人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

安産の神様「水天宮」(東京都)について、その歴史やトリビア、雑学を調べています。

●「水天宮」の歴史で、意外な面白情報
●「水天宮」のこだわり(お守り、お祓い、神社の構造など)
●「水天宮」の変わった行事、変わったお祭りなど
●「水天宮」を訪れた有名人

その他、「水天宮」にまつわるマニアックな情報、ご存じでしたら是非ご回答下さい!
よろしく御願いします!


●質問者: shoma22
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:お祭り トリビア マニアック 安産 有名人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● itsumonogetsuyoubi
●27ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/rekishidoukoukai/diary/200701050000/

http://kuchikomi.gnavi.co.jp/shop/diary/g431200/article/147472.h...

歴史

http://blog.goo.ne.jp/raishou0213/d/20091205

雑学


●有名人で行った方々

http://ameblo.jp/nakamori-yuka/entry-10432286789.html

中森友香さん

http://ameblo.jp/citrine-sachi/entry-10420590178.html

安田さちさん

http://star-studio.jp/kinoshita-ayumi/index.php?ID=27

木下あゆ美さん

http://ameblo.jp/okabereiko/entry-10537704758.html

岡部玲子さん


2 ● suppadv
●27ポイント

水天宮の祭神は、安徳天皇とその生母建礼門院、外祖母二位尼平時子である。

壇ノ浦の戦いで敗れた安徳天皇は、西海の荒波の中に藻屑と消えてしまう。建礼門院の女房、伊勢の局は、現在の久留米市に落ちのびてゆく。筑後川のほとりに小さな祠を建て、安徳天皇を祭ったのが、水天宮の起こりであるとされている。

いつしか人々から忘れ去られていた水天宮を再建したのは、久留米藩の藩主有馬忠頼だ。慶安年間(一六四八?一六五二)のことである。

東京日本橋にある水天宮は、文政元年(一八一八)有馬頼徳が三田の藩邸内に分社を設け、それが後に現在地に移されてきたものだ。

水天宮の名の通り、筑後川を水難、水害から護る水神として、この神社は久留米藩から厚い庇護を受けてきた。


いつしか江戸の水天宮は、水難、そして水は火を消すところから火を防ぐ神としても、人々から崇敬をうけるようになった。安産の神として知られるようになったのは、伊勢の局が祠を訪れた女性に、安産の加持祈祷を行なったところ霊験が著しかった伝説による。

明治天皇の御誕生にあたり、孝明天皇は久留米に勅使を遣わされて、加持祈祷を行なわれた。その縁により、明治元年には政府の御祈願所となる



http://network2010.org/nc400/rensai/zokumeinagoya/toyotake/toyot...


3 ● activeline1
●26ポイント

山口百恵が安産祈願したそうです

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1499179...



しかし、ここは水子供養でも有名な場所です

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ