人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

欧米のビジネスの慣習に詳しい方に質問です。

弊社には、「調査事業部」があり、部署名を、広報のために英語で表現しなければなりません。

この事業部は、日本企業や、日本に進出したい外国の企業向けに、日本全体や、世界全体など、大規模な「商業に関連する調査」をする事業部です。たとえば「当社は日本企業だ。外国に向けても広告広など報提供したい。ターゲットは裕福層。どの言語から優先的に情報提供してゆくのがよいか」のような依頼を受け、各言語民の総生産などを調査して、最終的に、「結論は、第一に○語、次に○語、…なぜなら、…」のような報告書を提出する、そんな事業部です。

欧米では、たとえば「部署名に動詞を入れることは普通しない」など、色々な商慣習があるでしょうから、その辺も考慮しなければなりません。

そんなわけで、この事業部の英語名を、2?3程度の単語で、何をする事業部であるのかきちんとニュアンスが伝わるように、ネーミングしてください。

●質問者: LanguageHowToUse
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:ターゲット ニュアンス ビジネス 企業 動詞
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun
●23ポイント

Market Localization Research Division/Department/Section

最後の語は部署の規模によって(おおきい方から並べた)

なお、最後にレポートを出すだけでなくて、Localizationを請け負う

のなら、Researchがなくてよいでしょう。

◎質問者からの返答

おお、マーケット・ローカリゼーション・ディヴィジョン。ネイティブぽくていいですね…

それって、一般的な部署名なんですか?


2 ● Hafiz
●23ポイント

Consultant Department

◎質問者からの返答

日本でコンサルと言うと、かなり踏み込んだ、経営に関する助言などをするイメージがありますが?


3 ● hayatama
●22ポイント

Business Research Division(貴社の事業部をなんと呼んでおられるのか分かりませんのでDivisionを用いました。)ではいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

うーん、こちらの回答が、日本人としては一番しっくりくる名称ですが…調査対象がはっきりしないのがなあ…


4 ● marikochan
●22ポイント

アメリカから返信しています。

お仕事の内容としては下記の単語の組み合わせに当てはまるのではないかと思います。

Development, Consulting(Consultation), Research, Area Marketing, Solution, Resource

例えば下記は多岐に万能な意味を持つと思います。

Business Development Consultation

Business Development Research

”部"は、下記がサンプルです、上記を前か後につけます。

他の課で英語になっている所があれば合わせるか、

なければ3番目はアメリカでは一般的で無難かと思います。

1と2は役所とかやや堅い政府や行政のイメージ

1. Devision of " xxxxx "

または

2. Department of " xxxxx "

または

3. " xxxxx "Department

◎質問者からの返答

ふむ、ふむ。なるほど。

接尾語として、Co. > Div. > Center > Dept. > Sec. > Team > Spec. を考えています。

「日本か世界かが調査対象」というニュアンスにしたいのですが、

Japan Business (Development) Research Div. か、

Busines (Development) Research Japan Div. のどちらかはどうでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ