人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

どうすれば仕事のできる人になれるのでしょうか

1)仕事ができる人とできない人の違いは、どのような性格・能力・特性から来ると思われますか。
2)どうすれば1)でお答えになられた性格・能力・特性を身に付けることができると思われますか。

特に1)につきましては、皆さまの実体験など、具体例をあげながらご教示下されば幸いです。
また「仕事」の定義はあえて設定いたしません。幅広いご回答をお寄せ下さい。

よろしくお願いいたします。

●質問者: take65
●カテゴリ:ビジネス・経営 人生相談
✍キーワード:定義 性格 能力
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● kaorigroove
●14ポイント

「仕事」の定義をあえてしないというご質問ですので、

回答も、あくまで一つの例としてお答え致します。

仕事の内容やそれについての能力・才能は度外視した

視点から述べたいと存じます。


「仕事」というのは「働く」ことである、とも言えます。

「働く=はたらく」事は「傍(はた)を楽(らく)にする事」

と言い換えることが出来ますね。

つまり、仕事をする際は、その仕事に関わる他者を楽に

させるような気持で取り組み、臨む姿勢です。


<自分の仕事ぶりが他者を楽にする・・・他者に益する事>


これが実現した時、その働きは有益な仕事となり、その

仕事を成した者は「仕事の出来る人間」と評価されます。


したがって、ご質問に対してまとめれば


1)上記の様に常に考え、仕事に取り組むことが出来る人間であるか否か。

2)上記の意義を咀嚼し、その意義を実感し、自ら本気で取り組む事。


という回答になります。


2 ● australiagc
●14ポイント

1)

性格: マメ。気が利く。空気が読める。

能力: 職場内でのスキルの需要と供給を解析して、(需要が少なかったとしても)供給が足りていないもの。

特性: 全体像を見て、先読みができる。積極的に意見提示、情報共有ができる。


2)

性格と言うのは簡単に変えられるものではありませんが、何をするにもワンテンポ置いて考えてから行動するよう日頃から心がけてると良いと思います。

例えば;

・分からないこと、疑問に思ったことはできるだけ早く質問しておく。

・すぐに誰かに引継ぎができるよう、自分の行っている/行ってきた業務内容のログを常に分かりやすいよう文書にまとめて取っておく。

・ただ自分の仕事だけやるのではなく、それが他の人の仕事にどう影響するかを考えてから仕事に取り掛かる。

・どうしても手違いが生じたりスケジュールに遅れそうな場合は、早めに連絡を入れ、最悪のケースが起こった場合の改善策を練っておく。


能力に関しては業種、会社、部署、チームレベルでも需要と供給のバランスが異なってきます。

いくら業種や会社レベルであまり需要がなく、しかもありきたりな技術でも、

たまたま自分の部署にはそのスキルを持っている人が居ないこともあるので。

自分の経験を例に挙げると、海外向けコールセンター用のデータベースの構築を行った際に、

多国語が喋れるのと接客業の経験の長さが買われました。

通常、IT系の仕事に多国語や接客の経験の需要はほとんどありませんが、

その時相手にしたクライアントがそういった業種だったのが幸いしたということです。

同様に、自分の仕事は○○だけど、取引先は□□業といった場合は先方の分野も考慮に入れると良いでしょう。

ようは、自分の職種に関係のあるスキルばかりを他の人と同じように身に着けるのではなく、

一見自分の職種に関係なくても、供給の少ないスキルを身に着ける事を優先した方が効率的だと思います。


総じて考えれば、全体像を見て先読みをすることが何よりの鍵だと思いますよ。

自分の仕事、自分の会社、自分の業種だけにとらわれず、

直接自分には関係ないかもしれない業務全体、クライアントや末端消費者までを含めたマーケット全体を見る。

その上で、どういった事をすれば良いかを行動する前にちゃんと考える。

「それが当たり前だから」「そう教わったから」と自己完結せず、常に考え、質問をする癖をつけると良いですね。

それには自ら意見提示をし、情報を共有できるだけのコミュニケーション力も必要です。

人一人が身につけられるスキルや、記憶できる情報には限りがあります。

何を知るかよりも誰を知るかです。人脈は大切にしましょう。


3 ● nepia11
●14ポイント

仕事の定義をあえてしない、ということで、

1)失敗を恐れずに何事もにチャレンジ出来る人 としたいと思います。

どんな人でも、最初から仕事が出来る人間だったわけではありません。

少しずつ学びながら、仕事が出来るようになったのです。

では、何から、仕事を学ぶのか。

それは、失敗です。

小さな失敗をたくさん経験し、その失敗から多くのことを学び、仕事の出来る人になるのです。

従いまして、

1)を分解していくと、

・小さな失敗にヘコたれない精神力

・強い使命感、目的意識

・どんな事からも学ぼうとする貪欲さ

・他人からのアドバイスを受け入れる素直さ などが上げられます。

例えば、エジソンは電球を発明するときに、そのフィラメントに「竹」を使い成功したのですが、

その「竹」に到るまでには、なんと2万回失敗した、と言われています。

様々なものを試してみて、ダメで、ようやく2万回目で「竹」を使ってみて成功したと言われています。

多くの人は、2万回も失敗したのか、と言うでしょうが、彼は「竹に至るための必要なプロセスだった」と

言っていたそうです。


2)日々振り返りを行うこと

エジソンの例でもある通り、諦めなければ、どんな事でも実現出来ます。

ただし、時間という制約がなければ。

しかし残念ながら時間の制約は等しく平等に存在します。

そこで、毎日少しずつでも人間的成長?精神力や使命感を身につける?ためには、日記が有効だと言われています。

日記の手法として有名な「四行日記」をご紹介します。

http://www.zazaza.org/


4 ● sami624
●14ポイント

【前提】

仕事は直面する課題を解決することと言う定義にたって回答します。

【性格・能力・特性】

?性格

落ち着いて物事を最後までどのように解決していくかの手順を構築する粘り強さのある性格が業務遂行能力を高める。

?能力

A直面する課題の事実関係の本質を性格に把握しB当該課題にかかわる制約事項である◎法令◎慣習◎社内規約・倫理がそのように規定されているかを調査しC直面する課題を制約要因の中でどのように進めれば経営者ならびにBusiness partnerの合意を得られるかを想定しD想定した解決方法にかかわるRisk & Cost分析をし最も安価でリスクの少ない解決策を策定し起案できる能力を有する。

?特性

物事を論理的に解釈し、相手を説得することに長けている。

【業務遂行能力の習得方法】

一番確実な方法は、Harvard Business SchoolのDoctorをとることですが、MBA問題解決にかかわる手法を解説している書籍が出ているので、図書館で借りて読み自分のレベルにあっていると思われる書籍を購入し、実際に課題に直面した時に書籍に記載されている解決方法や事例を参考に自分で解決策を策定することを繰り返していくうちに、解決方法の構築策が身につきます。良い上司に恵まれるという外部環境も大きく影響します。


5 ● willingness
●14ポイント

【1 仕事ができる人とできない人の違い】

能力: フットワークが軽く、すぐにタスクにとりかかることができる

性格: 早い段階で、上司や同僚に気軽に相談をする

抱え込んで1人で悩みすぎない


【2 どうすれば性格・能力を身に付けることができるか】

完全な計画をたててから始めるのではなく、とにかくアクションを起こして、計画を洗練していく

切羽詰っていない、プレッシャーの無い時に、仕事にとりかかる「仕組み」を作る

締め切りが迫ったときには、根性で仕事を終わらせる。絶対に締め切りを守る

ベストな方法を探すのではなく、ベストな結果を求める


○仕組み作り

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

  • 作者: デビッド・アレン
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


○根性

覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

覚悟のすすめ (角川oneテーマ21 A 87)

  • 作者: 金本 知憲
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • メディア: 新書


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ