人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世界中にあるちょっと不気味なスポットを教えてください。

不気味といっても「この○○トンネルが心霊スポット」とか「この家には霊がよくでる」
のような実態がはっきりしないものではなく、
以下のような

http://karapaia.livedoor.biz/archives/51542028.html

見た目がいかにもおどろおどろしく、そしてそこにまつわるストーリーが知りたいです。
そのような場所が載っているサイト、または写真つきの書籍があれば教えてください。

よろしくお願い致します!

●質問者: michi-i
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:いもの サイト ストーリー スポット トンネル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● ko8820
●18ポイント

巨人の骸骨が発掘される

http://shinreisyashinkann.blog101.fc2.com/blog-entry-251.html

◎質問者からの返答

求めているものとちょっと趣旨が違いました・・・

ありがとうございます。


2 ● itsumonogetsuyoubi
●17ポイント

http://www41.tok2.com/home/kanihei5/index.html

珍寺大道場

http://www41.tok2.com/home/kanihei5/chindera-kaigaihen.html

珍寺大道場海外編

数多くの変わった寺が紹介されています。

ゾッっとする寺も中にはあります。


http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_6_e.html

イタリアのパレルモのカプチン会修道院の地下納骨堂(閲覧注意・ミイラ写真あり)

数年前、USO(だったかな?)の番組で放送されていたのを見たことあります。

◎質問者からの返答

地下納骨堂に興味がわきました。

ありがとうございます。


3 ● IwstsI
●17ポイント ベストアンサー

ヨーロッパ・ホラー紀行ガイド

ヨーロッパ・ホラー紀行ガイド

  • 作者: 荒俣 宏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 単行本

こちらの本がまさにそのようなコンセプトですね。

ガイドブックなので各スポットの詳細についてゾクッと来るような解説が付いています

歴史的経緯とその場や建築物についての伝承など、結構詳しくわかります

◎質問者からの返答

面白そうな本ですね?。

しかも作者があの荒俣さんですし!

ありがとうございます。


4 ● lajollashore
●17ポイント

ワット・パーラックロイ(タイ)

http://africa.travel.coocan.jp/parlackloi.html

1991年に何もなかった田舎町ノーンタイのさらに郊外に現在の住職が住みつき、コンクリートを使いコツコツと築き上げた寺院。その全貌は昆虫、動物、恐竜、天国、地獄…さらに仏像が電気仕掛けで回転し賽銭を回収するマシーン、美女がなる木などその想像力は僕らの想像をはるか超える。まさに世界中の珍寺の中でも横綱的存在だろう!!!しかも現地では本当の寺として機能し、周辺の人々は本気でお参りに来ているのである…。

http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/1792/

http://dj-nakahara.seesaa.net/article/120150683.html

なんか妙に色彩が鮮やかなのが嫌です。。

◎質問者からの返答

面白いですが観光地化されているので「おどろおどろしさ」には欠けるような・・・

ありがとうございます。


5 ● Hyperion64
●17ポイント

タイのシリラート死体博物館(グロ注意)はちょっと度をこしてるかもしれないです。

http://blogs.yahoo.co.jp/tink40450/44319312.html

もう少し軽めのは都築響一先生のこれに幾つかあります。文庫版があります。

珍世界紀行 ヨーロッパ編―ROADSIDE EUROPE (ちくま文庫)

珍世界紀行 ヨーロッパ編―ROADSIDE EUROPE (ちくま文庫)

  • 作者: 都築 響一
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

例えば、ローマの奇形博物館などですね。

http://o-navi.net/2008/02/post_116.html

上記の関連でいうとこんな本が有名です。

陳列棚のフリークス

陳列棚のフリークス

  • 作者: ヤン ボンデソン
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • メディア: 単行本

◎質問者からの返答

死体博物館も奇形博物館も、怖くて動画は再生できませんでした・・・

書籍情報ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ