人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1年半前、飛蚊症の症状があらわれ、硝子体の老化縮小による網膜穿孔
であると診断され、レーザーで網膜剥離を防止していただきました。

最近、その眼の視力が低下し、再診を受けたところ、網膜剥離の心配は
ないが、黄斑部に上膜ができているようだとのことです。

専門のお医者様に見ていただく予定ですが、硝子体手術(合わせて水晶体の切除)が必要かも知れません。

関連する情報や、当該分野(硝子体手術)の実績や特に専門とされている
お医者様のことなどの情報をお教え下さい。
この分野の将来に関する具体的な見通しや情報源等もお教えいただければ
幸いです。
また、老眼も進んでいますが、硝子体手術しない場合の良い対応方法等
あれば、それも知りたいです。

宜しくお願いいたします。

なお、眼科手術Q&A(小椋祐一郎編)、みるみるわかる目の疾患(小椋
祐一郎監修)は入手しています。現在53歳です。

●質問者: denno
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:レーザー 医者 対応 情報源 水晶
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ