人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ビタミンの体内での具体的な働きについて教えてください。例えば、B1(糖質代謝)、B2(脂質代謝)、B3、B6(たんぱくしつ代謝)となっていますがもっと具体的にB1は体内に入ると○○酵素の補酵素になって○○に作用するみたいに素人にでもわかるように教えてはもらえませんか。

●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:ビタミン 代謝 作用 糖質 素人
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぜなに

ビタミンB群はすべて構造は異なりますが、すべて補酵素として生理活性機能を持っています。

これら各ビタミンB群の補酵素としての働きが、具体的な物質名や化学式付きで詳細に載っています。:

http://www.chem-station.com/yukitopics/vitamine.htm


上のページは具体的な物質名や化学構造式まで載っていますが、少し専門的なので、

もう少し日常的に分かりやすく言うと、下記のような感じです。:


ビタミンB1:炭水化物(ごはんやパン)や砂糖などの糖質の分解を助け、エネルギーを産出する補酵素の役目をします。(糖質代謝)

http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_19.htm


ビタミンB2:リボフラビンとも呼ばれるビタミンB2は、脂質を中心にタンパク質、糖質などを分解し、エネルギーに変換します。(脂質代謝)

http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_20.htm


ビタミンB3:ナイアシンとも呼ばれるビタミンB3は、体内にある様々な酵素の補助的な役割を担います。糖質、脂質、そして、たんぱく質から、細胞でエネルギーを産生する際に働く酵素を補助する不可欠な働きをします。(糖質・脂質・たんぱく質代謝)

http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_21.htm


ビタミンB6:食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。このため、たんぱく質を多くとる人ほどたくさん必要になります。(たんぱく質代謝)

http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_22.htm


2 ● rsc

こちらは参考になるでしょうか。

●ビタミン別の作用・必要量・食品 | ビタミン情報 | 口内炎・肌荒れ ...

http://www.chocola.com/vitamin/type/index.html

●ビタミンの生理作用

http://www.gak.co.jp/vitaminh/cap6.html

●ビタミンの働きと作用

http://kusuri-jouhou.com/supplement/vitamin.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ