人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鉄鉱石の形成の方法で、降雨と地下水位が大きく影響するものがあるのか、短期間に鉱床が形成されることがあるかを教えてください。
「古代文明と気候大変動-ブライアン・フェイガン」のP274に「北海沿岸低地帯では、降水量の増加から地下水面が上昇して染みだしが増え、それによって地下水を通じた鉄の移動が促進された。その結果あちこちの湿地や湖で鉄鉱石が急速に形成され、鉄器を作り出すための減量がより容易に手に入るようになった。」との記載があります。
知りたいのは次の点です。
?降水量の増加と地下水位の上昇が1000年間程度の短期間に発生した場合に、人間が利用できる程度の鉄鉱石の集積が起きるか?
?そうしたことが北海沿岸部で起きたために、鉄器製作、耕作用具製作が盛んになり、北海沿岸地域の経済発展が起きたという説明をしている他の書籍やWEBなどを教えてください。
?BC850年?BC100年くらいの間に、北海沿岸部で寒冷化湿潤化の結果そうした鉄鉱石の集積が起きたという説明があるのは、この方面の研究者にとって既知の知識の一部なのでしょうか?

●質問者: hathi
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:?B Web フェイ ブライアン 人間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
●60ポイント ベストアンサー

「?降水量の増加と地下水位の上昇が1000年間程度の短期間に発生した場合に、人間が利用できる程度の鉄鉱石の集積が起きるか?」にお答えします。

結論から申し上げると、起こり得ます。

以下、英語のページをいくつか参照しますが、わかりにくい部分があればコメント欄などで補足させていただきますので、お気軽に。


まず、鉱山の鉄鉱石を考えるとこのような現象は起こりにくいように考えがちですが、鉄鉱石の種類の中に「沼鉄鉱」(しょうてっこう:Bog iron)というのがあります。

これは、鉄分を含んだ水からできる沼で取れるものです。

日本でも、阿蘇谷湖の沼鉄鉱床 があります。

でき方は、化学的な沈殿作用やバクテリアの作用により、水中の鉄分が酸化作用を受けて沈殿する

とありますが、バクテリアの作用とは何かと言えば、鉄バクテリア (Iron bacteria) によるものです。

鉄バクテリアはその生命活動において、水の中の鉄イオンを酸化して不溶性にします。

この反応は酵素によって行われるので、地質学的な変化とは比較にならないスピードです。


バイキングの歴史について記述している Iron Production in the Viking Age では、バイキングが主として利用したのは、この鉄バクテリアが産生した鉄ではないかと書かれています。

When a layer of peat in the bog is cut and pulled back using turf knives (right), pea sized nodules of bog iron can be found and harvested.

沼の泥の表面を写真にあるツルハシのような道具で切り取ると、エンドウ豆大の沼鉄鉱が得られる、とあります。

取れる量は少量ですが、鉱石のように不純物を含んでおらず、しかも鉄バクテリアが存在している限り何回でも採取できるわけです。


これを踏まえると、

降水量の増加と地下水位の上昇

→周囲の山にある鉄分を含んだ地下水の増加

→沼鉄鉱を産生する沼地の増加

→沼鉄鉱の収穫量の増大

というストーリーが成立します。


以上、ご参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。赤褐色の沈殿と油膜様の酸化鉄(箱根町立箱根湿生花園)の写真を見ました。

確かにかなりのスピードで沼鉄鉱が生成されそうです。Iron Production in the Viking Ageは読めませんでしたが(英語がわからない)写真と図から、イメージはわかりました。

とても参考になりました。

この写真のようなものは温泉地などでもよく見かけますし、田んぼのコンクリート構造物などでサビ色のドロドロとした沈殿物を見かけます。普通見かけるのは1年?数年程度のものだと思うのですが、1000倍程度ではホンの少しのような気がします。広大な地域で地下水面の上昇、比較的小さい沼への集積、バクテリアの活動、その後の涸れがあれば、1000年程度でも採取できる程度の量になるのでしょうか。(厚さ数ミリの一層では資源として利用しにくいと思います)

http://www.limonic.co.jp/what/what.htm

阿蘇の場合、約30万年前から9万年前までに大規模な噴火が 4回あってカルデラが形成されたようです。そうすると現在までに短くとも9万年ほどの期間があったことになりますが、

1000年未満の期間でも、条件が整えば、採取・鉄器製造に使えるほどの集積になるのでしょうか。

群馬の鉄山は1万年前のものだそうです(真偽未確認)が、鉱床の規模の大きな鉱山として成立していたようです。

http://prismsearch.jp/text/%E7%BE%A4%E9%A6%AC%E9%89%84%E5%B1%B1

でも、とにかく水位上昇と沼があれば、鉄バクテリアで、褐鉄鉱が比較的短期間でできて、そうした鉄鉱を元に製鉄が行われたことはよくわかりました。

http://www.h5.dion.ne.jp/~nspicnic/mine/mine/bogIron/suwamineNAG...

http://www.geocities.jp/e_kamasai/kanren/kan1-2.html

顔料を採る目的で褐鉄鉱を加熱処理していたら還元されて鉄が生成されたと言うことでそれをきっかけにすることもあるんでしょうね。

http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/17865515.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ