人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

楽天の店舗管理システムRMSについて、店舗トップを独自で作る楽天goldタイプで作っている場合、グーグルアドワーズでの検索広告からのアクセスはどのようにカウントされるのでしょうか?
ユーザーが検索広告から楽天goldのトップページにアクセスした場合にまずどうカウントされるのか、その後、楽天goldページから、通常の楽天商品ページに移動したときにどうカウントされるのかが知りたいです。
RMSの「アクセス分析」ではどちらも参照元が「www.rakuten.ne.jp」となり、中身についてはまったくわからないのでしょうか?
アクセス分析での参照元が「www.google.co.jp」となっているのは、検索広告からのアクセスなのか、自然検索結果からのアクセスなのかどちらなのでしょうか。

そのあたり(楽天とアドワーズの相関関係について)を詳しく解説しているページがありましたら教えてください。

●質問者: yamamott
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:co.jp GOLD Google ne.jp rms
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● wakainkyo_1
●60ポイント

まず、楽天GOLDは楽天RMSアクセス解析の対象外です。

ですのでGOLDに来た後、RMSで作ったページに行った時点で初めてアクセス分析の対象になります。

その場合は、参照元はwww.rakuten.ne.jpになり、中身は全く分かりません。

またYahooもGoogleでも、

楽天の参照元サイトではサーチ結果から来たかキーワード広告から来たか判別してません。

ですので、参照元がwww.google.co.jpとなっているのは両方含まれます。

ただし、キーワード広告のリンク先をRMSで作ったページにしている場合であって、

リンク先をGOLDにしていたら当然カウントされません。

GOLDのページのアクセス分析をみたいなら、Google analyticsをGOLDのページに入れてみるのも手です。

外部サイトのURLが入るので、楽天規約違反になってしまいますが・・・

経験上、これぐらいなら突っ込まれないようです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

なるほどよくわかりました。貴重な情報ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ