人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株式会社設立時の相談です。

現在個人通訳ですが売り上げというより社会的信用等の理由により
設立にいたりました。そこでどこで手続きするか悩んでいます。


行政書士も司法書士も取り扱っているようですが
双方で違いがあるのでしょうか。

近所で設立をお願いする場合と
ネットで設立代行会社を使う場合で
メリットデメリット等ありますでしょうか。

どこで設立手続きをするのが最適でしょうか。

●質問者: riricks
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:ネット メリットデメリット 会社 司法書士 株式会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● yazuya
●18ポイント

>近所で設立をお願いする場合と

メリット


デメリット



>ネットで設立代行会社を使う場合で

メリット


デメリット


なお、司法書士は登記まで代理できますが、行政書士は書類作成までしかできないので、自分で法務局に書類を持参しなければならなかったり、行政書士が提携している司法書士と連携して登記することになります。

その分、行政書士のほうが安い場合も多いです。


2 ● take58
●17ポイント

ネットで設立ですと いざ緊急時の相談に電話かメールとかになるので

タイムログが生じます。

メリットは多くの代行会社があるのでより好みができる点です。


3 ● らもた
●17ポイント

ネットで料金提示をしている近所のところを探して比較検討しリアルで頼むのがよいと思います。

行政書士受かりたてのやる気があって経験が欲しいような人だとお互いハッピーになるケースもあります。

得てして書類の不備は設立までのどこかのタイミングで起きるものと個人的には思いますので。

そういうとき頼んだ士のフットワークの軽さは貴重です。

弊社のときは、サービスの枠を超えて頑張ってくれたりしました。


書類の不備による受け渡しの無駄な往復さえしない自信があれば、

あくまで設立がゴールですので最初から最後までバーチャルの付き合い、

というのもひとつの考えだと思います。


4 ● hanako393
●17ポイント

・料金の傾向

安い ネット<行政書士<司法書士 高い

今後、手続き関係をすべて自力でするなら、ネットでしょう。

もしそうでなく相談相手が必要なら、地元で相談できそうな行政書士か司法書士を

選ぶのがよいでしょう。

行政書士の方が仕事がないので、行政書士の方が親切かもしれません。

あと、士稼業同士のつながりがある人を選ぶべきです。

社労士、税理士とか何かあったときに紹介してもらえると心強いです。

今、税理士に付き合いがあるのでしたら税理士経由で紹介してもらうなり

仲介するなりして会社設立してもらうのがよいでしょう。

税理士は抑えておいたほうが何かと便利です。


5 ● ラフティング
●17ポイント

ネットで頼むくらいならば、自分で書類を揃えて法務局で手続きを行ったほうがいいのでは?

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/2211.pdf


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ