人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本全国ある地域だけに起こる珍自然現象を教えてください。


●質問者: zoff21
●カテゴリ:旅行・地域情報 科学・統計資料
✍キーワード:地域 自然現象
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● nepia11
●17ポイント

北海道では、雪が降り始める直前に、「雪虫」が空を舞います。

一見、幻想的な風景ですが、実は歩いているとき口に入ったりして結構大変です。

http://pucchi.net/hokkaido/snow/life01.php

http://xpro.blog23.fc2.com/blog-entry-309.html


2 ● なぜなに
●17ポイント

「琵琶湖の淡水赤潮」

本来は海で発生すると思われていた赤潮が、

日本最大の湖の淡水の琵琶湖でも出現するようになったそうです。

環境汚染が原因と言われており、最近では毎年出現するそうです。:

http://www.biwa.ne.jp/kita-jhs/kankyo/environ/env_006.htm


3 ● HAL0308
●16ポイント

栃木県北部で人気のちたけうどん/そばに使われている

乳茸ですが、他の地域でも生息しているそうですが、

なぜか、栃木県北部のものと味が違います。

他の地域のものはおいしくない。。。。

だから他の地域では、誰も食べないそうです。

すっごくおいしいのに、何ででしょうね?

不思議です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%BF%E3%82%B...


4 ● gryphon
●16ポイント

長野県諏訪湖の 「御神渡り」。見えない神様が歩いてきたように確かに見えます。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E6%B9%96

冬、諏訪湖は氷結する。氷は、膨張した後に気温が下がると収縮する為、気温が下がる夜中に氷が収縮、亀裂が入る。その亀裂の隙間に水が入り、薄い氷ができる。日中、気温が上がると氷は膨張する為、両側から圧力がかかって薄い氷が割れ、せりあがる。これが繰り返され、御神渡り(おみわたり)になる。

正確には諏訪大社上社から下社の方向へ向かうものを御神渡という。一説によれば、上社の男神の「建御名方命」(たけみなかたのみこと)が、下社の女神である「八坂刀売命」(やさかとめのみこと)に会いに行った足跡ともミシャグチ神が通った跡とも言われており、神が諏訪湖へ降り立ったといわれる諏訪市側を下座(くだりまし)、下諏訪町側の、神が岸へ上がったとされる部分を「上座」(あがりまし)という。

* 御神渡りが観測されると、諏訪市の縣社八剱神社(やつるぎじんじゃ)の神主により、神事が執り行われる。御神渡りが観測されてからは、大総代等の役員は・・・・・・・・


5 ● ぽこたん
●16ポイント

東北地方のやませ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%9B

青森県の太平洋側(南部地方など)から三陸海岸の影響範囲も畑作や牧畜が中心で、北海道と同様にやませの影響は折込済みである。また、関東地方の太平洋岸の影響範囲も畑作・牧畜中心であり、且つ、やませが到達する回数自体が少ないので、「冷害」とはなり辛い。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ