人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東京湾に船/ゴミ以外で沈んでいるモノを調べています。上記以外のモノでいうと、どんなモノが沈んでいるのでしょうか…?

●質問者: tooh22
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:ゴミ 東京湾
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● chipmunk1984
●25ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%B...

飛行機やその部品も結構沈んでいそうです.

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます!!


2 ● suppadv
●25ポイント

海底遺跡があるそうです。

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2108801

第5章 日本各地の海底遺跡

伊良部島海底遺跡/粟国島海底遺跡/慶良間海底遺跡/北谷沖海底遺跡/宜名真海底鍾乳洞内遺跡/喜界島海底遺跡/五島列島海底遺跡/沖ノ島海底遺跡/葛籠尾崎湖底遺跡/先苅遺跡/東京湾海底遺跡/津軽海峡海底遺跡/小川原湖底遺跡

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます!!


3 ● にゃんこそば
●25ポイント

昭和10年代に日本の核物理学の研究者たちはサイクロトロン(電気を帯びた超極微小粒子の動くスピードを上げる装置・加速器)を作り上げました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%86%E5%8C%96%E5%AD%A6%E7%A0%9...

# 1937 年に仁科芳雄研究室が日本で最初のサイクロトロンを完成させた。1943年に大型サイクロトロンを完成させた。


このサイクロトロンは昭和20年に解体されて海などに沈められています。

http://www.symlab.sys.i.kyoto-u.ac.jp/renkei/sci_wri/document/na...

日本の核物理学研究は、戦争が終わってからも、自由にできたわけではなかった。GHQは、日本国内で原爆製造ができないよう、監視の目を光らせていた。荒勝研究室では、サイクロトロンのメイン部分である電磁石(マグネット)を完成させていたが、1945年11月24日、日本を占領していたGHQによって撤去されてしまったのだ。理研、阪大のサイクロトロンも同様の運命を辿った。理研サイクロトロンは東京湾へ、阪大サイクロトロンは大阪湾へ、京大サイクロトロンは琵琶湖へ、それぞれ解体され沈められたのである。サイクロトロンの破壊は、核物理学研究の埋葬に等しいものであった。

東京湾の海底にも今も残骸が沈んでいる事でしょう。

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます!!


4 ● gon0604
●25ポイント

江戸時代から埋め立ては行われていたので、もしかしたら歴史資料が埋立地から

流れ出して埋まってるかもしれませんね。

http://www.jiban.co.jp/jibankaisetu/tokyo/koto/P13_koto.htm

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます!!


5 ● idaten1go
●0ポイント

冗談でなく、コンクリートで巻かれた〇体が沈められている可能性大ですね。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/1/tokyosuijo/

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ