using a racket of sorts. The captain of the team that made the first successful shot was then decapitated as a sacrifice to the gods. This was seen as an honor and guaranteed entrance into heaven. That’s what we call in sports “extreme dedication.”」

以上です。機械翻訳はご遠慮ください。よろしくお願い致します。

●質問者: tamami-san
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:as Beyond BODY EL Extreme
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● consigliere
●35ポイント ベストアンサー

これチチェンイツァー遺跡の話ですね。子どもの頃から大好きだった遺跡です。今は出勤前なのでこの部分の翻訳だけで失礼します。

ウィルミントン氏は、ピラミッド群のなかで最大のものであるエルカスティーヨの先で、マヤの男たちがポク・タ・ポクという遊びをしていた大きな球戯場に出た。このゲームは地上から7メートル上の壁にかけられた輪にボールを投げ入れるのが目的であったと考古学者は考えている。ジェームス・ナイスミス博士が考案したバスケットボールに大変よく似ている。しかし、似ているのはそこまでだ・・・。各チーム6人の選手がボールをキャプテンにパスしようとする(手以外どの部位を使用しても良い)。そのキャプテンはラケットのようなものでシュートをする。先にゴールに成功したチームのキャプテンが、神への生贄として首を切り落とされるのである。これは名誉とみなされ、天国行きを約束されていた。これがスポーツにおける「極度の献身」というものである。

◎質問者からの返答

とても美しい訳をありがとうございました!


2 ● なぜなに
●35ポイント

「Just beyond El Castillo, the largest pyramid of the group, Mr. Wilmington came upon a large ball court where Mayan men played a game called pok ta pok. Anthropologists believed that the object of the game was to hurl a ball through a ring that was mounted on a wall, seven meters above the ground. It sounded a lot like what Dr. James Naismith invented for the game of basketball. However, that’s where the resemblance ended. Each team had six field players who would attempt to pass the ball--using any body part except their hands--to their captain who would attempt the shot using a racket of sorts. The captain of the team that made the first successful shot was then decapitated as a sacrifice to the gods. This was seen as an honor and guaranteed entrance into heaven. That’s what we call in sports “extreme dedication.”」


ピラミッドの群れの中でも最大のエル・カスティーヨをちょうど越えたところで、ウィルミントン氏はマヤ族の男達がポックタポックと呼ばれるゲームをしていたという大きな球技場を訪れた。人類学者達が信じるところによると、ゲームの目的は地面から七メートルの高さの壁にマウントされた輪に通すべくボールを強く投じるというものであった。それはかなり、ドクター・ジェームズ・ネイスミスがバスケットボールのゲームを考案したことに近かったようだ。とはいえ、類似しているのはそこまでなのだが。各チームは六人のフィールド選手を持ち、手以外の体のあらゆる部分を使って、ラケットみたいなものを使ってショットができる彼らのキャプテンにボールをパスしようと試みていたようであった。最初に成功のショットを決めたそのチームのキャプテンは、その後、首を切り落とされて神々への生贄にされたのであった。これは名誉であり、約束された天国への入口であると考えられていた。それこそが、我々がスポーツで呼ぶところの「最高の献身」なのであった。

◎質問者からの返答

とても丁寧な訳をありがとうございました!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ